aako01jpの株式で一発逆転  ~個別ファンダ中心~

元英系バイサイドアナリストのコネも裏もつてもない、しんぷるアイデア投資Blogです。

2015 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2015 11
このエントリーをはてなブックマークに追加

大化け狙いの夢銘柄②~国策ど真ん中の日本調剤~

kage

2015/10/06 (Tue)

私の妄想メモです。



レシピのある後発医薬品を製造してなぜ儲かるんでしょうか?



謎です。


ただ、国が医療費削減のために
ジェネリック医薬品を後押しするように


ジェネリック大手の4555沢井製薬の売上高は前期に遂に大台を超え、


2016年3月期の計画は
売上高1240億円(前期比17%増)、
営業利益220億円(同5%増)、営業利益率は17%と
高収益の有力企業となっています。



好調な業績を反映して
時価総額も2800億円と増加の一途をたどっています


その沢井製薬は2020年度までに
生産能力を8割増の180億錠とするようです。




そこで気になったのが、
3341日本調剤。


9月23日の日経新聞の記事観ましたか?


200億円投資して2020年度までに140億錠(現状能力比6倍増)の生産能力を整える
との見通しを出していました。



びっくりしたのが、
時価総額700億円程度の日本調剤が
時価総額3000億円にもなるジェネリック大手の沢井製薬並み(現能力100億錠)の
設備を整えるということです。





すっごい単純なことを言えば、
日本調剤のジェネリック部門が沢井くらいの利益率になれば
沢井程度の時価総額になるってことです。




企業価値は調剤部門を抜いても4倍増が期待できるということです。




すっごいシンプルな妄想ですけど、



①医療費削減のためのジェネリック普及推進は国策
②日本調剤は自分のところに大量に売れるうえ、調剤に加算点がつくというメリット



というテーマを持つ日本調剤は


国策銘柄ど真ん中銘柄となる訳ですし、
今後5年程度で本当に大化けするやもしれません。
※何度も何度も下方修正して
10年かけてジェネリック部門は高収益事業となった



このアイデアは、

「後発薬の高収益が続く」

という部分さえ上手く押さえることができればかなり
面白いのは間違いないですよね。



そんな気がしませんか?
「そうだね」って思ったらぽちっとお願いします。
まぁ思わなくとも押してくれると嬉しいです

大化け狙い夢銘柄シリーズ(笑)→
大化け狙いの夢銘柄①~サダマツのwish upon a star~