aako01jpの株式で一発逆転  ~個別ファンダ中心~

元英系バイサイドアナリストのコネも裏もつてもない、しんぷるアイデア投資Blogです。

2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07
このエントリーをはてなブックマークに追加

6736サン電子や6703沖電気の決算印象&5月20引けあとの投資ポジション

kage

2013/05/21 (Tue)

6736サン電子のモバイルデータソリューション事業が文字通り絶好調ですね。
最も収益性の高い事業が、世界で売れる「量と質」を備えた好パターンを形成しつつあります。

ブログに何度かアップしたようにモバイルフォレンジック製品を扱うこの事業は以前から注目はしていました。
リリースなどに良く同分野のトップ企業と書いてありましたが、まさか
北米でシェア9割、欧州でシェア6割
(リテール部門)という圧倒的な世界トップ企業だとは思いもよりませんでした。

最も収益性の高い製品が、今最も熱い分野(スマホ)で、世界中で売れる好循環が確認されたことで、
20日の株価は
上場来高値を更新
しました。

サン電子についてはまたフォローしようと思います。

以前書いたものがあるので気になる方はどうぞ
サン電子には変化の兆し~EPS増とPER切り上がりが期待できる局面へ
6736サン電子補足~第3四半期までの業績は好調で13年度も増益が狙える展開




6703沖電機もいい感じですね。
人件費増に苦しむ中国の金融機関からの需要増をうまく取り込んでいる印象です。

ATMを含む情報通信事業は見通しこそ減収減益ですが、
買収によって得意のATM事業の規模はほぼ1.5倍に増えるようです。

出金だけでなく、入出金が可能、かつ多種類の通貨が使える還流型ATMで先行している
沖電機の海外展開は一層加速しそうな印象です。

2012年のロシア、先日のイタウグループのATM事業に50億円の出資と、
最も投資効率の高い事業が中国のみならず、
世界で広がるという大きな可能性も出てきたように見え、
よりスケールが大きくなりそうな感じを受けています。
日経記事


■5月20日引け後の投資ポジション
ツイッターで書いた通り、説明会資料を見て衝撃を受けたサン電子が一旦メインになっています。
あとはオーイズミが減ったくらいで変わらず。

2730エディオン18%
6736サン電子28%
6839船井電機16%

6428オーイズミ-15%
他・余力23%(ネットロング47%)

計100%
※投資余力の中で15%程度変動したら報告しようと思います。
※レバレッジは1~3倍で。今は2倍超でポジション作っていることが多いです。
関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック