FC2ブログ

aako01jpの株式で一発逆転  ~個別ファンダ中心~

元英系バイサイドアナリストのコネも裏もつてもない、しんぷるアイデア投資Blogです。

2018 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 01
このエントリーをはてなブックマークに追加

工具買取王国次第で3181買取王国は大化けするかも①

kage

2018/04/17 (Tue)

東海3県にしか展開してない3181買取王国のメモです。


超小粒銘柄で、メルカリなどのC TO Cモデルの襲来で押され気味の
リサイクル業態です。

リサイクル業界は競争も激しく、
それだけで萎えてしまうのですが、
調べたら結構面白かったので2回に分けてメモしておきます。

今回は「工具買取王国」に関して、
次回は買取王国の現況(決算見通し残念でしたね)です。


【大阪進出に失敗して華麗な上場ゴールを決めてからコスト削減で戦える組織に復活しつつある】
ちなみに買取王国は2013年に上場しました。
当時は増収増益が続く優良企業かつ、
2012年に大型店を引っ提げて大阪進出し、
一気に事業規模拡大という成長シナリオを持っていたものの
大阪進出は失敗、
神奈川進出も失敗して固定費だけが増えて上場ゴールを決めた企業です。
ただ、大阪、神奈川店舗の閉鎖による大幅なコスト削減が実現したことで
前期(H29.2月期)は低水準ながら営業増益となりました。

ここから成長ネタが加わると結構面白いなって視点で見ています
そのキーマンになるのが
現在3店舗展開している工具買取王国(港店含む)です。



【工具って商材は流行り廃れが少ない】
素人の見方ですが工具って商材に関しては、
流行り廃れがなく、
商品の寿命が長いことから
こういう業態で取扱いにはマッチしているイメージがあります。


【工具のリサイクルは始まったばかり】
実際、業界最大手アクトツール(年商10億円超で関東だけで展開)などは急成長中で
買取王国も今のうちに展開していけば東海・関西の地域王くらいになれそうな気がします。
中京地区は工場沢山ありますし、職人も沢山いる土地柄なので
この業態で先行できれば工具だけで10億円、
ゆくゆくは20~30億円規模には育つやもなんて期待をしています。
※前期実績は1.2億円(前々期は0.07億円)

もしも、そのくらいのインパクトを創出できれば
売上高50億円程度の企業にはとてつもなく大きなインパクトを与えるだろうし、
過去最高益の営業利益4.8億円もおおきく更新できるはずです。
桑名と港店は直接見てきましたが結構いい感じでした。


良かった点は
①価格競争力有
②保証付き…9800円以上(税抜き)は1か月、8800円以下は1週間保障
③よく使う工具は一通りある(桑名店は目方で60~70㎡、港店は50㎡)
それなりに使用感があるものからほぼ新品まで多種な製品がありましたが、
インパクトの充電器は充電回数で値段が変わるなど値付けがしっかりしていたイメージ。
保証付きの点は非常によかったです!

というものの、
今の工場や現場ってのは自前で工具を持つ所が過半だと思いますが、
何でもリースに頼っている会社も結構あります。

うちもその何でも頼る会社ですが、
インパクト・コードリール・ホイスト・ブロワーなどリース代2~3か月分で買えるんですね。

壊れれば交換してくれるし、メンテナンスに人割かなくていいから
リースは使いやすいんだけど、
そんな新しいものばかり持ってきてくれるわけでもないし、
この値段なら購入して自前で整備すればかなりコスト削減できそうなんですよね!
品ぞろえも豊富だしこれなら買いに行きやすい感じ。

加えて1か月も保証してくれるなら損する可能性のが低いわけです♪
ぶっちゃけそんなに工具壊れませんし。
撤退するときにも持ち込んで売ってしまえば良いわけだし
それなら「買おう」って気になる訳です。
H30.2月期は一気に5店舗展開するようで、
新規出店で増収に持っていけるようなら
業績を一気に回復される原動力になるかもしれません。


■工具買取王国に対する懸念材料
この業態を運営するにあたって目利きする人とメンテナンスする人材をどう育成するの?
というの気になるポイントです。
リース屋・メーカーのメンテ経験者などが来てくれれいい線いくと思いますが、
今活況ですしね。
そんな都合よく人集まるかなって思います。
関東で急成長しているアクトツールさんは元々自動車整備業だったようで
全員が工具の知識を保有したうえでの店舗展開急成長という結果だと思っているので
そこだけは気になるところです。


■中古工具の店舗は成長インパクトありそう!
最大手並みになればまず10億円近い増収要因を作ることが可能
中古工具で一番大きそうなのが関東で展開しているアクトツールで2017年の売上高が10憶円強<前期比2割以上の伸び>。
「アクトツールの軌跡」
http://net.keizaikai.co.jp/archives/26589


アクトツールHP
http://act-corp.co.jp/


~続く~
関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック