aako01jpの株式で一発逆転  ~個別ファンダ中心~

元英系バイサイドアナリストのコネも裏もつてもない、しんぷるアイデア投資Blogです。

2013 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2013 06
このエントリーをはてなブックマークに追加

6839船井電機に割安感~評価を変える3つのポイントとマーケットギャップ~

kage

2013/05/28 (Tue)

マーケットいい感じで荒れていますね。

ども、
エコポイント剥落で落ち込んでいた家電量販店の業績が持ち直しつつあり、
消費者心理も改善傾向にある

という前提を持っているaako01jpです。

そこから現在二つのアイデアに投資しています。
一つは、割安、買収対象というテーマを持つ家電量販店のエディオン。
二つ目は主力の北米向けが堅調ながら、エコポイント剥落で国内の液晶、
DVDの不振が業績の足を引っ張っていた船井電機です。


今回は
6839船井電機のメモ
です。

両者ともに国内の家電マーケットが持ち直す恩恵があり、
更に独自テーマを持っているのがミソです。
2730エディオンについてはこちらで書いています→
※前回→割安感のある2730エディオンが買収される可能性とタイミング②



北米における液晶テレビシェアが10%程度と、
日本メーカーでトップクラスのシェアを持つ船井電機の動向に注目しています。
有り余るキャッシュを使って、周辺事業の買収を加速しているからです。

買収による業績改善、
モメンタム改善
(1-3月期の四半期売上高は前年同期間比で増収に転じています)、
円安恩恵
というテーマを持ちながら、
PBR0.3倍とダウンサイドが限定的な点が魅力的です。

14年3月期の見通しこそ損益分岐点ぎりぎりという前提ですが、
M&Aの進展や円安、米国の消費増から
業績が見通しよりも大きく改善する可能性もあると感じており、
注目しています。

立て続けに買収を発表した二企業の実績は分かりにくいですが、
180億円を投資するフィリップスの音響事業(多分世界2位)は営業利益率5%程度の実績を残しているようです。
※同事業は一部で売上高1500億円、営業利益70億円強からのれんを引くという感じで報道されています。
それが本当なら買収価格はかなり割安なきがしますけど。

~企業価値が示すリスクの高さ~
企業価値を表す指標として有名なEV(時価総額-有利子負債+現金)はマイナスです。
5月26日時点の時価総額は411億円、負債は130億円、現金は678億円。
仮に時価で会社を買収できれば140億円弱の現金が手に入ることになります。

14年3月期の見通しは営業利益2億円、減価償却61億円でEVITDAもプラスです。

投資資金を何年で回収できるかを表している
EV÷EVITDAで見れば非常に割安感のある感じと言えます。


ただ、それだけ安く放置されているのは事業リスクがハイだからです。
一つはメイン事業が思いっきりレッドオーシャンに浸かっていることです。
二つ目は低コスト生産の要である生産拠点の中国の人件費増です。
指標は割安に見えますが、
株価は恒常的に赤字が続くかもしれないというのを織り込んでいるように見えます。


船井電機のメインとしている製品は値下げが厳しく、
一人あたりの売上高は12年3月期までの5年間でおよそ40%減少
しています。

液晶は最終的に最も数を多く作れる企業が残存者メリットを享受できる可能性こそありますが、
今はまだ残存者整理中の状態で値下げも厳しければライバルも沢山います。
低コスト生産を支えていた生産拠点の中国の人件費増は同社への向かい風となっています。
買収が成立すれば、
人は更に増えるのでもしかしたらそこら辺も手を打つ必要があるかもしれません。
中国以外の生産拠点の開拓など手を打ってはいますが、
基幹事業は抜本的な問題を抱えています。

結果として、この株価水準で放置されているのだと思います。


リスクとチャンスは表裏一体
一方で、「恒常的に赤字を計上する」
とマーケットが認識している所にチャンスがあるとも感じています。

上述の通り、今船井電機のモメンタムは分かりやすい理由で改善しつつあります。
円安による採算の向上、
日本マーケットの底打ちによる収益改善、
有り余るキャッシュを用いた買収による利益増、
という三点セットです。

12年3月期は減収要因の80%が日本マーケットに起因するものでしたが、
量販店の月次などを見る限値同市場は底打ちしつつあります。
また、直近の株高による資産効果などで消費は増える予兆があります。


買収する企業の貢献を加えて、
仮に100億円近い営業利益を計上することができれば、
株価もそれ相応に反応するというのがこのアイデアの根本です。

そしたらアップサイドは倍くらいありそうですね☆
得意戦略を独自につっぱしる方針も好きですしね。


ということで、こんなことを考えながら投資を始めました。
時間もかかりそうですけど。

↓参考になれば、ぽちっとお願いいたします☆