aako01jpの株式で一発逆転  ~個別ファンダ中心~

元英系バイサイドアナリストのコネも裏もつてもない、しんぷるアイデア投資Blogです。

2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09
このエントリーをはてなブックマークに追加

アイフルの潜在過払い返還金額をざっくり試算~アイフル強気の根拠の一つ~

kage

2012/10/23 (Tue)

ちょっと都合良い数字に仕上がりましたが(笑)、12年3月期期末時点における
アイフルの過払い金引当はもう十分といえそうだ!???????という結論のメモです。



こんにちは。
日曜日、自転車で片道1時間半のスカイツリーを子供と一緒に見てきました~。
高い所は怖いっす。

一方、アイフルの株価がまあまあ強いので少し心の余裕が出てきたaako01jpです。

とはいえ、
アイフル投資で一番のネックとなるのが潜在過払い返還金額です
そこで投資前にざっくり試算したものを今日はアップします。私は「フェルミ推定」とか好きなので、そこから超ざくっとね。

ちなみに自分を納得させるために作った数字なので、あしからず。
参考になれば嬉しいです。



■手順は(面倒くさい人は飛ばして結果を見て♪)…
① アイフルが貸し出した金額と貸し出しによって得た収益から大雑把な過去平均金利を推定
② 上の金利から18%を引き、超過金利分で過払いの対象となる総額を算出
③ 総額から実際返還を求められる金額を80%と推定し、②×0.8とする。
※武富士は約2兆円の過払い金があり、実際求められたのは70%の1.4兆円。なお、200万人の過払い金返還対象がいたが最終的に90万人が応募した。
④ アイフルはADR後の過払い返還金額(早期決着パターン)を30~40%にしていたようだ。アイフルのADRは09年9月であり、それ以降は、元本×0.5を過払い返還金とした。結果、③×約0.8が潜在過払い返還金となる。※週刊ダイヤモンドなどを参照。
⑤ 潜在過払い返還金からアイフルが2006年3月期以降支払った過払い金と現在計上している引当金を引く。

という、手順でおおよその数値が出ると考えました。



■実際、
① アイフルの1997年3月期から2006年3月期までの累計貸出し債権は約13兆円。同期間中に得た収益金は約3.9兆円。推定単純金利は30%となる。収益の内80%弱が無担保ローンとなるため過払い金の返還対象は3.9兆円×0.8の3.1兆円となる。
② 過払い金対象金利率…30%-18%=12%。過払い金対象推定総額3.1兆円×40%(超過金利12%÷平均金利30%)=約1.25兆円
③ 1.25兆円×0.8(対象金額の80%が返還を求められる前提)=約1兆円
過払い金の対象総額は1兆円×0.8=8000億円
⑤ 2007年3月期から2012年3月期までのアイフルの支払い過払い金は7137億円。期末の引当金残高は1519億円となっている。合計金額は8656億円。

結果:アイフルの対策済み金額8656億円-潜在金額8000億円=約600億円の超過引当てという試算になりました


武富士よりも請求金額の比率を厳しくしたし、そんなに甘い試算でもないと思うのですが、こんなもんかなと個人的に納得しています。

結果、既に過払い金問題のネガティブサイドは限定されてきていると判断しました。

同時に2012年には過払い法人税の還付の可能性や総量規制の緩和、といったポジティブサイドが出てきたことを考えれば、今はリスクよりチャンス面の方が取り上げられやすい局面になりつつあるのかなと気づいた。


以上から、
私の試算では現在の引当金(12年3月期期末時点)で過払い金問題は乗り切れると判断しました。



あくまで机上の弁というか私の妄想なので、過払い金返還がこれから増えるなんてことになったら前提は崩れちゃうんだけど、おおよそこんなもんじゃないでしょうか?


って自分に言い聞かせながら、びくびくアイフルに全力投資しているaako01jpでした。
本当にそうであって欲しいね~

■姉妹メモ
・2012.11.14アップ→
アイフルが真っ先に過払い金問題を乗り切った要因について
・2012.10.18アップ→
アイフル~「継続性の前提に重要事象」が解除(外れる)される日は近そうだ~


ぽちっとボタンを設置しました。
押してくれるとやる気が出ます☆
よろろ~
関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック