FC2ブログ

aako01jpの株式で一発逆転  ~個別ファンダ中心~

元英系バイサイドアナリストのコネも裏もつてもない、しんぷるアイデア投資Blogです。

2018 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 01
このエントリーをはてなブックマークに追加

3960バリューデザインは大化けできるか見ごたえある展開②

kage

2018/12/05 (Wed)

前回続きですというか書き忘れ(笑)



3960バリューデザインの前期末の決算説明会でのコメントとして

2021年6月期に売上高30億円、営業利益4~5億円を目指すということです!
※2018年6月期実績 売上高20.5億円、営業利益0.8億円
※2019年6月期は売上高21億円、営業赤字2億円
※2020年6月期は売上高23-24億円、営業黒字転換(2018年6月期並)

2018年6月期説明会質疑応答



中期計画はチャレンジングにも見えますが、
現状、それに見合った増収が続いており、
今後1~2年というスパンで大きく見直される可能性があってもよさそうです。
※少し古いけど、下記は上場時のマーケット見通し(会社の伸び率はマーケットを上回る☆)
上場時の説明資料


仮に計画通りの収益が埋めれば
時価総額100~200億円までのアップサイドは十分に考えられるかななんて感じています。
現在の株価に表すと6000~12000円程度でしょうか。


それを思えば「化ける」可能性を結構秘めた小型株かなと認識しています。


今期はその土台を作るべく、種まきの時期となりますが、
月次見てても楽しいくらい伸びていますし、りそなの件や海外案件など
面白げな材料を内包しているので動向を注視しています♪



■バリューデザイン1Qサマリー

売上高4.8億円(前年同期比17%増)
営業利益0(前年同期は0.3億円の赤字)

黒字化の要因は
着実にストック基盤を強化しているシステム利用料3.1億円(前年同期比+22%)と
約0.6億円増加したことです。

黒字化と見た目もいい決算ですが、
2~4Qにかけて投資本格的にスタートするので
今後見た目は悪くなってくるはずです。


それは良いとして気になったのが
7月に子会社したインド部門は既存顧客へのキャンペーンなどを実施し、
9月取扱高は(1.7倍と)急増しており、早期の黒字化見込める。
海外拠点はここが一番早く黒字化できそう!

とコメントしていることです。

買収した子会社の2017年2月の売上高実績は現状0.26億円程度と非常に小さいものですが、
大きなマーケットでの展開ですので今後も注目してみる価値がありそうですね!
/contents.xj-storage.jp/xcontents/AS80583/67c788dc/4ac0/4f0f/b03c/20fbf3d085cc/140120180705477434.pdf" target="_blank" title="ValuAccess Service子会社化に関するリリース">ValuAccess Service子会社化に関するリリース


国内に関しても人材が順調にそろってきているということで
着実に歩を進めている印象です。

りそな案件は展開次第ですが、
取扱高増を期待できるトピックなのでこちらも気になりますね!


ぽちっといいねボタン押してくれるとちょっとやる気がでます☆
お願いします!

3960バリューデザインは大化けできるか見ごたえある展開

kage

2018/12/02 (Sun)

忘議録です…といっても本決算後に書いたやつ
株価は上がりましたが指咥えてぼけっと見てただけでした(笑)

今更プリペイド?って思っちゃったけど、
やっぱり気になる。



最初のとっかかりだけカード導入してもらって、
あとからアプリで!
という形にも出来るので、個人的にはキャッシュレスの一つの形として
ニーズを取り込んでいけるのでは?と感じています。



<本文>
直近気になっているのが3960バリューデザインです。


2018年6月期営業利益は7900万円(前期は1200万円の赤字)と黒字転換したものの
2019年6月期の計画は2億円の赤字に再度転落するという、
投資家泣かせの企業見通しを出している企業です。


上場以来株価も下がりっぱなしです(泣)


それで何が気になったかというと

①トップラインが順調に伸びている
②3年分の投資計画を1年で前倒し実施(赤字見通しの要因)
③米では成功モデルがある


今回の赤字転落見通しは、

ようは今いけいけのメイン事業において
より力強い成長を描くための投資を思い切って実施する!
という内容です。


普通そんなに赤字に転落するような投資する?
って感じですが、

こういった企業は直近だとロコンド、エニグモ、
また投資規模がでかいという点では相模ゴムなどあり、
結果としては成功した場合にかなり大きなリターンが得られるだけに
注視しております。


現状、
それに見合った増収が続いており、これは大きく見直される可能性が
あるかもという点です。


取扱高は下記の通りで好調そのものですよね!

プリペイド全体の取扱量とシステム利用料は
2017年6月期2052億円(前期比91%増) 9.1億円
2018年6月期2834億円(〃  38%増) 11.4億円(前期比25%増)
2019年6月期計画  -           13億円( 同  14%増)


メインのハウスプリペイドとシステム利用料は
2017年6月期1504億円(前期比約2倍)
2018年6月期2188億円(〃45%増)
2019年6月期計画 -

月次動向は
7月232億円(前年同期比46%増)
8月242億円(〃      37%増)


3960バリューデザイン社長インタビュー


今期赤字転落という事で、
株価はかなり軟調の展開ですが、
ちょっと前のエニグモしかり、4月のロコンドみたいな展開あるかもしれませんね。
まだ一月分の月次しか出てませんが、チャンスあるかもなんて期待してウォッチ中。
りそなの件もどの程度貢献するかわからないけど、小粒な企業の割に材料豊富