aako01jpの株式で一発逆転  ~個別ファンダ中心~

元英系バイサイドアナリストのコネも裏もつてもない、しんぷるアイデア投資Blogです。

2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05
このエントリーをはてなブックマークに追加

割安感のある2730エディオンが買収される可能性とタイミング②

kage

2013/04/24 (Wed)

2730エディオンに投資をしている理由の続きです。
ずばり
「買収対象、割安、出遅れ」
が投資のポイントです。
前回メモ割安感のある2730エディオンが買収される可能性とタイミング①


どうして買収対象になりえるのか?
前回書いた通りですが、
買収対象としては規模も地域補完性もあり、
現状の株価はプレミアムを載せて買収しても逆のれんが発生するほどの評価しか得ていないからです。


下の図を見れば、評価が低いことがわかると思います。
パッと6銘柄ほど比較してみました結果が以下です(画像粗いですけど)
写真 (19)



この表をまとめたとき一番に感じたのは、
マーケットの評価の勝ち組と負け組の売上高÷時価総額の開きです。


傾向として、
勝ち組は売上高に対して時価総額が20%以上あり、
負け組は同じく5%程度に留まっています。



そしてその勝ち負けを分けるポイントが営業利益率の差です。
勝ち組が3%以上なのに対して、
負け組は若干の営業赤字を計上しています。


マーケットの評価の明暗を分けているのは、
たった3%の利益率の差
だと感じました。


そして、この差が、
バイイングパワーや、地域トップ3に入ることによる集客増、
といった地力の差を表しているのではないかと感じました。



実際、業界内では二つの要素を高める動きが顕著です。
ヤマダ電機はベスト電器を、ビックカメラはコジマを治めました。
そして、
買収された二社の評価は将来良くなっていくだろうという評価を得て、
マーケットではエディオンよりも評価されている

と言えます。



そういう意味では、
負け組で最も規模が大きく、強い地盤もある、
エディオンが買収対象になってもなんら不思議ではないと感じました。



~事業環境はこれから良くなる兆しがある、
TOBするなら良くなる前~

また、家電量販店の月次を見る限り、
四半期毎に前年同期比の減収幅が縮小してきています。


先日、下方修正をしたヤマダ電機の既存店の推移を例にとれば、
4-6月71.9%→7-9月82.2%→10-12月87.7%→1-3月89.9%
という具合です。
エディオンだと73.6%→89.3%→93.3%→95%



下方修正濃厚ですが、2011年3月のエコポイント終了の影響が大分薄れてきた印象です。


消費も増えそうな雰囲気があります。
実際、株高などの資産効果によって一部では既に潤っています。
資産効果の恩恵を享受している富裕層による高級品消費は既に持ち直している
感じもありますし、Jフロントの今期見通しなんかを見ても消費は増えそうな勢いがあります。


それを勘案すれば
消費が増える夜明け前とも言える今は、
投資環境としてはいいなかぁ

と感じています。


一方で買収する立場としたらやはり業績が改善する前だと思います。
まぁ
「いつやるか?」
って聞かれたら
「今でしょ」
ってことです(笑)


まぁ、アナリスト時代を含めて家電量販店なんて調べたことありませんけどね。
企業間で埋められそうなマーケットギャップがあるなぁ、
と感じたaako01jpのあくまで印象です。
その点、あしからず。


私自身はあまり資金がないので、
こういう時間がかかりそうなアイデアは回避しがちですが、
今は出遅れ株が物色される局面だと感じていること、さらにテーマ付き、
という二点でちょいちょい投資しています。

国内家電マーケットの回復はこちらにも好影響(2013.5.28メモ)
6839船井電機に割安感~評価を変える3つのポイントとマーケットギャップ~


↓ここまで読んでいただいた方、是非ぽちっ!!とお願いいたします。
もし押していただいたら、1拍手につき20回オーバーヘッドスクワットをしようと思います。
どうぞ、私を苦しめたい方は存分に押してください(笑)
関連記事

この記事へのコメント

kage

エディオン安いですよね。売上の割に安いは僕も思いました。
被買収対象というのは新鮮で勉強になります。
買収によってWINWINになるんですね。

エコポイントの反動が薄れるとか景気回復とかもあると思うんですが、そろそろ液晶TVの次のメガ家電みたいなのも出てくると思うんですよね。家電量販店のリバーサル分野結構期待してます。

Posted at 21:37:01 2013/04/24 by ダル♪

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

<ダル♪さん
twitterのダルさん?
初めまして!
お互い割安に見えるって感覚が正解だと嬉しいですね!

メガ家電何が来るか楽しみですね。
アップルTVでも何でもいいですけど、
消費者を刺激する次の一品に期待ですね!

Posted at 11:54:34 2013/04/25 by aako01jp

この記事へのコメント

kage

こんばんは。以前、アルコニックスでコメントさせて頂いた者です。
(ちなみにアルコはまだ持ってます。2014年3月期予想が出るのを楽しみに少しづつ買い増ししています)

家電量販業界ですが、私もエディオンの異常な安さに注目していて、いろいろ分析しておりました。
売上高などの他に、売り場面積なども評価の材料になるかもしれないと思い調べていまして、売り場面積が判明した会社で、時価総額/売り場面積を計算しますと以下のようになりました。
      売り場面積(m2)  時価(百万) 時価/売り場面積
ヤマダ電機 1,812,000   445,566  0.246
ケーズ  1,331,000   184,245  0.138
上新電機 409,000   43,506 0.106
ベスト電器 500,000  35,822 0.072
コジマ  578,000  25,945  0.045
エディオン  1,039,000  45,670  0.044
やはり、エディオンの安さが際立っていると思いますね。
買収する立場としたら、「キャッシュを稼ぐ場所」である売り場面積をどれだけ手に入れられるか、も検討対象となるのではないか、と考えています。

ちなみに、その他の小売業界の比較ですと以下のようになりました。
売り場面積(m2)  時価(百万) 時価/売り場面積
ヤオコー  223,000  81,230  0.364
ゼビオ  394,000  103,900  0.264
ベルク  144,000  34,995  0.243
アークス  486,000  107,514 0.221
イズミ  970,000  205,987  0212
平和堂  733,000  98,475  0.134
バロー  679,000  90,284  0.133
マルキョウ  102,000  8,841  0.087

家電量販より全体的に高いのは、効率的に売っているのか、今の家電量販店が安値に放置されているのか、おそらくその両方と思います。
売っているものが違うので、直接比較は難しいでしょうが、本質を考えれば、家電量販会社も、「その場所で何を売るのか」は限定されていないわけですし、米とか日用品を売って何ら問題ないわけで、家電が金にならないのであれば別のものを売っても良いのではないかとも思えます。そういう意味で他の小売銘柄との比較をしています。
また、その視座で考えると、買収する企業は家電の大手ではなくて、小売りの大手(イオンとか)である可能性もあり、「何を売るか」に限定しなければ単純に売り場面積を増やす目的で買収、なんてこともあり得るのかな、とも考えています。
ともあれ、低PBRで有名なマルキョウよりも、エディオンは時価/売り場面積が遥かに低いということが判明しましたので、「キャッシュを稼ぐ場所の価値」としては日本有数の割安銘柄ではないかと考えています。

長くなってすいません。

Posted at 00:16:06 2013/04/28 by セリーヌ

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

<セリーヌさん

その節はとても参考になる情報ありがとうございました。
アルコは私も楽しみにしています♪

それにしても、
このコメントはちょっと公開しないで独り占めしようかどうしようか考えてしまいました(笑)

稼ぐ場所をいくらで買えるのか?
他の小売業界と何が違うのか?
という分析、とても共感できます!
ありがたい情報感謝です!!

お互いうまくいくといいですね☆

余談ですが、
店舗当たり平均面積とか、棚卸資産の回転率調べたりこの業界をリサーチするのも
なかなか面白いな~って感じがようやくわかってきました。

Posted at 04:02:19 2013/04/28 by aako01jp

この記事へのコメント

kage

エディオンの下方修正が発表されましたね。
通期で経常がプラスだったのはポジティブ・サプライズだと思います。
売上減にもかかわらず、4Qのみでは利益が出ていますので、構造改革が効を奏している可能性も十分に考えられます。

      売上   売上総利益 販管費  営業利益  経常利益
2012.1-3  167,771 39,774  41,608    -1,833   -177
2013.1-3  162,363 約39,300? 約37,200?  2,064   2,953
※売上総利益と販管費は推測です。

今4Qのように販売管理費の10%削減を通期で実現できるのであれば、通期で売上総利益が1,700億円程度でも営業利益110-130億、経常利益190-240億、純利益(標準的な実効税率から計算)は90-120億はいけると思います。
となれば、今日の上昇を含めても実質的にはまだPER4-5倍程度にしか評価されてないわけで、今後の展開が面白いと考えています。
先日の、「売り場面積の価値分析」以外にも、「収益の価値分析」でも面白い銘柄となりました。
もともと、売上高・売上総利益ともにケーズを凌駕していますので「入る」方は問題ないと思いますが、「出る」方に問題があり過ぎたと思います。でも「出る」方の問題は経営陣次第ですし、ここ数ヶ月の構造改革の取り組みも評価して良いのではないかと考えています。内部から変われば、「買いたい」ほうも急いで手を打つと思いますし、それより先に市場が手を打つ(株価の暴騰)かもしれませんし、いずれにせよ既に仕込んでいる側からすれば良い話だと思います。

また、家電量販は、「ノジマ」も面白いと思っています。こちらは売り場面積等のデータが探せなかったのですが、売上総利益に対する時価総額の安さではエディオンに匹敵しますし、3Qの段階で他の量販店に先駆けて売上総利益・利益ともに底打ちしています。
今は家電量販セクターに関してはエディオンとノジマの二本柱で張っています。
エディオンの決算を受けて、今日はエディオン、ノジマともに買い乗せしてみました。
ノジマも経費削減が3Qの時点から奏功していますので、今期予想は営業利益40億、経常利益50億、純利益27億(EPS143)程度は出すかもしれないと読んでいます。

今後も有用な情報をご提供頂ければ幸いです。岩井コスモとか沖に関しては、本当に勉強になりました。私はいずれも張れませんでしたが、「変化を取る」ことについてより深く研究する機会を与えて頂いて心より感謝しています。

Posted at 00:32:02 2013/05/03 by セリーヌ

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

<セリーヌさん
詳細ありがとうございます。
このコメントをそのまんまブログにアップしようかなぁと考えています!
と思うくらい参考になりました!!
あとは本決算、どんな見通しが出てくるか楽しみですね。
新年度のエディオンは新規出店を抑制すると日経に出ていましたが、
効率化でセリーヌさんの経常利益くらい出てくれたら私もとても嬉しいです☆

ノジマも面白そうですね!
割安感あるし、東証一部に鞍替えできれば評価も一変しそうですしね。
私もチェックすることにしました!

Posted at 12:54:43 2013/05/04 by aako01jp

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック