FC2ブログ

aako01jpの株式で一発逆転  ~個別ファンダ中心~

元英系バイサイドアナリストのコネも裏もつてもない、しんぷるアイデア投資Blogです。

2019 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 06
このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシュレス化を進めるメリットと給与のプリペイド払い

kage

2019/05/27 (Mon)

キャッシュレスを進めるメリットをざっくり。


■キャッシュレス進めるメリット
電子決済の普及で2兆円のコスト削減効果がある

現金を取り扱うのはスウェーデンでは1.3%だけ。
お店側は
①現金を数えるのが大変
②現金輸送コストもばかにならない

銀行
現金の取扱いを減らす

店舗の小型化が可能

ATMもいらない

結果として日本の銀行業界全体で1兆円以上のコスト削減が可能


貸借の簡素化
支払のデータ化

融資データとして利用され一瞬で融資判定可能

店舗削減

などです。


今、急速に国もキャッシュレス化を進めようとしています。
その中にあってメタップスのpringなども非常に注目されていますが、
地味に面白そうなのが前回ブログに書いた3960バリューデザインです。


■ 3960バリューデザインは大化けできるか見ごたえある展開

説明逆でしたね(笑)


【2019年6月期3Q時点】
2019年5月24日時点 
時価総額30億円(株価2083円)

今期は3年分の費用を前倒しと、超投資期間との事でしたが、
人員採用が少し遅れているみたいで費用減がありました。
通期では当初2億円弱の営業赤字を見込んでいましたが、
1.1億円の赤字まで縮小(前期は0.79億円の黒字)するようです。

そんな些細な事はどうでも良いとして、
一番重要なシステム利用料は前年同期比16.9%増の9.7億円と想定よりも好調でした。

システム利用額は全体で39%増の3202億円、内ハウスは49%増の2645億円といい感じでした。
4Q以降はコーナンペイ、りそなウォレットアプリなどの貢献もあるので
利用額の増加傾向は今後も期待ができそうです!

その上で、決算説明会の動画で気になったのが
「従業員の給与支払いをプリペイドで行うという領域でブランドプリペイドがブレイクする」

というコメントです。

業績は好調かつ、起爆剤を複数内包している状態ということで
今後に非常に期待しています♪