aako01jpの株式で一発逆転  ~個別ファンダ中心~

元英系バイサイドアナリストのコネも裏もつてもない、しんぷるアイデア投資Blogです。

2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09
このエントリーをはてなブックマークに追加

続・決算で気になった銘柄の印象~3036アルコニックスと7122近畿車輌が特に気になる~

kage

2014/02/18 (Tue)

先週から旅行三昧のaako01jpです。
今週はバレーの堺ブレイダーズ(去年のVリーグ王者)
の試合を見てきました。

始めて見ましたが、スピーディで面白かったです。
ついつい応援に力が入る感じです。
自由席がコートから遠すぎてちょっと迫力に欠けましたけどね。
次はいい席とろうかなぁと思います。


前回に続いて決算を見ていて気になった銘柄です。
どれも短期では成果がでなさそうですけど、
常にエントリーのタイミングを見ている銘柄群です。


■7122近畿車輛 →受注残高は939億円(前期比3.1倍)と過去最高圏
1月には香港MTRから計148億円の改造、
新車両納入(2015年7月から2018年まで)案件を受注。

第3四半期までの受注残高は939億円(前年同期比3.1倍)なので
期末には2009年3月期以来の1000億円を超える可能性がある


出荷は2014年夏の米工場建設後に本格化する見通し。
新工場と国内工場で稼働率に差がでそうなこと、
米国のプロジェクトの採算がどんなものか分かりませんが、
過去の受注車両の採算と同レベルであれば
2015年3月期の第二~三四半期あたりから業績は急改善していきそうです。


今後2年程度でEPS100円弱、
株価も1000円弱まで伸長する可能性がありそうなので引き続き注目中。



■3036アルコニックス~買収巧者の豪腕が唸る決算~
第3四半期までの実績は6%増収の1%経常増益。
レアアースを扱う電子・機能材料が26%の大幅減益だったのに対して、
注力している軽金属・銅製品事業が69%の大幅増益となり悪化した分を相殺した形です。

大幅増益を牽引したのは各分野でトップシェアを持つ企業群の買収によるものです。

アルコニックスはマイナーですが、
マーケットにおける買収巧者であり、
圧倒的に取扱量の多い複数のニッチ金属分野(レアメタル・アース)において
事業領域の裾野を着実に増やしている商社。
現社長はニッチ金属の取扱量を増やし、
かつ自社で高付加価値品を作りこんでいく一歩隣の領域に少しずつ足を伸ばしています。


買収する会社はいずれもニッチナンバーワンの製品を持つ企業なのに対して
のれん代を低く抑えながら買収しているのに特徴です。


確実に収益化する狡猾な買収戦略に個人的には結構惚れています。
第3四半期までに結構な成果も出ているので
来年度に向けて注視中。
レアアースに関しても調整が終わるだろうし、
調達先が広がらない重希土類テーマとして再び脚光を浴びる可能性もありますしね。
以前書いたメモ
3036アルコニックスは商社から脱皮?ニッチな高収益部門を多数抱える製造業に



■6703沖電気 
中国向けATM販売台数の急増は一服。
今期の営業利益は再上方修正で260億円とかなり高い水準まで高まってきましたが、
次は子会社化したブラジルATMの利益率引き上げ動向とプリンタ事業を注視しています。


■9792ニチイ学館の教育事業が壮絶な状況を迎えている件。
期初想定に対して現在の通期計画は
売上高233→192億円、
33億円の営業損失→62億円の営業損失

といいとこなしです。

お金をかけている割に6%近い減収見通しと、
トップの水準すら落ち込んでいる危機的状況です。
GABAという顧客層を絞ったマーケティングを展開し、
着実に成果を重ねる会社を買って
どうして「COCO塾」みたいなものを展開するのか不思議でしょうがありません。
とはいえ、
撤退すれば高成長の介護関連の本命株になるのでいつ撤退するのか注目しています。
株価もそれを見越してか大して下がっていませんけどね。
関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック