aako01jpの株式で一発逆転  ~個別ファンダ中心~

元英系バイサイドアナリストのコネも裏もつてもない、しんぷるアイデア投資Blogです。

2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07
このエントリーをはてなブックマークに追加

3782ディー・ディー・エスに優良企業へ生まれ変わる兆候あり

kage

2013/10/04 (Fri)

これは3782ディー・ディー・エスに対する考察です。


同社は過去、
海外進出、新規事業、身の丈に合わない不動産取得を行い、
その結果、膨大な撤退損を出して財務を毀損しました。

ダメ企業の定番コースを辿ったものの、
採算の良い本業に回帰、集中、
時流にも乗って最も投資効率の良い本業が伸長しはじめて

「もしかして優良企業に生まれ変わる?」

かもしれないというということで今回はメモを書きました。



同社は国内の指紋認証ソフト・装置の大手で
07年時点の国内指紋認証市場数量のシェアは36%でトップです。
一方で継続企業の前提に疑義の注記のある会社です。


ピーク営業利益が1億円、純利益0.5億円の会社が、
07年12月期から11年12月期の間に連続営業赤字、
純利益で累計36億円の赤字をたたき出しました。

冒頭の通り、同社が05年の上場時に調達した資金で行った
海外展開などはほぼ全滅し、その間、増資の嵐でなんとか生き残りました。
今は本業に集中、原点に戻って成長を志向している段階です。

ただ、第2四半期までの自己資本比率は-1.5%と既に詰んでいそうで、
あまり手をつけたくはない銘柄です。


~増収増益が続く好採算の主力事業が本格的に普及するのはこれから~
それでも興味が出てしまうのは
主力の指紋認証の収益性が高く、
同事業が

2012年12月期まで3期連続増収増益

を達成しているためです。


その背景がスマートフォン、タブレットPCの普及です。

とはいえ、指紋認証搭載機種の普及はまだまだ進んでいません。
それどころか今まさにこれからの数量が急増していく可能性を秘めた
アプリケーションの一つです。


実際、appleが指紋認証の二大メーカーと言われるオーセンティック社を、
2012年7月に3.5億ドルで買収し、
2013年7月発売のi-phone5cで標準採用したばかりです。

DDSは資本関係のある世界二位のバリディティ社と
WindowsやAndroidスマートフォンに対応した製品を
展開していく方針です。

オーセンティックがアップルと組んだ以上、
今後バリディティが受注する機会は増えそうです。
ソフトを供給している同社も数量増が見込める展開にありそうです。


結果、
ここ4年で売上高は2.5倍(2.3億円→5.8億円)となり、
営業利益率(2009年12月期は赤字)は

2010年12月期→13.6%
2011年12月期→20.4%
2012年12月期→45.9%

と推移しています。

2013年12月期上期も25%増収、利益率18.6%と高いレベルで推移しています。

利益額は増加傾向にあり、
この点、非常に魅力的ですよね!


~バリエーション~
10月3日時点の株価は60900円。
14年12月期に過去最高益を予想する四季報秋版を参照すれば
税率正常化後のPERは約110倍となります。


正直買いにくい水準ですが、

「今まさに製品需要が増えそうなことを勘案すれば」

利益が一気に増える可能性もあり、
一概には割高とはいえないかもしれません。
ということでチェックすることにしました。


しかしまぁ、疑義銘柄なうえにこのバリエーション。
この香ばしさ、たまらないですね(笑)

とはいえ、
こういう製品はどこが採用するかで大きく業績が変化します。
できれば、二番手辺りでも採用してくれると面白いんですけどね。
バディリティは納入実績あるようだし。


と、あくまで、チェックかつ、考察してるだけなのであしからず。


以下は認証システムの特徴、リスクです。


~指紋認証システムの特徴~
同社が採用する周波数解析法という方式は指紋画像を使いません。
特徴量情報を使う技術で従来方式と比較して情報量は1/100となるほか、
流用、復元できないという特徴があるようです。
登録成功率に関しても100%を記録しており
従来のマニューシャ法、パターンマッチング法と比較して
精度が高いことが特徴のようです。
従来の方法だと2~5%の人が登録できず、
その人たち向けに他のシステムなどを設置する必要が出るほか、
セキュリティーの低下という問題があったようです。


~リスク~
下方修正の常連で、6月に既に上期の下方修正を発表しています。
自己資本比率もマイナスともうこれ以上赤字が出せない状況です。
借り入れも10億円と高水準。
保有している自社ビル10億円弱、有価証券4億円弱の減損などがあれば
一気に債務超過額が膨らみ飛んでしまうリスクがあります。


ここまで来たら、ワンクリックしてくれると嬉しいです☆
関連記事

この記事へのコメント

kage


香ばしいところへの増資も触れたほうがよいかと。。。

Posted at 12:59:37 2013/10/11 by フラワー

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック