aako01jpの株式で一発逆転  ~個別ファンダ中心~

元英系バイサイドアナリストのコネも裏もつてもない、しんぷるアイデア投資Blogです。

2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気になるニュース~メディシス地味に大きいニュース?

kage

2012/11/15 (Thu)

ウォッチリストの4350メディカルシステムネットワークがポジティブニュース発表。

149店舗を運営する阪神調剤薬局との業務提携とのこと。


アルフレッサ経由で

加盟店、大量ゲット…だぜ。
いつにも増してで中核事業がのびることになりそうですね!
同社株を評価するうえでもっとも大事なポイントなのでこの話しはポジティブ。


10月末に調剤薬局部門のコスト増で通期業績を下方修正した結果、
株価は400円近辺だし、投資妙味ありかも。



~医薬品の取扱い高は2年前倒しで中計達成?!~

医薬品ネットワークは、

加盟店分まとめて薬の価格交渉(薬価格の一本化)、まとめて発注を行っているというシンプルなビジネス。
なぜ受け入れられるかというと

①薬局は電話やファックスで卸に注文を出しており、発注ミスが多かった。
②薬化改正を受けて薬局と卸との価格交渉が長引くことが多かった。

という問題が薬局にとってかなりの重荷になっていたからです。
加盟店はメディシスにシステムの利用手数料を払う必要がある。

しかし、それ以上に薬の価格交渉がなくなり、発注ミスがなくなるというメリットがあり、
加盟店数の増加が続いているというのが、現状でしょう。

将来的には、発注規模の拡大により、
価格交渉によるコスト削減というオプションがつく可能性もあります。
実際、発注額としては既に国内最大規模まで成長しており、
将来的な可能性としては十分に考えられるでしょう。


同社の展開する医薬品ネットワーク事業の年間葉中取扱い高は上期までで593億円(前年同期比24.9%増)
そこからメディシスに入る売上高は13.1億円、営業利益5.9億円。

阪神調剤の売上高は23年度で349億円。
単純に取扱高を30%弱伸ばすこととなる。

27年度までの部門別目標を前倒し達成かも。


なんか良さそうかも、
と心躍るaako01jpでした。

いい展開にな~れ(笑)


あと、ウォッチ銘柄のフロイントの分売。
東証一部狙いですかね。
再参戦検討。
関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。