FC2ブログ

aako01jpの株式で一発逆転  ~個別ファンダ中心~

元英系バイサイドアナリストのコネも裏もつてもない、しんぷるアイデア投資Blogです。

2020 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 04

カテゴリ:投資アイデア の記事リスト(エントリー順)

このエントリーをはてなブックマークに追加

大幅な増収が続く3810サイバーステップは相変わらず気になる

kage

2019/03/27 (Wed)

2017年に大ブレークを果たした3810サイバーステップを
相変わらず追ってるaako01jpです。


同株ではトレバによる四半期利益黒字を達成した2016年末から追っています。

2017年に一時20倍近いパフォを叩き出した事もあったけど、
最終的にはあやうく退場しかけた銘柄でもあり、
本当思い出深い銘柄です。


それは置いておいて、
先日ツイートもしましたが、ラジオ聞きましたか?
佐藤社長の語る今後の展開が面白かったのでちょっとまとめておきます。


[概要]
1. 結構主婦層もプレイしている。景品が届く、家で人目を気にせず出来る、
欲しい景品がいつでもある、置けば置くほど売上増える
2. クレーンゲーム市場自体が継続的に伸びている
3. 30~40社ある中でトレバは80~90%のシェアがある
4.
5Gは追い風
5. 1200台で売上高100億円なら12000台にして1000億円台のIT大手の規模狙う
6. 2020年5月期に3000~3600台まで増やす見通し〔2018年11月1200台→2019年5月1800台〕


と、これだけ見ると非常に魅力的!!
ラジオが聞けますよ



先日もう一つのブログでも書きましたが、
トレバは2019年中に世界最大市場である中国へも進出予定となっています。

トレバの快進撃が依然続く3810サイバーステップには見直し余地あり



正直、ここ二年で発表したゲームはゲットアンプド含めてどれもこけました。


しかし、多くの競合が出て競争激化を懸念されたトレバの勢いは止まりませんでした。


15億円程度しかなかった同社の売上高は、
トレバの成長でたった3年の間に100億円を超えるレベルまで急成長しました。


M&Aもなく、
これ程までに大きな変化が起きた企業は上場企業ではありません。


潜在株式数が増えるような資金調達の乱発も気になっていましたが、
多少歯止めも効いてきた事を思うと、
いいタイミングかもしれません。


<<過去の話>>
忘れもしないのは全力でポジションをとって迎えた2017年5月期決算。
その後訪れるだろう大惨事を容易に想像できたあの見通しが発表された週末、
白川郷の宿でひぐらしを読みながら過ごしました。
あの虚無感と恐怖は一生忘れらせません。
※実際2連続S安直撃
当時は2つの材料がありました。
一つはオンラインクレーンゲーム市場の勃興・急成長を背景にトレバが急伸していたこと。
二つ目は韓国・中国で3000万人が遊んだゲットアンプドというオンライン格闘ゲームのリリースが控えていたこと。
この実績と思惑というツインハリケーンで相場を鉄火場と化しました
あれから2年。
思ったより利益が出ない、雑な資金調達、ゲームの失敗など様々な要因で
株価も8000円から1000円へと逆戻りしました。
ぽちっと押してくれると幸いです

3960バリューデザインは大化けできるか見ごたえある展開②

kage

2018/12/05 (Wed)

前回続きですというか書き忘れ(笑)



3960バリューデザインの前期末の決算説明会でのコメントとして

2021年6月期に売上高30億円、営業利益4~5億円を目指すということです!
※2018年6月期実績 売上高20.5億円、営業利益0.8億円
※2019年6月期は売上高21億円、営業赤字2億円
※2020年6月期は売上高23-24億円、営業黒字転換(2018年6月期並)

2018年6月期説明会質疑応答



中期計画はチャレンジングにも見えますが、
現状、それに見合った増収が続いており、
今後1~2年というスパンで大きく見直される可能性があってもよさそうです。
※少し古いけど、下記は上場時のマーケット見通し(会社の伸び率はマーケットを上回る☆)
上場時の説明資料


仮に計画通りの収益が埋めれば
時価総額100~200億円までのアップサイドは十分に考えられるかななんて感じています。
現在の株価に表すと6000~12000円程度でしょうか。


それを思えば「化ける」可能性を結構秘めた小型株かなと認識しています。


今期はその土台を作るべく、種まきの時期となりますが、
月次見てても楽しいくらい伸びていますし、りそなの件や海外案件など
面白げな材料を内包しているので動向を注視しています♪



■バリューデザイン1Qサマリー

売上高4.8億円(前年同期比17%増)
営業利益0(前年同期は0.3億円の赤字)

黒字化の要因は
着実にストック基盤を強化しているシステム利用料3.1億円(前年同期比+22%)と
約0.6億円増加したことです。

黒字化と見た目もいい決算ですが、
2~4Qにかけて投資本格的にスタートするので
今後見た目は悪くなってくるはずです。


それは良いとして気になったのが
7月に子会社したインド部門は既存顧客へのキャンペーンなどを実施し、
9月取扱高は(1.7倍と)急増しており、早期の黒字化見込める。
海外拠点はここが一番早く黒字化できそう!

とコメントしていることです。

買収した子会社の2017年2月の売上高実績は現状0.26億円程度と非常に小さいものですが、
大きなマーケットでの展開ですので今後も注目してみる価値がありそうですね!
/contents.xj-storage.jp/xcontents/AS80583/67c788dc/4ac0/4f0f/b03c/20fbf3d085cc/140120180705477434.pdf" target="_blank" title="ValuAccess Service子会社化に関するリリース">ValuAccess Service子会社化に関するリリース


国内に関しても人材が順調にそろってきているということで
着実に歩を進めている印象です。

りそな案件は展開次第ですが、
取扱高増を期待できるトピックなのでこちらも気になりますね!


ぽちっといいねボタン押してくれるとちょっとやる気がでます☆
お願いします!

3627ネオスはポケトーク製造受託で業績も株価も大化け期待有

kage

2018/09/30 (Sun)

先日から呟いているけれど、
ソースネクストのポケトークW(2018年9月発売)に大きな期待をしています!





74か国語対応のリアル「翻訳こんにゃく」は
連日ソースネクストから提携の話がぽんぽんと出ていますし、
10月10日からは米での発売も始まります。


正直、
日本語と米英語しか試していないけど、
語学のハードルをかなり下げるツールになってくれると確信しています。



ついてはポケトークWの製造受託が始めた3627ネオス株は業績においても
株価についても化けそうと思い、
ざっくりとブログを書いたので良ければどうぞ。


3627ネオスはポケトーク製造受託で業績も株価も大化け期待有


アップサイドは個人的な予想で1500円程度あるだろうし、
リスクは純粋に、
ソースネクストが受託先を変更することでしょうか。

超先行投資をしていた6736サン電子はいよい収穫期よ

kage

2017/07/11 (Tue)

‪3788GMOクラウドと同じく、
IOT社会に向けて超先行投資していた企業の一つが
6736サン電子です。

遊戯機器事業の縮小にセレブライト・AR事業への先行投資で20億円あった経常利益が直近赤字に転落していました。

実際2015年3月期に380名強だったモバイルデータソリューション事業の従業員数を3割増の526名まで増やしました。

経常利益20億円規模の企業だと、
利益が丸々吹っ飛ぶ程の増員規模です。
で、実際利益はゼロになりましたね!



前に相模ゴム工業のメモも書きましたが、
ここまで積極的に投資をしている企業は
そうそうありませんよね。


目立ちませんが、
超先行投資していた人員の戦力化に加え、
先行投資がいよいよ終わることで
マーケット成長の続くモバイルフォレンジック市場の成長を丸々取り込める局面を迎えています。




‪今や売上高の半数近くを占めるメインのモバイルフォレンジックは世界で頻発するテロなどからくる世情不安から
増収傾向は続くでしょうし、
一気に利益が出てくる可能性があります。

会社計画の営業利益見通しは
上期12億円の赤字
下期14億円の黒字

と極端ですが、だからこそ面白いですよね。


本当にAce Realが売れるのかは未知数ですが、

コストが減ること、
フォレンジックとBac softが伸長する

点はかなり確度が高そうですので、
トレンドとしては下期以降かなり利益が出るようになるはずです。

仮に売上高が伸びなかったとしても
株価はPBRは一倍程度で下値はたかが知れています。

もし、下期に会社計画通りの利益が出れば
2019年3月期は営業利益30億円という水準も
期待出来るようになります。

期待EPSが80円、
しかも伸びる事業が最先端事業(AR、フォレンジック)
となればアップサイドは前回高値の2000円を超える
可能性も十分に考えられます。

ダウンサイドも小さく、
かなり楽しみな銘柄です♪






なお、不確定要素ではありますがサン電子のAR事業を推進しているインフィニティARにはかのアリババが大株主として登場するなど、中国での強力な事業推進も期待できる素養があります。
同社にはサン電子も大株主として26%投資しているほか、
安川電機との共同開発を行うなど、
現段階ではかなり期待して良さそうです。

IOTマネジメントはBac soft、
ARはinfinity ARと
セレブライトで成功した眼力を思えば
期待せずにはいられない事業を抱えているのは
魅力的と言わざるを得ないですよね!


他の企業もARへの投資をしていますが、
グローバル規模で化ける可能性を秘めているのが
最大の特徴ですよね。

セレブライト以来の興奮は間近に迫っており、
個人的には非常に注目しています。



「広告減だけど増収で利益が一気に出る企業」→4925ハーバー研究所

kage

2017/01/23 (Mon)

アパホテルの毅然とした対応、
気持ちいいですね。

韓国の慰安婦像問題といい、

中国の尖閣諸島の問題といい、
協調を重んじる日本政府の対応に業を煮やすことが過去数年多かったことを思えば、
今回のように堂々と毅然と意見を述べる姿勢は
とても心地よく
自分としてもしっかりと見習いたいと思いました。

アパ会長著作に南京問題以外にもどんなことが書かれているのか
俄然興味も湧いてきまaako01jpです。


で、前回の振りの通り

【広告減だけど増収で利益が一気に出る企業】

について書きました。
大分まったりしたアイデアだけど相模ゴム以来の投資アイデアです。
暇つぶしなれば幸いです


4925ハーバー研究所の利益はぽーんと急増する予兆有、株価も化ける?