aako01jpの株式で一発逆転  ~個別ファンダ中心~

元英系バイサイドアナリストのコネも裏もつてもない、しんぷるアイデア投資Blogです。

2013 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2013 10
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4350メディカルシステムネットワークがTOBを発表、中期計画に向けて1歩前進

kage

2013/09/27 (Fri)

調剤薬局業界最大規模の調達ネットワークを持ち、
規模の拡大が続くことで手数料増が続いている、
要チェック銘柄の4350メディカルシステムネットワーク。
出資比率90%の子会社ファーマホールディングスが
3163トータル・メディカルサービスへのTOBを発表。

2015年3月期の中期計画の営業利益43億円、純利益20億円(EPS83円)
達成に向けてまた一歩前進というところでしょうか。

TOB条件は一株当たり3200円(9月27日終値は1066円)。
最低でも66%の議決権を取得するということで
買い付け価格は31.7億円~47.5億円ということになります。
100%応募があった場合の暖簾代は25億円という具合ですかね。
※66%以下の応募の場合、買い付けは中止する予定


どうですか?
うーん…高いって思いませんか。
プレミアム乗せすぎじゃないでしょうか。


2013年3月期も調剤薬局31店をM&Aしたことを主因に
暖簾代が49億円から81億円まで増加していたし、
ちょっとのれんの増え方が気になります。
自己資本比率もまた下がりますしね。

確かにEV/EBITDA倍率なんかで見れば4倍とそこそこなんですけどね。
ただ、
2014年は診療報酬の改定、消費増税が控えている訳だし、
調剤薬局の身売りが増えている状況で
もうちょっと安く買えないものかとも感じています。

多分、そこそこの規模の調剤薬局はいずれも拡大志向の中・大手に狙われていて、
水面下では買収交渉が相当多く行われており、買収価格も高くつきやすい
という推測はつくんですけどね。

財務内容が悪くなるとはいえ、
同社のネットワーク強化につながり、地域補完性があり、来期の増益要因
にもなることはポジティブですけどね。

まぁ、トータルプラスってことで。

しかし、メディシスの経営者は本当に攻めますね。
常に財務ぎりぎりまで、投資をする姿勢を見ていると
よっぽど大きなチャンスを感じているということでしょうか。

投資領域もいつだつしないし、
この拡大思考には、
共感を覚えます。



そういえば、6857アドバンテストが下方修正しましたね。
これを書いた手前、ちょっと心配しています。
株価は堅調なんですけど少しポジション落としました。
6941山一電機の業績が本格的な回復期に移行、注記解消、株価見直しの局面か?
スポンサーサイト

ロング候補の7122近畿車両は受注残が大台に、株価の見直し余地も大か

kage

2013/09/25 (Wed)

いじられ、さじられ、なじられて、20年
手に入れた海のように大きく静かな心が持ち味のaako01jpです(笑)

10月から希望していたポジションに異動します。
社会人生活で初めての指導的立場かつ、会社の窓口にもなるので、
今からわくわくしています。
同僚には
「2、3か月も持たない」、「あんたがなるなら会社をやめる」、
とありがたいお言葉のオンパレードで内も外も大変なことになりそうですが、
せっかく掴んだチャンスなので無駄なくしっかり活かそうと思います♪


前回の続きで四季報読んでいて気になった銘柄のメモです。
近畿車両とスカイマークは非常に時間かかりそうですけど近畿車両に関しては1~2年頑張れば
結構な投資パフォーマンスが出そうな気がします。


・7122近畿車両…14年3月期の見通しこそぼろくそですが、昨年度の第2四半期辺りから
ロサンゼルス郡都市交通局(Metro)からの大型受注で受注残高がかなり高い水準になっています。
2012年8月に78編成(3億ドル)、8月に97編成(3.6億ドル)受注しており、
IRによればオプションとして60編成が残っておりこれも順調にいけば受注する見通し。
期末の受注残高は2009年3月期以来の1000億円を超える可能性がある


出荷開始は2014年。
受注車両の採算が同レベルであれば今後1~2年でEPSは100円弱、
株価も1000円弱まで伸長する可能性がありそうなので注目中。
9月24日時点の株価が340円。


・8574アコム…最も早く貸し出し増、増収に向かいそうな点が○。
一方で、最も利息返還引当金の水準が低く、利息返還の件数の減少ペースが鈍っている点はリスク。
8515アイフルとは対極の関係。返還金を考慮したバリューは似たもの同士、
組み入れ理由は景気上向きの局面なのでフォワードを選択したという感じ。
今の感じだと前回高値の5000円前後までは伸びそうですよね。


・9204スカイマーク…利用率(L/F)の改善が顕著。2013年8月には80.2%を記録。
80%超えは23か月ぶりのことで、同指標が前年同月を上回るのは14年3月期に入って
5か月中4か月目。原油高、円安と逆風も吹いていますがが、
最も大事なこの指標が改善してきている点はモメンタムの変化を捉える意味で重要。
増資リスク、競合リスクを考えれば、まだまだ待っていていい銘柄とは思いますが。

