FC2ブログ

aako01jpの株式で一発逆転  ~個別ファンダ中心~

元英系バイサイドアナリストのコネも裏もつてもない、しんぷるアイデア投資Blogです。

2019 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 06
このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシュレス化を進めるメリットと給与のプリペイド払い

kage

2019/05/27 (Mon)

キャッシュレスを進めるメリットをざっくり。


■キャッシュレス進めるメリット
電子決済の普及で2兆円のコスト削減効果がある

現金を取り扱うのはスウェーデンでは1.3%だけ。
お店側は
①現金を数えるのが大変
②現金輸送コストもばかにならない

銀行
現金の取扱いを減らす

店舗の小型化が可能

ATMもいらない

結果として日本の銀行業界全体で1兆円以上のコスト削減が可能


貸借の簡素化
支払のデータ化

融資データとして利用され一瞬で融資判定可能

店舗削減

などです。


今、急速に国もキャッシュレス化を進めようとしています。
その中にあってメタップスのpringなども非常に注目されていますが、
地味に面白そうなのが前回ブログに書いた3960バリューデザインです。


■ 3960バリューデザインは大化けできるか見ごたえある展開

説明逆でしたね(笑)


【2019年6月期3Q時点】
2019年5月24日時点 
時価総額30億円(株価2083円)

今期は3年分の費用を前倒しと、超投資期間との事でしたが、
人員採用が少し遅れているみたいで費用減がありました。
通期では当初2億円弱の営業赤字を見込んでいましたが、
1.1億円の赤字まで縮小(前期は0.79億円の黒字)するようです。

そんな些細な事はどうでも良いとして、
一番重要なシステム利用料は前年同期比16.9%増の9.7億円と想定よりも好調でした。

システム利用額は全体で39%増の3202億円、内ハウスは49%増の2645億円といい感じでした。
4Q以降はコーナンペイ、りそなウォレットアプリなどの貢献もあるので
利用額の増加傾向は今後も期待ができそうです!

その上で、決算説明会の動画で気になったのが
「従業員の給与支払いをプリペイドで行うという領域でブランドプリペイドがブレイクする」

というコメントです。

業績は好調かつ、起爆剤を複数内包している状態ということで
今後に非常に期待しています♪





2016年夏から2017年7月14日頃の思い出

kage

2019/05/26 (Sun)

【2016年夏~2017年6月頃のネタ】
 
3810サイバーステップが大当たりし、
一時前年比-50%だったパフォも6月中旬まで昨年末比10倍まで盛り返し、
久々の資産4桁超えです(泣)
 
お蔭様でようやく…ようやく借金除いた投資資産が約1年半ぶりにプラス転換しました(泣)
 
 
 
■2016年夏~末
原油、先物投資が諦められず、住宅ローン組んでから嫁に内緒で
銀行系、消費者系2社を同時期に申し込んで、
借入も全力レバレッジで本当に全身全霊をかけました。
 
 
友達がラリーウィリアムズのレバレッジ理論を教えてくれて、
ようやく原油先物は諦められ、
ほぼポジが消えた株に軸足を移しました。
 
 
支えの株はポケモンゴー人気の任天堂で復活の兆しを掴むも、
300万円近い高値で全力追加投資して死にかけ、
「大化け間近の5194相模ゴム工業が間髪入れずに超大型投資を決断」
でも書いた相模ゴムで盛り返すも、
安易に手を出したHMTで死ぬなど(このチャートで良く負けた((笑))、
欲に目がくらんだ投資が正直うまくいきませんでした。
 
 
 
■2016年12月中頃
もう、本当にラストチャンスで掴んだサイバーステップで一息返しました。
Boxさんというやたらサイバーステップに詳しい方が株主総会のメモをアップしてくれていてそれに見つけられたのが要因です。
 
上述の頃、借入余力も底をつき、
信用取引すら出来なくなるような危機で本当に生きた心地がしませんでしたが、
1月に四半期黒字が確認できてそこから半年は最高に楽しい時間を過ごせました。
 
 
あぁ諦めずいて良かった。
お陰で二年ぶりにまともな旅行に行けます。
 
 
前回は開業したばかりの北陸新幹線に乗って、
加賀屋本館の最上層階で贅沢して、
両親を招いて上高地の帝国ホテルで贅沢しました。
 
 
今回は近場ですが7/15~17日。
郡上八幡→白川郷で楽しんできます☆
 
やっほーーー
 
 
 
■後7/14
実は旅行に行く直前にサイバーステップが2017年5月期の決算を発表しました。
 
その内容は驚愕で、
売上30億円(前期比76%増)、営業利益3.7億円(前期は2.8億円の赤字)
という実績は誰もがこの企業の大変身に期待を寄せていました。
 
ただ、そのガイダンスは
売上38億円(22%増)、営業利益1億円(前期比76%減)
と絶望的な内容でした。
 
結局株価は暴落し、私の試算も2週間で1/3以下になりました。
2016年末よりましですが純資産はマイナス。
また、戦いが…