aako01jpの株式で一発逆転  ~個別ファンダ中心~

元英系バイサイドアナリストのコネも裏もつてもない、しんぷるアイデア投資Blogです。

2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07
このエントリーをはてなブックマークに追加

3318ネットプライスドットコムに業績回復の兆し?!

kage

2014/05/01 (Thu)

四月末の消費者金融の規制緩和と与沢さん破産にびっくり。
麻生さんがいきなり冷やし玉を喰らわせてきましたが、
今国会中(6/22)に何か進むといいな、
と期待してしまいます。


本格的に始まった決算を見ていて気になったのが

ギャザリングで急成長した
3318ネットプライスドットコム。
変化する兆し有り??
なんて、思わされる決算でした。

アリババ関連で騒がれることが多いですが、
業績回復の予兆があるように感じます。


足元では通期業績の下方修正を発表したことで
株価は1000円台から一週間で30%近く調整しています。


実際、4月に発表した第二四半期の
売上高は前年同期比11%増の59億円でしたが、
経常利益は1.3億円の赤字に転落(前年同期は0.5億円の黒字)
と業績はいまいちです。



しかし大事なことは、
バリューサイクル部門と海外を介した流通金額急増です。


流通総額の急増によって海外転送・代理購入を主とするクロスボーダー部門の
流通金額は

61億円(前年同期比+62%)

と好調。
ヤフーなどで買取販売を行うバリューサイクル部門も同19%増と好調です


結果として、
全体の流通金額も112億円(同34%増)
と好調でした。


2013年9月期の流通総額は176億円(前期比12%増)と復調の気配があり、
2014年9月期は海外流通を軸に250億円(同42%増)を目標にしている模様。
同社が重要視している流通総額に限れば、
底打ち・反転に向かっていると言えそうです。


実際、流通総額が増えるというのは同社の利便性アップに直結するので
順調に増えれば自ずと業績も回復するはずです。

その試金石となるバリューサイクルは
ネットオークションを強化中のヤフーオークションの
年間おすすめストアに4年連続年間総合グランプリを獲得するなど親密な様子。

EC強化中のヤフーの戦略に合致するし、
流通増というトレンドが続く前提で考えると
業績急回復も現実的な印象です。


海外との仲介が増え、注目度も高くなれば
エニグモみたいになるかも!

なんて妄想つきです。
ということで、
注目しています。


頑張れ、ネットプライス。
関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック