aako01jpの株式で一発逆転  ~個別ファンダ中心~

元英系バイサイドアナリストのコネも裏もつてもない、しんぷるアイデア投資Blogです。

2013 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2013 06
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

えんざら美味い!&5407神戸製鋼所応援してます&5.30前場引け投資ポジ

kage

2013/05/30 (Thu)

昨日、朝獲れのおすすめメニューにあったえんざら(くろびしかます)が本当に美味しくて、
テンションあがってるaako01jpです。

見たこともない魚でしたが、脂ののりっぷりといい、
最後の〆もトロやいくらではなく再オーダーのえんざらでした。

昨日ツイッターで書いた後、調べたら結構今注目されているみたいですね。
房総でもし名前をみかけたら是非お試しあれ。
木更津の人気店~寿司やまと~
えんざらはこんな感じ


高炉は第二の再編の真っただ中ですね。

君津の1高炉休止に続いて神戸製鋼所が2つある高炉の内神戸製鉄所の休止を決めました。

神戸製鋼所と言えば、高品質のハイテン、厚板のみならず、
エンジンのバルブを上下させる自動車用弁ばね用線材で
世界シェアの過半を握る特殊鋼の性格を持つニッチトップメーカーです。

ひも付き契約の比率が大手高炉の中でも特に高く(汎用品が少ない)、
販売単価も他社と比較して高く見えるのですが、
ひも付き比率の高さゆえに赤字を垂れ流していた印象があります(推測)。

これだけ世界シェアが高い製品を持ち、
高張力鋼板の品質も日本トップクラスの力があるのにも関わらず、
十分な利益を得られないのは何故か?

と考えていたこともありますが、
従来の習慣にのっとって販売していたことが
その付加価値を評価されなかった要因の一つなのかもしれません。

これだけのシェアを持ちながら、価格の主導権を握れないのは外部からみていて不思議に思いますが、
赤字(鉄鋼事業)を垂れ流す構造からいち早く脱して、
技術も収益も誇れる会社になることを応援しています。

同社はコマツのハイブリッド建機より実は燃費が良い(噂)というコベルコ製品
など面白いものを沢山持っています。
Itmk3もその一つで、ミネソタの早期安定稼働と、ベトナム、インドでの進展にずーっと注目しています。
本当に頑張ってほしいです。


■5月30前場引け後の投資ポジション
サン電子ロングとオーイズミショートが上手く機能してホッとしているaako01jpです。
前場にポジションを多めに構築してみました。
と言ってもいつものメンバーですけど。
気になる銘柄も増えてきたんですけどね。

ちょっと東証の出来高が調整気味ですが岩井コスモ、
直近の調整幅の大きい不動産業種からトーセイ、
後はいつものエディオン、船井、アルコニックスって感じです。
まぁ逆指値をきつく入れているのですぐ変わるかもですけど。


2730エディオン7%
3036アルコニックス5%
6736サン電子20%
6839船井電機11%
8707岩井コスモHD26%
8923トーセイ8%

他・余力23%
計100%
※投資余力の中で15%程度変動したら報告しようと思います。
※レバレッジは1~3倍で。今は2倍超でポジション作っていることが多いです。
スポンサーサイト

6839船井電機に割安感~評価を変える3つのポイントとマーケットギャップ~

kage

2013/05/28 (Tue)

マーケットいい感じで荒れていますね。

ども、
エコポイント剥落で落ち込んでいた家電量販店の業績が持ち直しつつあり、
消費者心理も改善傾向にある

という前提を持っているaako01jpです。

そこから現在二つのアイデアに投資しています。
一つは、割安、買収対象というテーマを持つ家電量販店のエディオン。
二つ目は主力の北米向けが堅調ながら、エコポイント剥落で国内の液晶、
DVDの不振が業績の足を引っ張っていた船井電機です。


今回は
6839船井電機のメモ
です。

両者ともに国内の家電マーケットが持ち直す恩恵があり、
更に独自テーマを持っているのがミソです。
2730エディオンについてはこちらで書いています→
※前回→割安感のある2730エディオンが買収される可能性とタイミング②



北米における液晶テレビシェアが10%程度と、
日本メーカーでトップクラスのシェアを持つ船井電機の動向に注目しています。
有り余るキャッシュを使って、周辺事業の買収を加速しているからです。

買収による業績改善、
モメンタム改善
(1-3月期の四半期売上高は前年同期間比で増収に転じています)、
円安恩恵
というテーマを持ちながら、
PBR0.3倍とダウンサイドが限定的な点が魅力的です。

14年3月期の見通しこそ損益分岐点ぎりぎりという前提ですが、
M&Aの進展や円安、米国の消費増から
業績が見通しよりも大きく改善する可能性もあると感じており、
注目しています。

立て続けに買収を発表した二企業の実績は分かりにくいですが、
180億円を投資するフィリップスの音響事業(多分世界2位)は営業利益率5%程度の実績を残しているようです。
※同事業は一部で売上高1500億円、営業利益70億円強からのれんを引くという感じで報道されています。
それが本当なら買収価格はかなり割安なきがしますけど。

~企業価値が示すリスクの高さ~
企業価値を表す指標として有名なEV(時価総額-有利子負債+現金)はマイナスです。
5月26日時点の時価総額は411億円、負債は130億円、現金は678億円。
仮に時価で会社を買収できれば140億円弱の現金が手に入ることになります。

14年3月期の見通しは営業利益2億円、減価償却61億円でEVITDAもプラスです。

投資資金を何年で回収できるかを表している
EV÷EVITDAで見れば非常に割安感のある感じと言えます。


ただ、それだけ安く放置されているのは事業リスクがハイだからです。
一つはメイン事業が思いっきりレッドオーシャンに浸かっていることです。
二つ目は低コスト生産の要である生産拠点の中国の人件費増です。
指標は割安に見えますが、
株価は恒常的に赤字が続くかもしれないというのを織り込んでいるように見えます。


船井電機のメインとしている製品は値下げが厳しく、
一人あたりの売上高は12年3月期までの5年間でおよそ40%減少
しています。

液晶は最終的に最も数を多く作れる企業が残存者メリットを享受できる可能性こそありますが、
今はまだ残存者整理中の状態で値下げも厳しければライバルも沢山います。
低コスト生産を支えていた生産拠点の中国の人件費増は同社への向かい風となっています。
買収が成立すれば、
人は更に増えるのでもしかしたらそこら辺も手を打つ必要があるかもしれません。
中国以外の生産拠点の開拓など手を打ってはいますが、
基幹事業は抜本的な問題を抱えています。

結果として、この株価水準で放置されているのだと思います。


リスクとチャンスは表裏一体
一方で、「恒常的に赤字を計上する」
とマーケットが認識している所にチャンスがあるとも感じています。

上述の通り、今船井電機のモメンタムは分かりやすい理由で改善しつつあります。
円安による採算の向上、
日本マーケットの底打ちによる収益改善、
有り余るキャッシュを用いた買収による利益増、
という三点セットです。

12年3月期は減収要因の80%が日本マーケットに起因するものでしたが、
量販店の月次などを見る限値同市場は底打ちしつつあります。
また、直近の株高による資産効果などで消費は増える予兆があります。


買収する企業の貢献を加えて、
仮に100億円近い営業利益を計上することができれば、
株価もそれ相応に反応するというのがこのアイデアの根本です。

そしたらアップサイドは倍くらいありそうですね☆
得意戦略を独自につっぱしる方針も好きですしね。


ということで、こんなことを考えながら投資を始めました。
時間もかかりそうですけど。

↓参考になれば、ぽちっとお願いいたします☆

4686ジャストシステムの決算の印象は〇&他

kage

2013/05/23 (Thu)

毎日毎日指数が嫌というほどあがりますね。
と思うけど変化率でみるとそこまで実は上がってないですよね。
どうも225が8000円台の頃の感覚が染みついているaako01jpです。

どうですか?
うまくいっていますか?
私はso soって感じです。
主力の船井電機もエディオンも時間がかかりそうですしね。


5月に入ってから、
225は+12.7%、トピックスは+9.5%。
全体が買われるというよりはより選別されたものが買われている感じですね。

8923トーセイなんかはピーク株価もほぼ半分となったように、
選別対象も大分変化している気がします。
見向きもされなかった鉄・非鉄や、リース・商社といったちょっと日陰に埋もれていた銘柄のパフォーマンスが上がってきた辺りを見ると、
4月頃まで絶好調だった人があんまりうまくいっていないケースが多そうな感じも受けます。
チタンなんかも上がってきていますしね。



