aako01jpの株式で一発逆転  ~個別ファンダ中心~

元英系バイサイドアナリストのコネも裏もつてもない、しんぷるアイデア投資Blogです。

2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07
このエントリーをはてなブックマークに追加

売買代金急増で証券株が再び見直される~8707岩井コスモは最高益更新が視野~

kage

2013/04/08 (Mon)

ファンダメンタル、個別要因重視とかいいながら12月以降
証券株(8707岩井コスモor8698マネックス)にかなり投資してきたaako01jpです。
マーケットに依存したアイデアですが、
最も恩恵を受けやすい業種を持つという素直な戦略だとご理解ください。
ということで、


今回は個別要因満載の8707岩井コスモホールディングスのメモです。



~売買代金は証券株が高値を軒並み更新した06年初レベルに回復~
昨年、12月以降東証の売買代金が急回復しています。
なかなか越えられない壁であった3兆円も4月4日の金融緩和の強化策の発表により遂に突破しました
(※下のほうに東証の一日平均の売買代金の推移があります)。

5日には4.8兆円という近年見たことのない売買代金も記録しました。
投資をしてきた経緯→信用差金決済緩和効果大、やっぱり証券株(8707岩井&8698マネックス)いいかも



そうすると
見直し余地が大きいのが証券株
です。

その筆頭株として12月以来常に主力銘柄として保有しているのが、
8707岩井コスモホールディングスです。

現在もmyチェックリストの中で最もアップサイドが大きいと感じており、
いまだに主力銘柄です。



数ある証券株の中から選んでいるのは業界内での圧倒的な業績の変化率です。
業績変化率が高くなるポイントは3つ
① リーマン後の証券不況期に3倍の規模を持つコスモ証券を買収した(キャッシュで)
② 合併後の合理化で筋肉質体質に変化(合併後2010年7-9月期と直近2012年10-12月決算を比較すると営業費用は34%減
③ 2012年夏以降、合併によって重複して浮いていた職員の配置転換で営業戦力が10~20%増強している

という、個別要因を持っているからです。



リーマンショック以降、国内マーケットにおいて攻めの姿勢で次の相場を模索していた唯一の会社とも言え、
売買代金復活時の業績変化率が業界で最も高くなっていると感じています。



仮に3月までの2兆円強の売買代金が6か月間ほど続けば、
過去最高利益は更新されると考えています。

1年間継続できれば過去最高益は大幅に更新されるでしょう。
2012年10-12月期の実績は営業収益は42億円、営業利益4億円



その割にPBRは0.9倍と主要証券会社の中で最も低位かつ、
2兆円強の売買代金を前提とした収益力から見た
PERは3倍強

と最も低位な点から、最もアップサイドがあると考えています。


中堅証券会社ではありますが、
大和、岡三、東海東京などと比較しても倍近いアップサイドがあると感じています。
ちなみに4月4日引け時点の株価は969円、PBR0.9倍という水準です。


なお、
2006年のピーク時の岩井証券(当時はまだコスモを買収していない)の
株価は4000円強(PBR約3倍)まで続伸

しました。


~2006年とのマーケット比較~
過去10年間で証券株が高値をつけたのは2006年初旬です。
その時と現状はかなり近い状況が起きているように思います。
トラックレコードだけ見れば良くわかると思います。


前回証券株がブレークした時までの年間一日当たり平均売買代金は
2004年1.31兆円
2005年1.84兆円
2006年2.59兆円
2007年3兆円(ピーク)
2008年2.3兆円
2009年1.5兆円
という推移でした。


なかでも証券株が過去10年間でピークをつけた2006年初までの月次は以下の通り。
今回の分も併記。
写真 (17)


前回も書きましたが、前回と今回の金融緩和の局面で大きく違うのは、
今回はようやく緩和が本格化してくるという局面
であることです。


実際、
日銀はETFの購入を年1兆円(月間約800億円)に増額することを発表
しました。


また、直近の株高を背景に
世界最大級の資産規模を持つ日本のGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が、
2013年度中にも運用資産の割合を見直すことも報じられています。
インフレに強い資産(株式など)の組み入れ比率を増やす可能性が高いともされており、

「売り」一辺倒であった国内の機関投資家にも変化がある

ことは心強いです。


※前回は緩和が終わる直前
東証の売買代金3兆円突破


証券株はまさに売買代金次第というマーケット依存したアイデアになりがちですが、
個別のファンダメンタル要因が加えてあげれば、
より高いパフォーマンスを得るエッセンスになると思います。


とはいえ、
売買代金急増という大きな波に乗るということが前提のアイデア
なので、上にも下にも対応できるようにしっかり逆指値を入れて、
後はうまくいくことを願って書いています。


↓参考になりましたら押してくれると嬉しいです。やる気がでます☆
関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック