aako01jpの株式で一発逆転  ~個別ファンダ中心~

元英系バイサイドアナリストのコネも裏もつてもない、しんぷるアイデア投資Blogです。

2017 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 03
このエントリーをはてなブックマークに追加

7974任天堂について

kage

2016/07/20 (Wed)

7974任天堂は日本の株式市場が誕生して以来最高の盛り上がりを見せています。



当然、ポジティブにとらえる人もいれば、
否定的な人もいて
とにかく、最高にエキサイティングな状態だと感じてます。



私はポジティブ派で、
現在任天堂が80%をしめています。


理由をつければ買いにも売りにもなる状況だから、
今意見を伝えるのは非常リスキーなんだけと、私はとにかくカンカンの強気です。


理由は単純で、



世界で前例のない規模の人間を
新しい技術を用いて短期間で動員した


という事実を
非常に画期的な事だと捉えているからです。



今話題のLINEよりも、Facebookよりも
人を動員するという点において
任天堂のコンテンツは優れており、


周知の通り、
あらゆる場所にゾンビのように、
時間を問わずポケモンを探し回り、
普段は外に出ないような人さえも歩きまくる


という配信国の人達の生活さえも変えるほどの影響力を与えています。



その規模は、

世界で一番有名なクラッシュオブクランよりもプレイヤーが多くて、
いずれのメディアよりも滞在時間が長く、
配信国30カ国以上で課金額ナンバーワンをあっとう言う間にかっさいました


という事実からもその影響の大きさを推測できるでしょう。


この現象の与える影響はゲームマーケットのみならず、
広告市場、ひいては
使用個人の足跡、行動を把握できるのであれば、
マーケティング分野にも大きな影響を与える可能性が有ります。



この画期的なアプリはポケモン社、任天堂の協力を経て
開発、配信をNianticが行っています。

そのNiantic社の株式を任天堂は直接、間接保有分を含め

30%弱保有しているようです(不確定)。



市場類に見ない集客力を持つNianticは
ゲームから飛び出してもっと大きな広告、
マーケティングマーケットに参入しようとしており、
ただのゲームマーケットだけでなく、
広告、健康市場まで、
大きな影響力を持とうとしています。


その売上高規模は大した広告を打っていないにも関わらず、
現時点では5000億円、はたまた1兆円に達するとも言われていますし、
DL数、その普及の速さ、熱狂度合から
そんな規模に育ってもおかしくないと感じています。



この希望はARという、
現実と人の望みを繋げる新しい技術が生み出した
新しいマーケットです。


この新しいマーケットは既存の構造を壊す
革命となるはずです。



そして、そのマーケットを切り開くのは親しみやすいコンテンツです。


任天堂の持つマリオ、ゼルダ、カービィ、
他社にはなりますが、ディズニー、ムーミンなど、グローバルで活躍するコンテンツの価値は飛躍的に向上するでしょう。


みんな、心の底でこんなに上がっちゃって、
もうこれ以上は無理でしょ?
なんて思ってるかもしれないけど、
個人的には今からでも二倍にはなるとは思っています。


バリューで買えないというまっとうな理由もあると思うけど、
これだけ画期的なことを実現させたナインテックを30%以上持ち、かつ、
その保有コンテンツの圧倒的な知名度、集客力を改めて思い知らされた
任天堂にはもっと大きな評価がつくだろうと
強く感じています。


関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック