aako01jpの株式で一発逆転  ~個別ファンダ中心~

元英系バイサイドアナリストのコネも裏もつてもない、しんぷるアイデア投資Blogです。

2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09
このエントリーをはてなブックマークに追加

知られざる鉄道関連株の筆頭は…6747KIホールディングス?!際立つ存在感と割安感〜~

kage

2014/10/28 (Tue)

誰か6747KIホールディングスの決算見ましたか?
ちょっと製造業から逸脱しそうな利益率の事業があって
ぶったまげているaako01jpです。



2014年9月期には期待している
継続疑義解消はありませんでした。
来期見通しは減益計画でした。
それでも過去最高益を一気に倍ほど持ち上げた利益額に
かなりポジティブな印象を受けました。



確かに兆候はありました。
輸送機器…
というか中国高速鉄道関連の利益率が莫大です。



まず全体は再度上方修正がありました。
結果、2014年9月期は
売上高560億円(前期比28%増)、
経常利益69億円(前期比2.3倍)
となりEPSは94円でした。



そのうち輸送機器事業の
セグメント売上高は290億円(前年同期比約倍増)
対してセグメント利益は54億円(前年同期比5.5倍)
利益率はなんと18.7%
に達しました。



期中からおかしいなぁと思っていましたが、
これは異常とも言える値です。



どのくらいすごいかと言うと、
以下の鉄道関連企業と比較すれば良く分かると思います。




7102日本車両製造(売上高1243億円、経常利益66億円、利益率5.3%)
6208ナブテスコ   (輸送機器事業(鉄道以外も多数)526億円、63億円、利益率11.9%)
7012川崎重工(車両事業1479億円、75億円、利益率5%
6268東洋電機製造 (349億円、10億円、利益率2.8%)
6743大同信号    (216億円、16億円、利益率7.4%)
7122近畿車輛    (132億円、-44億円)

6747KIHD(輸送機器事業290億円、54億円、利益率18.6%)




ようは鉄道関連でもてはやされる
規模で3~4倍にもなる大手や優良企業と比較しても
利益の絶対額は遜色なく、
利益率にいたっては2~3倍



となっているからです。


継続疑義こそついていますが、
大手と比較して、
比類なき程に高い利益率を叩き出している。


余程、いい製品なのか、いい商圏に基盤を築いている、
ようでないとこうはならないでしょう。




先ほどの企業群で
時価総額(10月27日終値)を比べるとこうなります(ナブテスコ、川崎重工は貢献利益度合で簡易算出)

7102日本車両製造 493億円
6268ナブテスコ   800~900億円(3313億円の1/4)
7012川崎重工    600~700億円(6777億円の1/10)
6268東洋電機製造 181億円
6743大同信号    55億円
7122近畿車輛    201億円
6747KIHD 140億円(197億円の2/3)




利益額が近い日本車両製造やナブテスコを見ると
あれって思いませんか?



これが現在KIホールディングスが継続疑義によって
ディスカウントされているバリエーションになっているんだと
私はほぼ確信しています。




2015年9月期が計画通り終われば、
もうタイ航空の訴訟を全額払うことになっても、
自力で何とか出来るようになります。



訴訟が解決すればもっと良い結果が得られるでしょう。
配当の可能性も大いに高まります。



業績は中国高速鉄道次第と言う状況ですが、
それでもこれは注目に値すべきことだと感じています。



なお、今期は10%の経常減益を予想していますが、
純利益は連続で最高益を更新する見通しです。
予想EPSは96円、27日終値が476円なので



PERは再度5倍を切りました。
あぁ久しぶりにチャンスありそうなんて感じています。



前回書いたメモはこちら→
KIホールディングスは訴訟解決なくとも継続疑義とれちゃうんじゃないの?


強烈な3K職場で毎日ヘロヘロです。
心優しい人、ポチッと押して私にブログを書く元気を下さい。
お願いします☆
関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック