aako01jpの株式で一発逆転  ~個別ファンダ中心~

元英系バイサイドアナリストのコネも裏もつてもない、しんぷるアイデア投資Blogです。

2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07
このエントリーをはてなブックマークに追加

3753フライトホールディングスのマルチ決済デバイスに夢を感じる

kage

2013/12/19 (Thu)

2013年も終わりが近いですね。
先日一部ツイートしましたが、以下の3要素から2014年の年始は
最高に良さそうですね。

①年の最後の週の勝率は17勝2敗、ジャスダック市場なら過去20年は無敗という黄金週

②2014年から売却益に対する税率が10%から20%に膨らむこともあって
足元は利確作業も最終局面入りしている

③NISA口座始動も控え、証券市場における
待機資金(MRF口座)は過去最大に膨らんでいる


という要素です。

結果、年明け以降待機していた巨額資金が流入してきそうな状況と言えそうです。

ということで、
自分のポートフォリオにも大型株も入れなきゃなあなんて思いつつも
小型ばかりが気になるaako01jpです。


で、最近気になったのは、
3753フライトホールディングス。
『Incredist』というマルチ決済デバイスが絶好調なのが要因※1。

※1スマートデバイスと一緒に使うことでクレジットカード、IC付きクレジットカード、銀聨カード、デビットカード、電子マネー、バーコードなど複数の決済が1台で可能というマルチ決済端末。

~限界利益率が高いうえにとんでもない潜在需要を抱えているという最高のパターンを形成している可能性がある~



4月に投入したマルチ決済デバイスを含むサービス事業の上期売上高は前年同期の0.2億円から7.8億円まで増加。
営業利益は2.3億円と前年同期の0.5億円の赤字から一気に黒字転換している。
結果、全体の利益も1.55億円と前年の1.16億円の赤字からの黒字転換となっている。

大事なのは
限界利益率が高いだけでなく、足元の引き合いもとんでもないという点。
社長によれば
「月産数千台からスタートしたが、来年は月産数万台を計画している」

とのことでいやがおうにも気になってます。
税金を考慮した会社計画の予想PERは200倍程度ですが、
利益が10倍以上に膨らみそうな可能性があることを考えればアップサイドも大きそうですよね。
そのうち調べてメモでも書こうと思います。


※2014年1月29日にメモを書きました↓
フライトホールディングスが割安に見える訳~マルチ決済端末機が絶好調~
関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック