aako01jpの株式で一発逆転  ~個別ファンダ中心~

元英系バイサイドアナリストのコネも裏もつてもない、しんぷるアイデア投資Blogです。

2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

カテゴリ:投資対象の探し方 の記事リスト(エントリー順)

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トップピックの探し方

kage

2013/04/13 (Sat)

4/3日頃に日経新聞の企業業績の欄に連載していた
「今どきの優良企業ROEを考える」
というコラムがありました。
短いコラムでしたが、とても大事な要素が詰まっていたと思います。


株式の入門書や株本でよくPBR1倍割れや、PER10倍以下は安い、
と書かれている記事をよく見ませんか?
でも、そのアイデアだけで勝てたら誰も苦労しませんよね。
実際、今みたいな上昇相場ですらPBR1倍割れなんて上場企業の半数が該当します。
(by yahoo finance)
2012年の夏なんてもっとひどい状況にあったのですから。


その中で、
どうやってトップピック銘柄を探すのか?


そのヒントとなるのがこの記事です。
そして、記事中にあったこのコメントが多くを語っていると思います。
「高PBR企業は総じてROEが高く、
低PBRで割安な評価の企業は明らかに平均ROEも低い」



このメモの結論を言えば、
上の関係が成り立っていない銘柄を探すのがトップピックの秘訣

だと感じています。


成り立っていない≒マーケットギャップが発生している
ということです。

アップサイドの算出は
理論PBR=ROE×PER
という式に当てはめるだけです。


私は、銘柄のリコメンドにおいて
ROEの水準が10%以上なのか?
ROEが継続して高くなるのか?
というポイントを抑えることが大事だと感じています。


だからこそ、
利益率が高く、投資効率の高い事業にどれだけ力を割いているか?


と、いうことをファンダメンタルで抑えることが大事なんだと感じています。
また、機関投資家やアナリストはその関係をよく理解しています。
アナリストのリコメンドもそういった銘柄の方がすんなりと通ることが多いと実感しています。


私が銘柄を選定するうえで下もとても重要な要素です。
投資対象の探し方


↓お役にたてたらぽちっと押してくれると嬉しいです。今はこのぽっちが楽しみです(笑)

四季報を使った銘柄の探し方&1月29日以降の投資戦略(為替要因で競争に負けていた海外売が多い銘柄&外国人投資家比率が高い企業を探そう)

kage

2013/01/29 (Tue)

28日に発表された7864パイロットの上方修正凄いですね。
第4四半期(10-12月)の利益がすごい。これは、消しゴムで消せるボールペンが好調なだけじゃないでしょう。
海外売上高比率が60%超えていることを考えれば、今の為替環境だと13年度の見通しはかなり期待していいのかななんて妄想が膨らみつつあります。
調べたことなかったけど、見直し余地大きいんですかね!?

なんて…、決算見ながら次はどういう銘柄を組み入れるか頭を悩ませているaako01jpです。
今日は土日に考えていたマーケットの流れや、スクリーニングを使った銘柄の探し方や出てきた有望候補のことを書きます。
Bloombergがない今、四季報CD-ROMのありがたさが身に沁みます。


結論としては、
①海外勢の買い継続に加えて、新たな買い手(個人)が出てきたことを勘案して、順張り作戦を継続
順張り作戦を前提に
②外国人株主比率が高く、
③海外売上高の比率が高い


銘柄を沖やマネックス以外にも組み入れていこうとしています。
ウォン安でぼろ負けしていた電機・鉄鋼当たりから何か入れたいと感じている所です。


以下はそれぞれ詳細です。


~1月の投資主体別売買動向を見ると個人が買い始めている~
投資主体別売買動向なんか見ていると、ようやく個人投資家が買い始めてきた感じを受けます。
これまでのマーケットの主役は海外勢の買いでした。
実際、2012年の10月以降海外投資家の買い越しが12月までに約2.2兆円だったのに対して、
同期間の個人は1.3兆円の売り越しでした。
その個人も1月4日~1月18日までの売り越しが500億円に縮小しているみたいです。
個人の心境としては信用で損が出ていた分が回復して、
ようやく新規投資を始めようかなという頃間だと思います。
信用評価損益率なんかは高値圏を示唆していますが、
個人という新しい買い手がいることを考えれば、
順張り作戦を継続したほうがいいかなと感じています。
当然、逆指値は厳しく入れますが。


~海外売が大きく、外国人株主が多く、為替要因で韓国に負けていた電機当たりが組み入れ候補の有力~
その組み入れ対象ですが、10%のウォン高、20%の円安となっている現況を考えると、韓国との競争に負けていた業種が一番見直されそうです
結果、
為替要因で国際競争に負けていた海外売上高の大きい企業かつ、外国人株主比率が高い、銘柄が有望だと感じています。

ここからは四季報CD-ROMの出番です。
条件は、海外売上高の比率60%以上(180社該当)、外国人株主比率20%以上(300社該当)という条件です。
二つを満たしているのが50社程度あり、そこから業績が悪かったものを抽出すると…
中国塗料、マキタ、マブチ、TDK、ソニー、村田、マキタ、キャノン、任天堂、車大手、ウシオ、東京エレク、なんかが出てきました。
なんか如何にもって感じの銘柄ですが、こういう時はここら辺は持っといたほうがいいのかなぁと迷っています。
なかでもソニーは凄いですね。

ユーロ安による業績回復期待、米本社、電池売却による格下げ回避、などを評価して、アナリストのレーティング、日経、ヴァリタスなどでもソニー株の動きが取り上げられるなど、一気に材料が動いている感じがします。

チャートもすごいことになっていて、29日に窓を空けて場が始まればチャートは、
三空踏み上げを形成する可能性がある状態です。
三空踏み上げってこんな大型株ではそうそうないですよね。
それだけ買い意欲が強いということの裏返しだとも感じているので注目しています。

投資対象の探し方

kage

2013/01/26 (Sat)

今回は私の投資対象になりやすい銘柄についてです。
私自身へのメモということで。


私が投資するときに一番重要視しているのは、
業績の変化率とテーマ
です。
今回は業績の変化率が高くなる可能性を秘めた企業の見つけ方の一つを書きます。


【投資対象となりやすい好きなパターン~統合によるコスト削減編】
KNTの時(9726KNTCTは来期最高益更新へ、継続性の前提の重要事象から外れる可能性も大いにある

にも触れましたが、
私は~~して更に売上高を伸ばすというパターンより、
経営統合でこれだけコストが下がるというパターンをより好むタイプです。


売上高がマーケット環境という不透明な物に振り回されるものに対して、
コストはそれよりかは計算しやすく確実性が高いからです。


特に統合するのが同業であれば購買力の上昇、システム、部署などの重複部門の解消、
などによる統合効果発現の確実性はよりイメージしやすく、実現度も高く感じます。
日本でもJFEの合併や日本電産の買収など数多くの事例がありますが、
一番印象に残っている好パターンは9204スカイマークです。


~一番印象に残るコスト削減は9204スカイマークの機材統一~
一番印象に残るコスト削減は、
スカイマークが機材統一したことで赤字企業から高収益企業に生まれ変わった件です。

確か、2009年の12月にスカイマークの現西久保社長が燃費の安いB737に機材統一することで、
リース返還に伴う返還整備引当金(現状回復費)が年間25億円超減ると話していました。


誰でも見ることが可能なBloombergの無料記事に載っていたこのコメント通り、
2009年3月期に20億円の最終赤字を出した、翌期に26億円の最終黒字転換を実現し、
文字通り株価も大化けしました。

2008年のこの記事まだありました


コストをどう下がるか経営者、現場の担当者は常々頭を絞っているものです。
もし、メディアを通して経営者が発言していたら注目してみることも一計でしょう。


ただ、投資は全て自己責任になります。
その内容がどれだけ信じれるか、
どれだけ実現性があるのかは自分の常識を使うしかありません。

より確率が高い見通しを選べるように私も日々精進しています。


ちなみに合併・統合によって今後コスト削減が期待できそうな企業として注目しているのは、
5401新日鉄、5741古河スカイ、6457グローリー、
6588東芝テック、7867タカラトミー、8698マネックス、

などです。
特にアルミ圧延で1,2位の古川スカイと住友軽金属の統合効果は150億円にものぼるようで
かなり期待しています。


他にも気になる企業はあるので、買収・統合をした企業はチェックしているという感じです。



↓何か一つでも共感できた方は押してくれると嬉しいです。
KNT(1月24日日記)の際はおかげさまで11回マリオジャンプできました。
心が満たされたおかげで体重は減りませんでしたが嬉しいです。

四季報2013年新春号チェックのち

kage

2012/12/27 (Thu)

四季報読みましたか?
私はざっくり目を通り終わりました。

取材という手段がなくなり、
今一番重要な情報源が四季報です。

「前号より四季報予想が増額している
ものと
「会社計画より四季報予想がかなり強気」
の二つは要チェックですよね。

多分取材で得た感覚が反映されていると思うのでとても大事です。



せっかくなので今回の四季報で注目した銘柄をいくつか書きます。


3038神戸物産…前号から37%の大幅営業増額
5943ノーリツ…最高益、上方修正期待(上期上振れて着地)、リンナイみたいにならないかなぁ
6065サクセスHD…第二のJPホールディングス
6279瑞光…生理用品の製造装置世界上位、上方修正発表
6444サンデン…コンビニ向け冷機好調、為替感応度大、構造改革効果で下期から業績急回復=来期大幅増益
6728アルバック…前期比大幅増益
6747KIホールディングス…継続疑義回避、訴訟減、営業外費用の安全対策費減による増益、
9726KNT(近畿日本ツーリスト)…経営統合で継続疑義解消が可能(株式交換によって自己資本比率が1.8%から14%弱になる)、上方修正期待(2Qに上方修正している)、統合によるコスト削減期待、シニア銘柄、懸念はのれん代が100億近く出る可能性があるということ。

円安効果大&趣味的銘柄…黒崎、新日鉄、日軽金、三井金属、金属チタン二社、古河電工
ほか、DVX、日本調剤、グリー、日本風力開発、イートアンド、兼松、ベスト電器、飯野海運など


という感じです。
ほんとはもっと多いのですけど全部書くのはちょっと大変なので。
とりあえず、四季報(四季報プロ含む)は今回瑞光をやたらとプッシュしていましたね。
実際、大幅上方修正したし、よっぽど手ごたえ良かったんですね。

うえのうち私は二つ(K銘柄)は既にポジションに組み込んでいます。
かなりリスクは高いですが、タイミング的にはとても面白いと踏んでいます。

年末以降は時間もあると思うので、徐々にダブル継続疑義銘柄のこととか書いていこうと思います。
ではでは~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。