~4686ジャストシステム~
ジャストシステムの決算は結構いい印象でした。
新事業の「スマイルゼミ」開始に伴う費用がどの程度増えるのか心配していましたが、
販売管理費を見る限り広告費が3億円増えたくらいで、
固定費があまり重くない印象だったのがその理由です。

IRは全くありませんが、
コスト削減→黒字定着→売上高増を狙っていく攻めの局面を迎えている様子が伺えます。

人を増やすこともその一つの要因です。
一人当たり売上高を劇的に改善したことが利益の大きな好転要因となっていますが、
積み上げたノウハウを持って新規戦力の取り込みを積極的に行っているようで、
採用ページでは80名の募集がありました。

あとは月2980円の会員がどれだけ伸びるかだけです。
会員数のIRが出るようなことはないと思いますけどが、
売上高が上がってくればそのうち評価されてくると思います。

6736サン電子や6703沖電気の決算印象&5月20引けあとの投資ポジション

kage

2013/05/21 (Tue)

6736サン電子のモバイルデータソリューション事業が文字通り絶好調ですね。
最も収益性の高い事業が、世界で売れる「量と質」を備えた好パターンを形成しつつあります。

ブログに何度かアップしたようにモバイルフォレンジック製品を扱うこの事業は以前から注目はしていました。
リリースなどに良く同分野のトップ企業と書いてありましたが、まさか
北米でシェア9割、欧州でシェア6割
(リテール部門)という圧倒的な世界トップ企業だとは思いもよりませんでした。

最も収益性の高い製品が、今最も熱い分野(スマホ)で、世界中で売れる好循環が確認されたことで、
20日の株価は
上場来高値を更新
しました。

サン電子についてはまたフォローしようと思います。

以前書いたものがあるので気になる方はどうぞ
サン電子には変化の兆し~EPS増とPER切り上がりが期待できる局面へ
6736サン電子補足~第3四半期までの業績は好調で13年度も増益が狙える展開




6703沖電機もいい感じですね。
人件費増に苦しむ中国の金融機関からの需要増をうまく取り込んでいる印象です。

ATMを含む情報通信事業は見通しこそ減収減益ですが、
買収によって得意のATM事業の規模はほぼ1.5倍に増えるようです。

出金だけでなく、入出金が可能、かつ多種類の通貨が使える還流型ATMで先行している
沖電機の海外展開は一層加速しそうな印象です。

2012年のロシア、先日のイタウグループのATM事業に50億円の出資と、
最も投資効率の高い事業が中国のみならず、
世界で広がるという大きな可能性も出てきたように見え、
よりスケールが大きくなりそうな感じを受けています。
日経記事


■5月20日引け後の投資ポジション
ツイッターで書いた通り、説明会資料を見て衝撃を受けたサン電子が一旦メインになっています。
あとはオーイズミが減ったくらいで変わらず。

2730エディオン18%
6736サン電子28%
6839船井電機16%

6428オーイズミ-15%
他・余力23%(ネットロング47%)

計100%
※投資余力の中で15%程度変動したら報告しようと思います。
※レバレッジは1~3倍で。今は2倍超でポジション作っていることが多いです。

マーケットの雰囲気変わりました?&5月16日引け後のポジション

kage

2013/05/17 (Fri)

新しい職場は常に多くの外国人に囲まれる環境です。
テスト中の部署は外国人がほとんどというかなり珍しい環境で、
日々、新鮮な気持ちで働いています。
一方で、対して聞けず、話せない英語がメインなので、バタンQも増えてきました。
一日の始まりに仕事の内容を聞いて、
潰す→報告→新しい仕事を貰う→潰す
というルーティンを自発的に行わないと放置されるので、
今はまだ仕事についていくのがやっとというaako01jpです。


決算ほぼ終わりましたね。
最近は決算を見て、今期の感触のいい銘柄に資金が集中するのが顕著ですね。

それと、これまでただただ上げてきたマーケットですが、
個人的には雰囲気が変わってきたような印象を受けています。
感覚的なものですが、

① 多用している信用評価損益率が4週連続でプラス圏と警戒域にある
見方→信用評価損益率を使ってマーケットを見る
② 相場の主役が交代?(これまで牽引してきた不動産、消費者金融が調整→出遅れ業種へ)
③ 15日はトピックスが2%弱上昇したのに対して年初来更新646件、値上がり1038、値下がり2291というバランス(騰落レシオ悪化、指数プラス)

という3点がそう感じさせてくるのでしょう。
そういったこともあって、
個人的にはアップサイドが大きく、ダウンサイドが小さく見える出遅れ株にシフトしています。



■5月16日引け後の投資ポジションです。
マイチェックリストの内、アップサイドの大きい銘柄がかなり減りました。
理論株価算出の式を修正する気にはならないので、
結果として、
業績回復途上の6839船井電機とか2730エディオンといった出遅れ株がメインになっています。


両銘柄は国内家電市場の底打ちを前提に、それぞれテーマを抱えているのがポイントです。
なかなかメモをかけていない船井電機は国内復調、米のモメンタム改善中、M&Aによる利益増、
という3つのテーマに期待しています。
シンプルにとことん安く作って大量に売るモデルとしては、
製造拠点を集中している中国の人件費増は致命的だと感じています。
一方で、13年度に関してはそれ以上に円安による採算改善が大きいと踏んでいるのでモメンタム改善を見込んでの投資です。


アルコニックスとジャストはグロース狙い。
Twitterでコメントした通り6428オーイズミは短期ポジション。
市場トレンドが変わりやすい遊戯機器関連銘柄は見通しを強気に出しにくいというアノマリーがあり、
それを前提に実態とは違う期待で買われているという理由でショートしてみました。
「オーイズミはカジノに関係ない」
と思っている人ほど踏みあげられてきた銘柄だと思いますが、
逆指値をしっかり入れて対応しようと思います。


2730エディオン14%
3036アルコニックス10%
4686ジャストシステム11%
6839船井電機10%


6428オーイズミ-31%
他・余力24%(ネットロング14%)

計100%
※投資余力の中で15%程度変動したら報告しようと思います。
※レバレッジは1~3倍で。今は2倍超でポジション作っていることが多いです。

七転八起の精神と個人的報告

kage

2013/05/11 (Sat)

私はブログで自分の考え方や感じたことを発信しています。
このメモは自己紹介の一つです。
書いている私のことについても知ってもらうために、
自己紹介も徐々に増えていく予定です。
前回→自己紹介2~性格とかその特徴~


ドル円が120円だった頃の話し。
当時、私は株が出来なかったので代わりにFXを始めました。


たった五分で当時の家賃以上の儲けが出たので、
気分を良くしてお寿司を食べにいきました。

帰宅すると、数倍のマイナスになっていました。

でも、不思議と焦りませんでした。
株で儲けたお金があったせいか、
笑い話にさえしていました。


レバレッジをかけすぎた状態でずっとロングみたいなことをしていた結果、
その数十倍の損失を出しました。
学生時代に株でせっせと増やしてきた虎の子の資産は
たった3ヶ月でなくなりました。


買おうとしていた車を諦め、
好きなパチンコにも行けなくなり、
下北沢での一人暮らしも止めざるを得なくなり、
惨めな気持で実家に帰ったことを
最近ふと思い出しました。


ようは
「転がり落ちるときはあっという間」
ということです。


個人的な報告ですが、年間目標としていた資産3倍増を達成しました。
目標を30%程度上回っているので、一旦報告することにしました。
2013年の目標~資産増とブログの充実を図りたい~


とはいえ、減る時はあっという間です。
引き続き逆指値をしっかり入れながら、
気を引き締めて臨みたいと思います。



上述の通り、為替では損をしましたが、
お蔭でマクロ動向にも気を配れるようになりました。


損をするまでは、
米国の株価を気にしたことがなかったし、
雇用統計も見ていなかったし、
日本の売買代金も調べたりしていませんでした。


個別企業のファンダメンタルを追っていたあの頃よりも、
今の方が投資判断のバランスが良くなっているという自負があります。



とはいえ、投資に失敗はつきものです。


自分自身バイサイドに属し、セルサイドの方とお話し、
極めて有能なリサーチアナリストやファンドマネージャーが、
経営陣に取材をして、
特許を調べて、
製品の良しあしを調べて、
念入りに念入りに企業分析をしてさえも、
「投資に100%の成功はありえない」
ことを身をもって知りました。



ネットの普及した今、
個人でも沢山の情報を得ることができます。
反面、情報は玉石混合です。


以前もブログに書いたことがありますが、
情報過多の世の中で、
何が正しいか、
何を選ぶのか、
は全て自分自身の手に委ねられています



自由であるが故に、
自分で出した結果は、全て自分の責任
だということです。


結果には、
良いものもあれば、
多くの悪い結果もあると思います。

それでも悪い結果を受け止めて、
なんとか前に進んでいきたいと私は考えているし、
そうしてきたつもりです。


結果として、
少しでも正しい選択ができるように、
私も鋭意努力しようと心がけています。


↓ここまで読んでくれてありがとうございます。良かったらポッチをお願いします

決算の印象5/9

kage

2013/05/10 (Fri)

天気のいい日は富士山が見える海辺に近い所で新生活を始めたaako01jpです。
納車が済むまで、片道10キロを自転車で走り抜ける毎日です。


今日は決算多かったですね。
このメモは一部のファーストインプレッションです。


~家電量販店~
8282ケーズデンキの今期見通しは6.7%の増収を計画。
9831ヤマダ電機の増収率は、ベスト電器の通期寄与を除いて5%程度という所でしょうか?
2730エディオンも5%増収くらい出るといいな~と思いつつ、
上記二社と違って新規出店が少ないはずなのでそんなに期待できないかな。


ケーズ電機の4月月次は98.7%と前年同月期比で減少でした。
昨年の家電量販店の月次は4、5、6月と月を追うごとに悪くなっていきました。
対して、各社の見通しを見る限り今期はしり上がりに上がるイメージがあります。

月次動向は5月あたりにプラスに転換するターニングポイントを迎えると感じており、
注視しています。


~5706三井金属は今期も不発かな~
いつも心の中で応援している三井金属。
薄くなればなるほど高価になる銅箔に注目しています。
薄くなればなるほど付加価値がついてくるスマホ向け極薄銅箔で圧倒的な存在だからです。

単純な話しで薄くなれば銅の使用量は減りますよね。
しかし、付加価値は高くなるのがポイントです。

でも、汎用伯の落ち込みのせいか、前期の実績も今期の見通しもいまいち。
リサーチ時代に金属に愛着が出て以降毎年応援しているのですが、
なかなかうまくいきませんね。


~7122近畿車両は気になる~
近畿車両は見通しこそぼろくそですが、
昨年度の第2四半期辺りから受注残高が積みあがっているのが気になりますね。
受注残高は今期見通しの売上高140億円に対して、3倍程ストックしています。
15年3月期辺りにのってきますかね?

気になった決算と5月7日引け後の投資ポジション

kage

2013/05/08 (Wed)

ドンキーで新生活アイテムを買うのって楽しいですよね。
先日、シャンプーの成分、良し悪しに詳しい方と話した経験がいき、
色んな商品を比較検討していたらあっという間に数時間たってしまったaako01jpです。
結局、クリュサボンの石鹸シャンプーを選んで使っています。


7日に本決算を発表した家電量販店のノジマの見通しは5%増収と四季報並みですが良い印象でした。
三井物産なんかも良かったですね。


主力銘柄の一つとなっている船井電機も良い印象です。
一番重要な米国での業績モメンタムが良くなっているためです。

米の消費動向は良好な状態が続いているし、
業績の足を引っ張っている国内も底打ちの気配がある。
加えて、M&A分の業績寄与があることを思えば、
発表された残念な見通しを超過するのは安易ではないかなぁと感じました。

あくまで第一印象ですけど。


■5月7日引け後の投資ポジションです。
ちょっと家電に偏ったポートフォリオです。
メディシスは見通しが低かったことから一旦外しました。
保守的な見通しだと思いますが、次の決算が出そうになるまでは様子見だと思います。


2730エディオン20%
3036アルコニックス13%
4686ジャストシステム13%
6703沖電機3%
6839船井電機25%
8707岩井コスモ16%

他・余力10%

計100%
※投資余力の中で15%程度変動したら報告しようと思います。
※レバレッジは1~3倍で。今は2倍超でポジション作っていることが多いです。

初めての気功(片野貴夫さん主催)

kage

2013/05/04 (Sat)

今GWは新居探し、車探しなどで忙しいaako01jpです。


併せて、腰痛対策も施したいと考えている折、
「気功治療大全」などを著書に持つ片野貴夫
さんが主宰する気功教室に行ってきました。


私は脊椎分離症持ちです。
中学時代にやっていた硬式野球のトレーニングが原因で、
高校・大学で所属した柔道部でもかなり苦労しました。


これまで東洋医学というものは試す機会がなかったのですが、今回初チャレンジ。
正直理解できない話しも沢山ありました!

しかし論より証拠とでも言うべきか…
診ていただいた腰には、
激効果的
でした。


私の独断で話すと、
東洋医学では症例が医者に見えて患者に「見えない」、
西洋医学はレントゲンなどを用いて患者も「見える(やすい)」
というイメージがありました。


東洋医学はなんか神秘的とか、あやしいなぁと感じていましたが、
不思議と効くもんだなぁというのが実感です。
まだ初日の感想ですが、
先生も「もう来なくて大丈夫」
とのことで次はいかないかもしれないのでメモを(笑)


何千年もの間症例を積み重ね、有効策を研究してきたという点は
西洋医学も東洋医学も共通です。
なかでも有効だと思われている対策が今も伝えられている訳で、
先人の知識や対策にはもっと見聞を広げるべきと感じました。


気功の動きで付加のかかる感じもインナーマッスルに似ているなぁと感じたし、
視野を広く持って何でもチャレンジしてみようという気持ちになっています。
腰痛持ちは試してみてはどうでしょうか?
ちなみに2000円でした。
そして片野さんは現代人に少ない強烈な個性を感じる70才(確か)でした。

4350メディシスとファミマの提携は効果的&4月の結果

kage

2013/05/02 (Thu)

~ファミリーマート(コンビニ)と提携は効果的な印象~
増やしていた4350メディカルシステムネットワークがファミリーマートとの提携報道で急騰。
システムの将来性に投資しているメディですが、
正直調剤部門は中小の連合感があり、
ドラッグストアの調剤などに喰われそうな印象をリスクとして感じていました。


今回の提携は直営店のみならず加盟店も含まれています。
調剤部門の競争力を高めるだけでなく、
ネットワークに未加盟の調剤薬局がシステムを導入したくなるメリットにもなる

、ということが連想できる今回のファミリーマートとの提携は好印象です。



コンビニは惣菜のみならず野菜などの取り扱いを本格化しています。
価格面も含めて従来のコンビニから大きく変化している所なので、
主婦層など少しでも多くの潜在顧客に触れてもらう機会を欲していると感じています。

調剤薬局というコンテンツを組み込むことで、
普段足を向けない人たちが来店する可能性も高くなると思います。


利用者としても何かをしながら待てるし、揃えることが出来るというメリットがある。
調剤薬局側(特に従来型の小さい箱型)も利便性という魅力を手に入れることが出来ると思います。


ざっくりした感じですが、新しい業態として結構可能性があるのでは?
と感じています。


■4月の成績&5月2日前場時点の投資ポジション
4月+70%
1-4月累計+160%



4月はいい月でした。
このままこれが達成できればいいのですけど…
2013年の目標~資産増とブログの充実を図りたい~
5月から場に張り付けなくなるので、逆指値をしっかり入れて頑張ろうと思います。


メディやアパもうまく行きましたが、大きな成果を挙げたのはこの二つです。
6703沖電気①~会社最大のがんを摘出、13年度経常利益は2倍増超の250億円超えか!?~
投資ポジション変更~8707岩井コスモ短期一極集中の型~




ポジションは出遅れ株を物色中。
5月1日に発表された松井証券の月次を見る辺り証券増やそうか考えています。
それとエディと船井が5月1日に揃って下方修正を発表。
これで目先の悪材料も出尽くしかなぁと素直に受け取って、
先日のアイデアにのっとって、増やしています。
割安感のある2730エディオンが買収される可能性とタイミング①
3036アルコニックスは商社から脱皮?ニッチな高収益部門を多数抱える製造業に


2730エディオン16%
3036アルコニックス14%
4350メディカルシステムネットワーク10%
4686ジャストシステム14%
6703沖電機3%
6839船井電機27%

他・余力14%

計100%
※投資余力の中で15%程度変動したら報告しようと思います。
※レバレッジは1~3倍で。今は2倍超でポジション作っていることが多いです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。