前回メモ→アベノミクスの蚊帳の外、9204スカイマークに業績回復の兆し


今更ながら良さそうな新興銘柄も探していて、
3382ディー・ディー・エスとか気になっています。
また、追加で書いていこうと思います。

↓参考になったらぽちっとお願いいたします。

気になった銘柄と9.18引け後の投資ポジション

kage

2013/09/19 (Thu)

如何に負ける時の損失を減らせるか。
その忍耐と決断の重要さが身に染みています。

同じ50%というパフォーマンスでも
50%下がってから50%上がっても、結果は-25%ですよね。
直近の相場でそこそこいい結果が出ている割に…

まぁそんなこと考えてもしょうがないんですけどね。
どうですか?四季報読んでいますか?
私は今、せっせと読んでいる最中です。
チェックリストの中にも欲しい銘柄が結構あって、
どうやってポジション組もうか悩んでいます。

また、気になった銘柄はブログに徐々に上げていこうと思います。
特に気になるのはポジションに入っていますけど。


以下は気になった銘柄の要約と9月18日引け後の投資ポジション

・3036アルコニックス…
 レアアースの影響が残る第一四半期はM&Aをした子会社の寄与で営業増益と好感触。現経営陣による実績、方向 性ともに共感できるし後は見直しされるきっかけだけと感じています。中国産レアアースの注目度が低くなる  今、そのきっかけが一番の難題ですけど(汗)。

・4350メディカルシステムネットワーク…高収益のネットワーク事業の成長続く◎。
・6677エスケーエレクトロニクス…
 6961エンプラスが大型液晶向けのLED光源拡散レンズで業績を劇的に変えたパターンに類似している。10世代の 投資動向次第とはいえ、13年9月期の営業利益は過去最高に肉薄、純利益は過去最高と好印象。テーマ持ちで税 金考慮後のPERも10倍程度で見直し余地ありそう。

・6747KIHKD…
 訴訟は順調に消化中。シンガポール航空の件は驚きましたが、九月に向けてか訴訟解決のペースは上がっている ように感じます。着実に利益を重ねることで13年9月期は自己資本も6期ぶりに増え、過去最高益も更新とファン ダメンタルは良好で、継続疑義解消まであと一歩という所。14年9月期は中国向けの鉄道機器が底打ちで増益と の観測があるが、業績の変化率は鈍化すると感じており、この点はマイナスイメージ。アップサイドは倍程度  か。
 →前回メモ
 訴訟終焉で継続企業の前提~が外れそうな6747KIホールディングスは過去最高益更新&割安感際立つ
・6839船井電機…
 国内、米国の売上高は順調に回復している点は○。一方で、期待の買収先の詳細、寄与はまだ先なので様子見。
・6941山一電機…
 9.18メモ→6941山一電機の業績が本格的な回復期に移行、注記解消、株価見直しの局面か?


■9月17日引け後の投資ポジション
主力は定番のKI、スパークス、アコム。
四季報見てエスケーエレクトロニクスと山一電機を追加。
近畿車両とスカイマークはロング用。
ということで、かなりマーケットベットしている状態です。

6677エスケーエレクトロニクス5%
6747KIホールディングス18%
6941山一電機10%
7122近畿車両5%
8572アコム16%
8732スパークス36%
9204スカイマーク2%

他・余力8%
計100%

※投資余力の中で15%程度変動したら報告しようと思います。
※レバレッジは1~3倍で。今は2倍超でポジション作っていることが多いです。

6941山一電機の業績が本格的な回復期に移行、注記解消、株価見直しの局面か?

kage

2013/09/17 (Tue)

このメモは万年赤字で継続疑義の常連
6941山一電機に復活の兆しがあるというメモです。


ども、大一の
「ひぐらしの鳴く頃に」
はまっちゃいますね
とにかく怖めの演出が癖になる。

おかげで、八月末から
「オヤシロサマ」
に祟られているaako01jpです。

株はがっぽり損するし…
九月に予定していた三連休は一日になるし((((;゚Д゚)))))))
ほんと、どうしよう…


新しい四季報を読んでいて気になったのが6941山一電機
「継続企業の前提に関する重要事象」
がついたり外れたりの企業で、
過去の業績を見る限りもう終わっている会社なんだろうと思っていました(失礼)

一方で、
「不採算事業の撤退による固定費削減」

「スマホ好調による半導体投資増」

という外部環境の好転による業績回復で
注記解消、復配、割安感から
倍程度の株価見直しの可能性がある

ようにも見えてきました。


展開している事業は大雑把に三つ。

中でも損益に大きな影響を与えるのがバーンインソケットが主力のテストソリューション事業。
とんでもない赤字企業かと思えば主力の
バーンイン検査用ICソケットは世界シェア4割
を持つなど、強い柱を持っているのは好感を持てます。

この製品は半導体の初期不良検査工程において半導体とテスタをつなぐために使われるようで、
半導体の設備投資に大きく影響を受ける事業みたいです。

設備投資動向を占ううえで参考になる
アドバンテストは今期20%増収、受注高は27%増の見通し。
東京エレクトロンも13%増収の見通しと、
足元ではスマホの好調を起点とした半導体投資増という環境にあり
山一電機もその恩恵を享受できそうです。

実際、2014年第一四半期のバーインソケットが主力のテストソリューション事業(※1)の
営業利益水準はセグメントの損益を開示し始めた2011年3月期以降で
最高水準、利益率は18.3%と過去最高を記録

しました。
※テストソリューションのバーンインソケットはロジック7割強、残りがメモリ、プローブという具合

不採算事業の撤退、人員削減によって12年度で19億円固定費を圧縮するなど、
抜本的対策を行ってきた成果もあって、全体でも第一四半期としては3期ぶりに黒字転換しました。
四季報でも、第一四半期の状況を勘案して通期の営業利益を
会社計画の5.4億円から7億円に早くも修正しています。

連動しやすいアドバンテストや東京エレクトロンの見通し、過去の傾向を見る限り、
第二四半期に会社計画ほど大きく落ち込む懸念は少ないと感じています。
現状スマートフォンの低価格により需要増や新興メーカーの台頭も期待できる環境にあり、
本業が伸びる余地も十分に考えられそうです。

加えて、EMS事業の撤退により営業利益を0.8億円超押し上げる要因があるなど、
来期以降も本業が上向く可能性があり、
業績の黒字定着ないし、長期低迷相場からの脱却は十分にあると思って注目しています。

なお、株価水準は以下の通り
9月13日の株価220円
予想PER7.3倍(四季報予想)
PBR0.4倍
予想ROE5.5%

ざっくりと倍程度のアップサイドがある
と感じてます。

~リスクなど~
一つの事業の動向のみでここまで書きましたが、
もう一つ重要なコネクタソリューション事業は正直分かりません。

分かるのは
これから利益を左右しそうな製品が
車載、遊戯機器向けっぽいYFLEX、高速伝送用あたりで、現在の売上高比率が3~5割?
とか、
「不採算製品を作らない」という方針を民生用で強化しているようで、
この点前期のように事業の損益が悪くはならないかな~
ということです。

一方、売り先とかどこのメーカーの何の製品が売れれば儲かるかとかは取材しないと分からないんですよね。
有報なんか見ている限りコネクタ大手のSMK、ダイトエレクトロ二クス、遊戯機器向けはダイコク電機などが
顧客のようですが、正直何が増えれば恩恵を受けるかまではあんまり分からないです。

また半導体は需給の波が激しく、価格変動も起こりやすいほか、投資もほとんどしたことがないので
投資期間は短期で深追いしないように気を付けたいと思います。


しかし、マーケットが上向きつつあるなかで、
疑義つきの銘柄でわざわざリスクをとるのは、私の悪い癖だと思ってください。
6747KIホールディングスしかり、賢い人はマネしない方が良いでしょう(笑)

↓ここまで読んでくれた方、ぜひぽちっとお願いします。
ぽちっと押して私をもっと変な人にしてくれたら感謝です

8月は長い夢を見ていました

kage

2013/09/07 (Sat)

ご無沙汰しています。

8月もあっという間に過ぎてもう9月ですね。
私といえば、
毎日暑さと1000度を超える窯前の作業で熱中症にでもかかっていたのか、

6340渋谷工業で
「資産がっぽり増えちゃった」
という夢を盆辺りから1週間ほど見ていました。

毎日膨張する資産を横目に、
「正夢かっ?!」
と思ったこともありましたが、
今の資産を見る限りやっぱり夏の夢だったみたいです。

気持ちのいい夢ほど、
目覚めた時の喪失感も大きく、
未だに思い出すと精神的ショックで体がしびれます(笑)。

とまぁ
3連続ストップを経験した6340渋谷工業をその後に買い増ししまくった
挙句の結果がこれです。

<8月のパフォーマンス>
前月比 -17%
1-8月累計+174%


ネットショート作戦も上手くいっていただけに
なかなか悔いの残る月となりましたが、
気持ちを入れ替えて、頑張ろうと思います。

■9月6日引け後のポジション
貸借銘柄になった3046ジェイアイエヌを短期でショート中。
伸び率の鈍化が顕著で、
ファンダメンタルのモメンタムを重視している私としては見逃せない銘柄です。

6747KIホールディングス23%
3046ジェイアイエヌ-25%

他・余力52%
計100%
※ネットショート2%

※投資余力の中で15%程度変動したら報告しようと思います。
※レバレッジは1~3倍で。今は2倍超でポジション作っていることが多いです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。