aako01jpの株式で一発逆転  ~個別ファンダ中心~

元英系バイサイドアナリストのコネも裏もつてもない、しんぷるアイデア投資Blogです。

2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

倒産危険度ランキングで気になった、4835インデックス復活の可能性?!

kage

2013/01/30 (Wed)

先週のダイヤモンド「倒産危険度ランキング」を見ていて気になったことを書きます。
※こういうの買ってしまうんです~香ばしい匂いがして


危険度上位に入っていた4835インデックスの財務部門のコメントが、
「経営基盤はようやく安定化してきた。
今後は直接金融など抜本的な財務改善を目指す」

というもので、とても気になりました。

結論をいうと、
希薄化2倍程度の増資(時価総額分)が実現できたら株価は上がるんじゃないか?
と感じました。
年末に第一中央汽船が商船三井宛の増資を発表した時のように、
希薄化よりも倒産リスク後退がポジティブにとられるケースになるうるのでは?
、ということです。

こんな感じで、今回は4835インデックスのメモです。
断っておきますが、これは投資アイデアでもなんでもありません。
私のムラッけと好奇心と妄想のメモです。



以下、詳細


4835インデックスはフューチャーフォン初期のコンテンツ会社代表のような企業でした。
一時は良かったのですが相次ぐ買収の失敗で、業績悪化、下方修正の連発、
を繰り返してきた株主泣かせの企業です。
2012年度の業績は売上高が200億円弱、営業利益14億円弱と利益は出るようになってきたものの、
有利子負債は200億円弱、
自己資本比率1%とかなり過小資本の企業です。

当然、継続前提の重要事象がついている企業ではありますが、
営業利益以下の業績は回復傾向にあります。

内部留保(マイナス)と有利子負債の多さが気になりますが、
利益やキャッシュのいりくりはそこそこで、
日銭は稼げるけど負債が重いというパターンのように見えます。
ダイヤモンドの指標を見てもそんな評価でした。


仮に希薄化二倍の増資が出来れば、70億円調達できます。
そうすると195億円の有利子負債、6億円弱の利息負担はかなり軽くなります。
この企業は倒産リスクを懸念されているため、
予想PERは10倍程度となっており、
希薄化してもPERは20倍程度です。

業績も回復傾向に見えます。
フューチャーフォンの月額課金会員数の減少をスマホ向けの会員増が補うようになってきていることが一点。
二点目は主力のアトラスブランドの新作投入がないにも関わらず、
第1四半期は営業黒字を計上しており、
もしかしたら黒字体質が定着してきているのかもと期待させられる点です。

有価証券が50億円程度あるので(半分タカラトミー株)、
短期的な倒産の可能性は低そう

だし……なんて考えてしまったaako01jpです。

香ばしすぎるけど、こういう銘柄も私は嫌いじゃなくて…

とはいえ、引き受ける立場になればかなりディスカウントしますよね。
上の妄想は都合が良すぎますわ。



【注意】
重ねて書きますが、これは投資アイデアではありません、
推奨もしていないのでその点よろしくお願いいたします。
ここまで書いたのでアップすることにしましたが、こんないい相場の時にわざわざ持つ必要はないですしね。
ただ、興味で書いただけなのであしからず。
関連記事

この記事へのコメント

kage

危険当りましたね

Posted at 09:50:01 2013/06/12 by

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。