aako01jpの株式で一発逆転  ~個別ファンダ中心~

元英系バイサイドアナリストのコネも裏もつてもない、しんぷるアイデア投資Blogです。

2017 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 03
このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょっとお得なエコでリサイクルが身近な所に

kage

2016/11/28 (Mon)

2627日はブラックフライデー!

丁度キーケース兼お財布がボロボロになってきたので、

新しいお財布を買いに街へ。

 

 

三井アウトレット、レトロ・民族家具が豊富?な愛品館、

ゲオのセカンドハウス、リサイクルショップなんか巡っていてびっくりしたのが、

 

ドンキホーテのブランドコーナーに中古有!

ヤマダ電機行ったらアウトレット・中古コーナー有!

 

 

車の正規ディーラーの認定中古車も大分見慣れてきたけど、

大手小売り業も試験的なのか、

中古を取り扱ってきたのに少しびっくり。

 

 

というか、

メルカリがアプリで大成功しているように世の中は

「エコでリサイクル」で「少しお得」

って方向に確実に舵が切られてますね。

 

大手が参入したことで

中古品にもかなり品質が担保された物も選べるようになるだろうし、

リサイクル品を使用する敷居もこれからまた一段と低くなりそうですね。

 

 

ざっくり思いつく所だけだけど、

中古市場で最も大きい?7599IDOM※旧ガリバー()で年商2000億円、

中古本トップの3313ブックオフ900億円、

ブランド品トップの2780コメ兵400億円、

2681ゲオリユース部門800億円、

2674ハードオフ200億円

って思えばまだまだ市場は小粒だし、

 

中古品を利用する文化がいよいよ根付けば

既存店舗を広く展開している企業には先行者メリットを享受できそう。

 

 

地味に服飾雑貨のリサイクルでトップシェアのセカンドハウスを持つ

2681ゲオは上期実績の売上高の14%、粗利益の23%を

服飾雑貨・家電・ブランドといったリサイクルから稼いでおり、

これまた伸びているので結構面白いかも。

 

なんて言ったら100%リサイクル業の

2674ハードオフとか3093トレジャーファクトリーなんかは

面白いかも。

 

いずれも営業利益率が10%近いので見た目もいいしね。

数字だけ見ていたら既にオペレーションは確立されていて

あとはもう人を育てて出店して回すだけってイメージわいてくる。

 

 

3545ディファクトスタンダードも気になるけど、

ネットで買い取りって面倒くさい気がしますし(伸びてるけど)

利益も広告費次第って感じだし、有望なんだろうけど、

なんかピンときませんでした。

 

と、

結論付けずにじっくり調べると意外と面白い業界に見えます。

取扱い業態ごとの粗利益率なんか深みがありそう

「大化け間近の5194相模ゴム工業が間髪入れずに超大型投資を英断」というメモを書きました

kage

2016/10/28 (Fri)

新しい家に住みついて早2か月。
ここんとこずっと休日はいつも庭イジリというか、
駐車場と庭づくりに腐心しています。

こないだやっと工事見積もり40万円だった部分が終わりました。

ざっくりと鍬で整地して(キツイ)、防草シートとバラスを敷いて、
30kg超の土止めを20枚程度設置して整備して(買うのと並べるのがツライ)、
目路にセメント、もしくは固まる砂(さぼり策)を入れてほぼ完了しました♪

当然素人仕事だから見た目はいまいちですが、
人件費を除けば材料費6万くらいで完了したし、

久しぶりに家計に貢献しました(笑)


それは置いといて超久しぶりにブログを書きました。
これで最後かも知れないのでよかったらどうぞ(笑)


大化け間近の5194相模ゴム工業が間髪入れずに超大型投資を英断

kage

2016/09/23 (Fri)

8月1日はリフォーム中の新居の掃除
窓を全部外してサンから縁からごしごしごしごし。
さすが何十年分のカスが貯まっているのかしつこいしつこい

それを毎日毎日、
おっちゃんがリフォームしている横でせっせせっせと一人で進めてきた妻。
話しだけ聞いていたけど、やってみると地味に辛い。

料理も裁縫も、
何でもそうなんだけど本当に私にはすぎた妻です。
感謝感謝、幸せにしてあげないと!


と、思いつつ空回りして早一年。
うーーん



今日は非常に期待している3788GMOクラウドの決算
ポイントは3つ。

2929ファーマフーズ忘議録~限界利益率がばか高い製品が絶好調で業績大化け間近~

kage

2016/08/19 (Fri)

[2015年10月頃に下書きした忘議録]

お蔵入りしていましたが、
そろそろ本決算&最近また面白い展開なのでアップします。


以下、本文↓


そう、
前回バンジージャンプして
色々悪い気を落としたつもりが、
翌日に風呂に携帯落として
まるまる一週間携帯使えなかったaako01jpです

他にも大事な禊払いが終わり、
これでパフォーマンスが良くなれば万々歳♪


そういえば
2929ファーマフーズを9月から入れているのは



2015年7月期決算見ていて
5.5億円増収で粗利益が4.7億円増えるという
変化があったからです。


気になって調べてみたら



通販で販売している

「自社開発品の健康商品が爆発的に増えている」

ことが分かったからです。


投資には少し早いと思ったけど、
社長の話しも面白いし、
まぁいっかって乗ってる感じです(笑)



「自社開発製品が爆発的に売れる」
という美味しい妄想は


8005スクロールの爆発的に売れた豆乳ヨーグルトパックでも
描きましたが、
メインの通販事業が不調すぎることや、
やはりインバウンド需要をメインにした購入客層のことを考え
一旦退散した経緯があります。



同じ系列のアイデアですが、
ワンヒット、
大化けという意味では
ファーマフーズのがより洗練されているかもしれません(笑)



同社は食品中の機能性成分を見出し
「医食同源」
の実践となるべく素材を研究開発企業です。


ファーマフーズという社名の由来も
医薬(ファーマシ)と食品(フード)
からきており、主に「免疫」、「代謝」、「神経」分野に注力しているようです。


有名なチョコ「GABA」成分の
他にもガンの抗体免疫やらインフルエンザに効くらしいバナファインなど
色々ありますが、


とにかく今気にすべきは
「タマゴサミン」です。


タマゴサミンの定期顧客数は


会員数は
2013年7月末 1000人
2014年7月末 7000人
2015年7月末 24000人
2015年10月頃 44000人


と爆発的に伸びています。


インテージ調べで
関節の健康マーケットは800億円強あるそうです。

競合は
グルコサミンでおなじみの世田谷自然食品は年商131億円(2015年実績)
※2012年頃は年商100億円



皇潤(タマゴサミン入り)で有名なエバーライフの年商は130億円(2014年12月期)
※2012年3月期は223億円、


膝関節に良く効くとなれば、
タマゴサミンで年商100億円以上というのも
あながち無理な話ではないでしょう。


ちなみに、
2929ファーマフーズの第一四半期決算の会社計画は

前年同期比84%増収計画ですが、
広告費を上期に重点的に行う影響で
3.2億円の営業赤字(前年同期は1.6億円の営業赤字)
としています。



抗体医薬など、密かに期待されていますが、
創薬事業はまだまだ5年、10年という時間を要する分野ですし、
おまけ程度という認識です。

まずは、追い風の吹いている
通販、そしてGABAなどの機能品の動向に注目してます。


◆下記は2016年7月に更新◆

2桁以上の増収を続けながら、
3Q(2-4月)の粗利益率は74%超えと前年同期比で11ポイント改善している。
2期前と比較すると18ポイントの改善となり、
先行投資(広告)が一巡するタイミングで業績は急回復する可能性がある。
足元では既に広告を一巡させ、四半期での営業黒字を達成している。



膝関節サプリはシニア中心にニーズも旺盛、増収が続く前提で
2017年7月期通期営業利益10億円以上(2016年7月期は0.6億円の赤字)
は十分可能な数字。

【2016年7月期全社(7月13日の修正数値使用)】
1Q:売上高6.4億円(前年同期比2倍) 営業赤字3.7億円
2Q:売上高10.4億円(   〃   2倍)    〃  0.6億円
3Q:売上高8.4億円( 〃 60%増) 営業利益 1億円
4Q(計画):売上高8.7億円(〃7%増)     〃 2.7億円


【通販事業の四半期ごと業績推移】
1Q:売上高4.2億円(前年同期比3.5倍) 営業赤字3.7億円
2Q:売上高6.1億円(   〃   3.7倍)    〃  1.2億円
3Q:売上高5.4億円(   〃   2.5倍) 営業利益0.7億円

7974任天堂について

kage

2016/07/20 (Wed)

7974任天堂は日本の株式市場が誕生して以来最高の盛り上がりを見せています。



当然、ポジティブにとらえる人もいれば、
否定的な人もいて
とにかく、最高にエキサイティングな状態だと感じてます。



私はポジティブ派で、
現在任天堂が80%をしめています。


理由をつければ買いにも売りにもなる状況だから、
今意見を伝えるのは非常リスキーなんだけと、私はとにかくカンカンの強気です。


理由は単純で、



世界で前例のない規模の人間を
新しい技術を用いて短期間で動員した


という事実を
非常に画期的な事だと捉えているからです。



今話題のLINEよりも、Facebookよりも
人を動員するという点において
任天堂のコンテンツは優れており、


周知の通り、
あらゆる場所にゾンビのように、
時間を問わずポケモンを探し回り、
普段は外に出ないような人さえも歩きまくる


という配信国の人達の生活さえも変えるほどの影響力を与えています。



その規模は、

世界で一番有名なクラッシュオブクランよりもプレイヤーが多くて、
いずれのメディアよりも滞在時間が長く、
配信国30カ国以上で課金額ナンバーワンをあっとう言う間にかっさいました


という事実からもその影響の大きさを推測できるでしょう。


この現象の与える影響はゲームマーケットのみならず、
広告市場、ひいては
使用個人の足跡、行動を把握できるのであれば、
マーケティング分野にも大きな影響を与える可能性が有ります。



この画期的なアプリはポケモン社、任天堂の協力を経て
開発、配信をNianticが行っています。

そのNiantic社の株式を任天堂は直接、間接保有分を含め

30%弱保有しているようです(不確定)。



市場類に見ない集客力を持つNianticは
ゲームから飛び出してもっと大きな広告、
マーケティングマーケットに参入しようとしており、
ただのゲームマーケットだけでなく、
広告、健康市場まで、
大きな影響力を持とうとしています。


その売上高規模は大した広告を打っていないにも関わらず、
現時点では5000億円、はたまた1兆円に達するとも言われていますし、
DL数、その普及の速さ、熱狂度合から
そんな規模に育ってもおかしくないと感じています。



この希望はARという、
現実と人の望みを繋げる新しい技術が生み出した
新しいマーケットです。


この新しいマーケットは既存の構造を壊す
革命となるはずです。



そして、そのマーケットを切り開くのは親しみやすいコンテンツです。


任天堂の持つマリオ、ゼルダ、カービィ、
他社にはなりますが、ディズニー、ムーミンなど、グローバルで活躍するコンテンツの価値は飛躍的に向上するでしょう。


みんな、心の底でこんなに上がっちゃって、
もうこれ以上は無理でしょ?
なんて思ってるかもしれないけど、
個人的には今からでも二倍にはなるとは思っています。


バリューで買えないというまっとうな理由もあると思うけど、
これだけ画期的なことを実現させたナインテックを30%以上持ち、かつ、
その保有コンテンツの圧倒的な知名度、集客力を改めて思い知らされた
任天堂にはもっと大きな評価がつくだろうと
強く感じています。


大設備増強がまもなく完了する5741UACJはそろそろ収穫期を迎えそう

kage

2016/07/14 (Thu)

ポケモンgo、
配信後一週間で2100万人が利用って強烈ですね!
大型コンテンツの価値を再認識するとともに、

ARマーケットへの広がりや、
新しいマーケティングの可能性といった
今までのゲームとは全く違う可能性を妄想させられてちょっとドキドキしています。

株価も最高値更新しちゃうかもですね!


素材で気になる企業として、
5741UACJや5727東邦チタニウムがそろそろ面白い段階を迎えようとしています。


共通点は
これから需要が急増する素材、
海外工場が立ち上がる、
世界トップクラスの供給者

という所でしょうか。


両金属とも10億トン近いマーケットを持つ鉄と比較すると、
アルミニウムは5000万トン、
スポンジチタンは20万トン程度とまだまだ小さく伸びしろのある金属です。


特にアルミ分野で世界3位の5741UACJを取り巻く環境は良好に見えます。


アジアの所得増に伴うアルミ缶需要増といった従来の用途に加え、

各国で強化される車の燃費規制をクリアするために
北米中心にアルミニウムを大量に採用する設計が増えている

ためです。


会社資料にありますが、
北米の自動車パネル用途の需要は現在の50万トン程度から
2020年には3倍の150万トンを見越すなど急速に立ち上がってくる印象です。


そういった背景を見越して2012年に計画した
UACJタイ工場〔20万トン体制〕は2015年中に立ち上がり、
従来の計画より大分早く第2期工場〔30万トン体制〕まで能力を増強することを発表しています。

2016年には米国で10万トンの工場が立ち上がる予定としており、設備能力は一気に立ち上がり、
かつこちらの件に関しても早くも第二期計画も立ち上がりそうな雰囲気です。


2016年3月期はアルミニウム価格の急落に伴う在庫評価損が100億円近く発生したことで下方修正していますが、
前期も販売量などを見る限り需要自体は良好に見えます。


前中期計画で実行したコスト削減策も効き、
多少のデコボコはあるとしても
中期計画で掲げている2018年3月期の経常利益350億円に向けて足取りは順調と感じています。


鉄やらアルミやらは資源価格次第で在庫評価損益が発生し、
業績が大きく変動しますが、基本的なファンダメンタルは上向きなので
次のクラッシュが来たときの購入候補の一つとなっています。

※PBR0.5倍ならヒストリルで下限に近い水準



なお、7月初旬に発表されたアルミ世界一のアルコアの2Q決算は良好で、
航空機と自動車用途の需要が下期以降伸長すること、
2017年以降の需要についてもポジティブな見通しを発表しており、
業界全体がいい方向に向っている印象です。

元不良の6747KIHDは鉄道部品で利益を上げる優等生(…になったはず)②

kage

2016/06/06 (Mon)

前回に続いて、
不良と言えば(個人的な印象)、
6747KIホールディングスの業績観測記事が5月26日に日経から出ていましたね。


個人的にこの3年間で、
付き合わなければ、
気づかなければよかった
銘柄ランキングの結構上のほうに来ている同銘柄ですが、
やっぱりというか相変わらず安く見えますね。


日経の報道の内容は、
「鉄道部材がメインの輸送機器事業の部門営業利益が2016年9月期は55億円(前期比12%増)に達し、
連結営業利益の9割を占める見通し」

という内容。


要因は新幹線網の整備が進む中国で、車両のモニターシステムや台車に搭載する
配電盤などの売上が伸びたためです。


これだけ見れば、
すごくいい材料ですよね。


理由は単純です。
「利益率が高く、公共性の高い鉄道関連からの利益寄与が急激に高まる」
からです。


しかも同社に関して言えば、
中国の鉄道部門からの利益寄与が2015年9月期は
50%を超えていたわけですから。

世界最大の鉄道網を整える中国の、
しかも世界最大の南車向けに部品を供給している訳だから
こんな株探しても他にないと思うんですけどね。


苦境期に会社の屋台骨を支えた
LEDを取り扱う電気機器事業は減益見通しと没落しますが、
ここはライバルの岩崎電気同様にコモディティ化が激しく元々評価されにくい事業です。


だから鉄道、
しかも成長事業の利益構成が9割まで高まり、
連結営業利益も前期比8%増の59億円となるということは、
本来であればそれは株価を押し上げる要因になってもいいはずなんですけどね。

比較に関しては過去のブログ参照↓
知られざる鉄道関連株の筆頭は…6747KIホールディングス?!際立つ存在感と割安感~~



ただ、上手くいかないのは、名前の問題でもなく
あまりに古臭い技術で発展性が乏しいということだろうし、


①会社の事業、利益水準が持続的なもの
②同じく中国からの利益(部門営業利益30億円以上)が持続的なもの


でないからなんだろうなとも思います。


もし、
これが説明できれば営業利益で50億円以上の企業が
時価総額130億円台(5月27日終値321円)
なんて水準にあるはずないですしね



そんな企業を数いるアナリストがスルーするとも思いませんし。



なんて、
自分に言い聞かせて買うのをなんとか堪えるのが最近の習慣になってきてます〔泣笑〕



継続疑義も見込み通り外れたけど、
この3年間で最も上手くいかなかった銘柄の一つですよこれは、ほんとに。
もし、詳しい人がいたらこっそり解説お願いしたいです(泣)

是非声をかけていただきたいです。

なんて、あぁなんと未練たらしや