aako01jpの株式で一発逆転  ~個別ファンダ中心~

元英系バイサイドアナリストのコネも裏もつてもない、しんぷるアイデア投資Blogです。

2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07
このエントリーをはてなブックマークに追加

家電量販店の本格的な回復はまだまだこれから~大手の6月月次は約二年ぶりに全社で増加~

kage

2013/07/16 (Tue)

電気値上げによる省エネ家電の需要増に加えて、
連日の猛暑で、エアコン絶好調ですね!

BCNによれば、デジタル家電の販売価格は2013年の春以降に底打ちし、
テレビ、カメラなどで前月比を上回っている模様。

結果として、
大手家電量販店4社の6月月次は8~17%増と高い伸びを見せました
大手4社すべてがプラスになるのは1年11か月ぶりのことだそうです


需要増、価格の下げ止まりという明るい材料に加えて、
更なる追い風もあります。

それは資産効果です。
今回の株高で東京の時価総額は250兆円から400兆円になったとも言われ、
実に150兆円もの資産効果が生まれています。

前々から話している通り、資産効果による消費増というものは
密接な関係にあり、このお金が消費に回ることで、
本格的な業績回復が見込めると感じています。

以上から、
この業界には大きなモメンタムの変化が訪れているように感じています。


その恩恵を教授できる銘柄として個人的に2730エディオン、6839船井電機に投資しています。
割安感のある2730エディオンが買収される可能性とタイミング①
割安感のある2730エディオンが買収される可能性とタイミング②
国内家電マーケットの回復はこちらにも好影響(2013.5.28メモ)
6839船井電機に割安感~評価を変える3つのポイントとマーケットギャップ~



余談ですが、家電量販店トップの9831ヤマダ電機の動きが活発化しているように感じます。
日経の報道、会長インタビューによれば
自社PBの拡張、
M&Aを狙っている、
というアグレッシブな言動が会長復帰後目立つように思います。

特にM&Aに関しては規模の割に収益性が低く、
改善余地の大きいエディオンは恰好のターゲットだと考えており、
「積極的に買いに行く」
という会長のインタビュー記事を読んだ時は興奮しました!
関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック