aako01jpの株式で一発逆転  ~個別ファンダ中心~

元英系バイサイドアナリストのコネも裏もつてもない、しんぷるアイデア投資Blogです。

2013 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2013 04
このエントリーをはてなブックマークに追加

消費者が保険を選ぶ時代が到来② ~8767ウェブクルーに注目している訳~

kage

2013/03/31 (Sun)

■消費者が保険を選ぶ時代が到来②

どうも情で保険を販売されることが嫌いなaako01jpです。
このメモは保険業界の不思議と注目している関連銘柄です。


保険業界に最初におかしいなと感じたのは、
「aako01jpさんが~歳までに死亡した時はうん千万円がおりますよ」とか
「aako01jpさんが入院した時は一日~万円がおりますよ」とか
とにかく供給の話が多すぎる
ことです。


そこで、
「適用期間中に保険が下りる状況になる確率を教えてください」
と聞いてきましたが誰も教えてくれませんでした。
保険は数字でガチガチに構成されている商品なんですけどね。


保険は人生のうちで家につぐ大きな買い物です。
それなのに、供給ばかりで、
給付される確率は分からないなんて適当な話しありますか?
宝くじ買うつもりならいいけど、私はどうも好きじゃありません。


これが投資している製造業だとしたら怖いですよね。
社運をかけて大きな製造能力をこさえました。
きっとこれだけ売れると思うけど、需要は全くわかりません。
と言っているのと一緒です。


ある意味勇気がありますけど、怖くて買えませんよね。


もし、私が供給の話しだけで上司にリコメンドしたら
「IRの話を鵜呑みにするアホなアナリスト」
とかレッテルを貼られて干されると思います(笑)


結局理論価格みたいなものを出したくて厚生労働省とかからデータ引っ張ってきて、
試算はしましたけど(笑)


そういう意味では、保険を比較できる店舗が増えていくというのは、
金融商品に対する国民の民度を上がるいいことだと感じています。




~大手4社の店舗数は3年で倍増、今後2年で倍増~
保険の相談・比較ができる来店型の保険マーケットシェアの急速に高めています。
来店型最大手の「保険の窓口」の保険取扱いシェアは2%を超えたようです。


3月4日の日経によれば、来店型大手4社のおよその店舗数は以下の通り急拡大しています。
2009年6月末…300店
2012年末…600店
2014年末…1100店超

このようにとんでもないスピードで拡大しています。
(特に出店ペースが高いのはみつばち保険ファーム)


実際、業界二位の「保険見直し本舗」を運営する8767ウェブクルーの保険サービス事業の売上高の推移は
09年9月期41億円
12年9月期101億円

と倍増しています。
※ウェブクルーは佐々木健介・北斗晶のプロレス夫妻が出てくるCMで有名ですよね。
CM


ただ、そのウェブクルーの株価は会社予想PERで6倍と冴えません。
来店型保険が主力の保険サービス事業の成長鈍化懸念と、
比較サイトの運営事業の苦戦が要因だと考えられます。


実際、第一四半期の保険サービス事業の売上高は2%程度の増収でした。
通期でも9%増収に留まる見通しで迫力はありません。


一方で、トラックレコード(過去の予想に対する実績)が良いことが多かったので、
そこらへんを見極めて投資するか考えたいと思っています。


もし、うまく変化をとらえることが出来れば大きなリターンがとれそうですからね。
ちなみにライフネットは月次の成長率が鈍化気味なことからやはり
要チェック企業止まりです。

消費者が保険を選ぶ時代が本格的に到来①

kage

2013/03/30 (Sat)

お蔵入りしたつもりのメモが3月30日の朝4時にアップされてました。
いやぁ焦った。
このメモは二部構成で、後日マーケットのことや銘柄を交えたものをアップします。

以下本文


保険業界が熱いですね!

最近では従来の漢字系生保に変わり、
保険の相談・比較ができる来店型の保険マーケットシェアの急速に高めています。

極めて高い商品競争力&提案力を持つソニー生命やオリックスなんかはどこの来店型でも
主力として取り扱われているように見え、売れる商品も二極化しているように感じます。

ただ、一方的にやられていた漢字系生保も価格戦略を一部見直すなど、
なんか競争原理が働いてきたな~と感じます。

サービスを受ける側としては嬉しいことですよね。
今後は、TPPにより競争力の高い商品を持った黒船の来航が予想されます。
するとより一層この流れは勢いを増すでしょう。

消費者が保険を選ぶ時代が到来しており、
来店型やネット生保を経営している上場企業に注目している

aako01jpです。


以前も書きましたが、(個人的な見解として)保険は
「保険を買う≒ベンツを買う」
という図式が成り立つくらいの高額商品なのに、
情で売る人、なんとなく買う人が多い現状に疑問を持っています。

国民の90%以上が保険に入っているのに、
しっかり保険の内容を語れる方ってどれだけいるのでしょう?
ある資料を見ればおよそ半数の人は理解していない、もしくは不安を抱えている、とのことでした。

ほんと、これって異常事態ですよね。

これまで漢字系生保が適当な販売やってきたつけが、
保険という商品の品位を下げ、
しっかりした保険を選ぶという「文化」の定着を遠ざけてきたのでしょう。

そんな中、今は相談しながら最も競争力の高い商品を選びやすい
来店型のマーケットシェアが急上昇中です。
上場企業でいえば、8767ウェブクルーが「保険見直し本舗」、
8798アドバンストクリエイトが「保険市場」を展開しています。

2013年3月9日号のダイヤモンドではその弊害(窓口のことやインセンティブのこと)も書いてありますが、
比較できるという業態は今後もシェアを高めていくと感じています。

2013春四季報で見つけた気になる銘柄~Una Mattinaを聴きながら~

kage

2013/03/27 (Wed)

期待していた映画「最強の二人」を妻と見ましたが最高に良かったです。
「人間っていいなぁ」
、と心がとても暖かくなりました。
以来、劇中のピアノ曲をずっと聞いています。
Una Mattina

この曲を聴きながらブログを読んでいただいたら、
何かいいブログに見えるかもしれません(笑)

そういえば、四季報読みましたか?
1000番台と9000番台を除いて概ねチェックが終わったaako01jpです。
悔しいほどに個人投資家のバイブルですよこれは。


~今回気になった新規銘柄を前回同様にピックアップ~
前回新春号でのメモ

2730エディオン…消費税駆け込み&エコポイント一巡&買収のターゲットにならないか?
2766日本風力開発…売電価格上昇で来期黒転へ…風が吹けば(笑)
2876ジューシーコムサ…安い、好業績
3038神戸物産…足元悪いが、店は使いやすいし、バリエーションも安い
4755楽天
6444サンデン…コンビニ向け冷機好調、為替感応度大、構造改革効果で来期大幅増益
6747KIHD…継続疑義回避、訴訟減、営業外費用の安全対策費減による増益、不安軽微に
6804ホシデン…韓国通信大手向け好調持続?
6889オーデリック…住宅用LEDが好調(実家にもリモコン付き照明があった)
6890フェローテック…継続前提の疑義
近畿車両…業績ボロボロ、競争環境悪化
7201日産自動車
7561ハークスレイ…不採算店舗閉鎖による来期増益期待&
輸入規制緩和による米産牛肉関連でも期待。
8263ダイエー…買収ターゲット&小売り事業の利益がもし
業界並みになれば業績大改善(共同購買など)


以上が特に気になった銘柄です。


業績急回復期待&バリエーションが安いサンデンやちょいちょい投資しているKIHDが前号に続いてエントリー。
中でも特に注目しているのが、エディオン、丸紅の保有株売却で既に話題になっているダイエーの二社。

企業規模がかなり大きい割に営業利益率が業界大手と比較して非常に低い両社。
売上高7000~8000億円に対して時価総額は400億円程度。
買収を画策する企業としてはコスト削減で有効な購買力強化を狙うにはいい規模だし、
コジマやベスト電器のようなパターンが十分考えられると感じました。


今後消費税駆け込みや所得増加による恩恵があるだろうから、
業績が悪く、時価総額が低い今
なら大手による買収可能性もありそう

と、感じました。
ハークスレイなんかも見た感じ良さそうだし、
ここらへんから新規投資先が出てくると思います。

3.22引け後ポジションと他

kage

2013/03/25 (Mon)

キプロス情勢、どんどん高額預金者ねらいになっている感じがありますね。

土曜日は柔道部の後輩の結婚式。
朝10時から夜の12時まで遊び尽くしてきました。
久しぶりに飲んでいて色々思い出したaako01jpです。

鏡月の鏡月割りとかね。
おかけで週末はダラダラとベリタス読んだくらいで特に何もしていません(;^_^A

また、体重72kgと目標に掲げたものの、100kg近いやつがゴロゴロいた空間に癒されてしまって、早くも心が揺らいでいます。
どうでもいい話題ですけど^_^;

3.22引け後のポジション

割合は低かったですが、オーイズミの急騰はちょっと痛かったです。入れていた逆指値を一部すっ飛ばして上がってしまって(; ̄ェ ̄)。


3036アルコニックス11%
4350メディカルシステムネットワーク12%
4686ジャストシステム6%
8515アイフル8%
8707岩井コスモホールディングス26%
8907フージャースコーポ12%

他・余力25%

計100%
※投資余力の中で10%程度変動したら報告しようと思います。
※レバレッジは1~3倍で。今は2倍超でポジション作っていることが多いです。

気になったニュースと3月19日ひけ後のポジション

kage

2013/03/21 (Thu)

機関投資家の空売り規制の緩和について日経で記事が載っていましたね。
成り行き売りが可能となることでおよそ1000億円以上売買代金を押し上げるとのことでした。
これはまた証券業界にとってはいいことですね。
流動性が増えるという意味で。

それと9204スカイマークの減益幅が会社想定よりも縮小するという記事も印象に残りました。
この大相場でまったく相手にされていないスカイマーク。
既存機よりもかなり燃費の良いA380を使った欧州航路では戦略的な価格を打ち出すようで、
高単価路線のシェアを奪うのではと期待を寄せています。
時期は先ですけど。

業績底打ち感が出てくればこの出遅れ株も意外と面白いかな~と考えていてまぁチェック中です。

それとカジノに関係ないオーイズミがカジノ関連としてどうどうと上げていますね。
「ひぐらし」、「喰霊」に続く怖カワ?パチスロ投入の情報が漏れているのならまだしも、
何故だかわかりません。チャートもいいし、ちょっと慎重に臨もうと思います。

■3月19日引け後ポジション
キプロスショック(ユーロ離脱)が実現しそうですが、マーケットの興味は薄そうですね。
本当に離脱したらかなり大きな転換期になると感じますけど。
400円台ならアップサイド大きいかなと感じているアイフルに久しぶりに参加。
ただ、円滑法終了間近で何も緩和の話が出ないとこをみると議論が進んでなさそうですけど。


4350メディカルシステムネットワーク7%
4686ジャストシステム4%
6758ソニー11%
8515アイフル8%
8707岩井コスモホールディングス25%


6428オーイズミ-7%

他・余力38%

計100%
※投資余力の中で10%程度変動したら報告しようと思います。
※レバレッジは1~3倍で。今は2倍超でポジション作っていることが多いです

2013年の目標~資産増とブログの充実を図りたい~

kage

2013/03/20 (Wed)

もう桜の咲く季節になりますが、
2013年の目標をここに記しておきます。



・2013年初から資産3倍増
・週三回以上ブログを更新する
・一日平均500人超のアクセス(役に立つ情報発信)
・TOEIC700点
・愛妻に月給以上のプレゼント
・家族で海外or未踏地への旅行
・体重72kg(5kg減)
・週一回以上料理することを継続する
・上記5つ以上の達成



以上、9個。
一つでも多く達成できるように頑張ろうと思います!!



資産に関しては、投資ポジションに加えて月間の増減率を報告していこうと思います。


2012年は12月10日に報告した通り、
12月7日までの5か月間で4倍増を達成しました。

以降のアベノミクス相場にも支えられて最終的に当初から6倍増となりました。


2013年は現時点で40%増(年初比)というところです。
TOPIXが20%強上昇しているのでちょっと物足りないですが、
順調な感じがします。


健康もさることながら、苦労をかけている妻にも何か報いたいと思います。


そして、ブログ関連は是が非でも達成したいと意気込んでいます。


正直な話し運用は失敗がつきものです。
また、人それぞれ負えるリスクは千差万別です。
リスクテイクという面で私は特に高い部類だと思っています。


成功する自信やイメージは持っているものの、
いつ何が起こるかは分からない恐怖はいつも隣りに感じています。


ですから、このブログでは同じ個人投資家の皆様に
「こういう考えもあるんだ」
と感じてもらうことに重きを置いています。


情報過多の世の中で、何が正しいか、
何を選ぶのかは全て自分自身の手に委ねられています



少しでも正しいものを選べるように私も鋭意努力しようと思います。


では、皆様のご武運をお祈りいたします。

キプロスショック&3月15日の引け時点の投資ポジション

kage

2013/03/18 (Mon)

キプロスは初のユーロ脱退国になるのでしょうか?
取り付け騒ぎへの懸念からは
火曜日は臨時の休日、水曜日も臨時休日になる可能性もある
みたいです…

日経に記事が出た金曜日もしくは土曜日の時点では、
→口預金口座を持っている一般のキプロス人に対し、6.75%課税

でしたが、
→10万ユーロ以上の大口口座に対して9.9%より高い税率を課す

に方向転換しているようです。
どちらにしても国民はやり切れませんね。

ユーロの枠組み、ユーロという存在の転換期になるやもしれない出来事に、為替はとんでもないことになっています。
月曜日の朝は4%の円高ユーロ安で始まっています。
分かりやすくいうと、レバレッジ25倍でフルに投資している方はトンデマス。

朝起きたら壊滅的な含み損。
怖すぎますよね


3.15引け時点の投資ポジション
短期投資のメッセージは目標の23万円台には届きませんでしたが予定通り売却しており、月曜日中になくなると思います。
今日のメモの事も考えて、今週は少し慎重に投資したいと思います。
※矢印以降は9:15時点です。訪れるかもしれない買い場で機動的に動けるように余力を増やしました。

2400メッセージ13%→0%
3036アルコニックス6%→3%
4350メディカルシステムネットワーク10%
4686ジャストシステム7%
6747KIホールディングス4%→0%
8707岩井コスモホールディングス25%→0%
8940インテリックス5%→2%

6428オーイズミ-4%

他・余力25%→68%

計100%
※投資余力の中で10%程度変動したら報告しようと思います。
※レバレッジは1~3倍で。今は2倍超でポジション作っていることが多いです。

5423東京製鉄が売上高を上回る巨額減損を発表~個人的にはポジティブ~

kage

2013/03/15 (Fri)

田原工場、いつかいつかと言われていたけれど…
5423東京製鉄、思い切りよすぎでしょう( ゚д゚)

売上高を上回る驚愕の減損発表ですね!!!!
これでも存続できる辺りが一般電炉と他の製造業とちょっと違う所ですよね!!

とりあえず、ポジティブな意味でかなり興奮してます。
タイミングいいですしね!

結論を言えば、
ストロングバイ銘柄になる可能性が極めて高い
と思います。(個人の感想です)

理由は単純で、
これから本格化する競争条件の好転

14年3月期の減価償却の激減

、という二要因です。
償却の影響額は三桁近くいくんじゃないでしょか?

とまあ、完全に勢いで書いたファーストインプレッションメモです。

しかし、こういうことを増資の不安もなくできるのは、
過去の経営の賜物だと思います。

嫌いな人は多いかもしれないけどね。。

月曜日はマーケットはどんな反応でしょうかね~
未保有なので、
願わくばストップ
とかになって欲しいものです。

ちなみに今回の修正で売上高見込みは1360億円となり、最終赤字は1460億円を見込んでいます。
ちなみに発表前の純資産は2063億円です。

3月14日後のポジションと他~2267ヤクルトの乳酸菌は世界で増殖中!?~

kage

2013/03/15 (Fri)

本日15日は四季報の発売日ですね。
貴重な情報源に心躍るaako01jpです。
今号で超重要なのは「来期の見通し」です
他のチェックポイントはこれ→四季報要チェック項目

何か面白い銘柄見つかればいいなぁと思います。


下は自分用のメモと投資ポジションです。

<8591オリックス宮内さん>
「グローバル企業の条件としてROE10%と考えている」
買収したロベコはリーマンショック時を除いて過去10年で預かり残高が増え続けている。
元株主が少数株主として残るのは、
ロベコの弱点(アジア)をオリックスの販路を使えば補完できると考えているからだ。
※ロベコの12年度は純利益200億円、ROE14%。

<2267ヤクルト本社、アジア・オセアニアの営業利益が急増中>
ヤクルトの乳酸菌、めっちゃ強いですね
レディを増殖させながら、世界でファンも急増殖中

というところでしょうか。
美味しいですしね!

12年度第三四半期までのアジア・オセアニア地域の業績は売上高303億円(前年同期比27%増)、
セグメント利益74億円(同64%増)。
全体に占める利益割合は25%を超えました。
来期には最大の稼ぎ頭になることはほぼ確実でしょう。
ダノンや多くの投資家が長期保有銘柄として保有する気持ちが分かります。


■3月14日引け時点の投資ポジション
短期ポジが大きいのでポジションぱんぱんです。
破裂しそう。
東証の売買代金の推移を見て先週から岩井コスモを再び増やしています。
東証の日々の売買高の推移を見ていると証券株の前回の全盛(2005年夏から2006年年初)
時と重なるものを感じます。
「歴史は繰り返す」
のか注視しながら投資しています。

短期売買の2400メッセージは一時ポートフォリオの30%を一気に占めましたが、
13日に1/3を利確しました。
残りは少し欲張って23~24万円(8万円下落したうち3~4万円の戻り)
辺りで順次売却できればな~と考えています。
21万の真ん中当たりに逆指値を入れて。
ショートも短期投資なので、すぐになくなると思います。
減らした分は今あるポジションと新規の不動産関連を買うのに使う予定です。


2400メッセージ20%
3036アルコニックス3%
4350メディカルシステムネットワーク10%
4686ジャストシステム20%
6747KIホールディングス5%
8707岩井コスモホールディングス23%

5727東邦チタニウム-4%
5809タツタ電線-4%
6428オーイズミ-4%

他・余力7%

計100%
※投資余力の中で10%程度変動したら報告しようと思います。
※レバレッジは1~3倍で。今は2倍超でポジション作っていることが多いです。

思わず2400メッセージに飛びつく

kage

2013/03/13 (Wed)

いちよし証券によればSNSゲームマーケットが、
13年は11%増の5200億円になるとどこかで見ました。
金曜日に発表した3656ポールトゥウインの2014年1月期見通しは、
買収効果もあって19%増収0.4%営業増益という水準でした。

ただ、SNSゲームマーケットの見通しなんかを見ると、
2度上方修正した前期のような展開もありそう~と感じたaako01jpです。


それと2400メッセージが
7~14%の希薄化を伴う新株予約権を発表してから
株価が30%弱下落しています。

ド短期ですが、優良企業のあまりの急落に思わず飛び乗っています。

当時高かった一時金を手頃な価格に抑えた顧客目線の価格戦略で、
あっという間に有料老人ホーム「アミーユ」を全国展開した同社。
開設後すぐ埋まってしまう人気ぶりは今も変わらず有名です。

現在は事業モデルの変革期にあたりますが、
過去のトラックレコードを見ると思わず手が出てしまいます。

短期で持ってもいいし、スイングしてもいいしって感じです。
上がるといいなぁ

売買代金が2営業日連続で3兆円前後まで躍進~昨年央の3倍~

kage

2013/03/12 (Tue)

8585オリエントコーポレーションの大幅な下方修正は株価に大した影響なかったですね。
マーケットは利息返還損失引当金を積むことに対して寛容になってきた感じがします。
本決算までに、
消費者金融業界のどこかが引当金損失計上→下方修正→不安が再度広がる→株価下落、
という可能性は杞憂に終わりそうです。

そういえば、
東証の売買代金が2営業日連続で3兆円レベル
でしたね。
ベリタスなんか見ていてもまだまだ買い手は存在するという論調ですし、
3月以降一日の平均売買代金が3兆円を超える月が出そうな雰囲気です。

それを踏まえると、証券株はまだまだ評価の余地がありそうですね。
特に岩井コスモあたりは2倍以上狙える感じがかなりしてきました。
そのうち考え方も書こうと思います。


■3月11日引け時点の投資ポジション
先週から岩井コスモを再び増やしていますが、いいタイミングだったようです。

3036アルコニックス4%
4350メディカルシステムネットワーク13%
4686ジャストシステム23%
6703沖電気4%
6747KIホールディングス4%
6758ソニー8%
8707岩井コスモホールディングス13%

5727東邦チタニウム-12%
5809タツタ電線-3%

他・余力16%

計100%
※投資余力の中で10%程度変動したら報告しようと思います。
※レバレッジは1~3倍で。今は2倍超でポジション作っていることが多いです。

3036アルコニックスは商社から脱皮?ニッチな高収益部門を多数抱える製造業に

kage

2013/03/11 (Mon)

土曜日はお酒の好きな大学の恩師の家でパーティでした。
いつもお酒にあう料理を振る舞ってくれるのですが、
その品々がいずれも絶品で、
星付きレストランで食事したような時間を過ごしてきたaako01jpです。
今では趣味と公言できる料理も、
もとは先生の家で食べた料理を再現しようと思ってはじめたんだっけと思い出しました。


ちょっと前ですが、何度か書いている3036アルコニックスが、
またまた高収益製造業(大羽精研)の買収を発表しましたね。

レアアースで注目された当時はちょっと変わった商社でしたが、
2014年3月期あたりからは製造業から上がる利益が全体の半数を占める
半製造業社となりそうです。
※以前のメモ→アルコニックス、大型買収発表で株価も大化け!?

ニッチ分野で高シェアを持つ製造業の買収を積み上げた結果、
中期計画通り14年3月期は経常利益38億円程度(EPS約350円)が期待できそうです。

3月8日時点の株価が1652円、来期予想PER5倍以下、PBR約0.7倍という水準。

業態の変貌に加えて、アップサイドも大きいことからマーケットでも注目を集めるかもしれません。
予想ROEから考えた理論PBRが2倍程度とアップサイドが大きいことから、
ちょいちょい集めています。


製造業の中でも自動車・半導体業界関連の製造部門の強化が急速に進展しています。
しかも、今回は逆のれん代が発生?
純資産に対してかなり安く収めたように見えます。

内容を見ていると、
大羽精研は日本のお家芸と言える半導体製造装置に使われる
チップマウンター用のヘッド部分で高いシェアを持っているようです。
以前買収した大川製作所も製造装置関連だったので、
製品内のシェアが上がりそうな感じからもいい印象を受けます。

大羽精研の24年7月期並の業績は経常利益4.7億円、純利益2.8億円という水準。
14年度も同様の水準が期待できれば経常利益12億円程度、
純利益は7億円程度の上積みが期待できます。
※univerticalは税前利益12億円、のれん4億円強(22億円発生を5年定額償却)という前提。

結果、レアアースの減速で達成が危ぶまれた中期計画も、
M&Aを推し進めたことにより達成できる可能性がかなり高まっていると感じました。
PBRと相関の高いROEが15%であれば理論PBRは2倍程度が期待できます。

株式マーケットで評価されるためには継続して高い収益を出すことが大事な点だと思います。

その点、直近の買収案件は営業利益率が軒並み10%を超え、
かつニッチ分野で高シェア製造業という、
好企業が多いことから、
市況で変動しやすい業態からより安定的に高い収益をあげられる企業に中身が変貌していると言え
評価できます。

半導体製造装置業界は顧客が統合を繰り返したため、
装置自体に価格下落リスクが今後出てくる可能性があると言われています。
とはいえ、
それでも4~5年で元がとれ逆のれん代が発生しそうなこの案件は魅力的に見えます。

ブラック企業がなぜあるのか?&投資ポジション3月7日引け後

kage

2013/03/08 (Fri)

自殺志願者を背後から地上のマットに蹴り落としている救急隊の動画に衝撃を覚えたaako01jpです。
国はサウジアラビア、説得は2分でした。
思い切りの良さが気持ち良かったです(笑)

最近は不動産、倉庫、食料品、医薬品などで年初来高値更新が相次いでいますが、
このセクター上がっても恩恵がないので傍観しています。
それじゃあいけないんでしょうけどねぇ

マーケットはそこそこにこのコラム面白かったです
ブラックな企業をなくすには、日本の"イエ"文化を解体するしかない

どうして、法治国家の日本から最低賃金、サービス残業で正社員を使い倒す
ブラック企業が生まれたのか?
、という内容です。


ちなみに私はこれまでずっと裁量労働者でしたが、
労働環境で不満があったことは一度もありません。

飲みが多くて困ったことはありますが、
いずれも人に恵まれ、
知的好奇心が満たされる、
素晴らしい環境だったなぁと、
振り返れる私は運が良かったなぁと感じます。
たま~に会社のソファで寝込んで帰れないこともありましたけど(笑)


■3月7日引け時点の投資ポジション
来期見通しが悪そうな銘柄をド短期でショートしているので
ネットロング26%という水準になっています。
ロングはアルコニックス、沖、アイフル、岩井コスモあたりを増やしたいと考えつつも、
調整がないので入りにくいという日々が続いています。

4350メディカルシステムネットワーク14%
4686ジャストシステム20%
6703沖電気5%
6747KIホールディングス4%
6758ソニー5%

5727東邦チタニウム-13%
5809タツタ電線-9%

他・余力30%

計100%
※投資余力の中で10%程度変動したら報告しようと思います。
※レバレッジは1~3倍で。今は2倍超でポジション作っていることが多いです。

中国の労働人口減少、給料上昇がチャンスとなる銘柄

kage

2013/03/07 (Thu)

5日のニュースは盛り沢山でしたね。
シャープとサムスンが提携だなんて!?
ダウは2007年10月以来5年五ヶ月ぶりの高値を更新しましたし。

中でも気になったニュースは
「中国の労働人口が減少に転じたこと」です。


~中国の工場のオートマシーン化が進む背景~
中国は2012年に初めて労働人口が減少に転じたようです。
一人っ子政策によるもので、

今後数年間はずーっとこんな状況が続くと予想されます。

生産者の悩みの種は労働者の確保です。
若者は人気で採れない、旧正月で帰ってこない人が多い状況下にあって、
現在では高齢の労働者を採用する動きが本格化しているようです。

ビジネスサテライトに出ていたある経営者は
「心配なのは年配の労働者もいなくなることだ」
とコメントしていました。

極端な例だとは思いますが、
中国のブルーワーカーの需給動向は急激に改善していることが賃上げ状況から伺えます。
賃金の上昇圧力は、一時より落ち着いてきた2012年すら、
年間8%強伸びるなど右肩上がりの状況が続いています。

現地労働者は月給3万円と言われた頃からこの数年間であっという間に、
2~3倍も跳ね上がりました。

その労働人口はニュースの通り2012年から減少に転じました。
一時は落ち着いた
賃金上昇率が再び急カーブを描く未来が来る可能性は大いにあります。


そこで現地の製造業を中心に重要となってきているのが
省人化≒オートマシーン化
です。

例えば、電子機器の受託製造で世界一の
フォックスコン(ホンハイ)は40万人いる労働者をオートファクトリー化を進めることで、
半分以下にする見通しを立てているようです。


日本企業でも省人化や他のアジアに拠点を作ったり慌てて対応しているところですよね。

こういったことを踏まえると、
漠然としながらも
ロボットなどの省人化関連で強い企業は有望そうだなぁ
と改めて認識しました

ブログでも紹介している銀行窓口の省人化で活躍しているATMの現地筆頭メーカーの沖電機やオムロン、
ほかにも安川電機、ファナック、他工作機械関連、なんかは調べれば面白そうだなぁと感じました。

8515アイフルが十数四半期ぶりに前四半期比で増収に転じる&投資ポジション

kage

2013/03/05 (Tue)

決算をもとにチェック企業のアップサイドとダウンサイドを急いで見直しているaako01joです。

昨年末からのマーケット上昇でアップサイドが減少したチェック企業が多いですからね。
とはいえ、2月は新規銘柄のKNT-CTの買いとスタートトゥの空売りで7か月ぶりに月間損益がマイナスになったんですけど(;^_^A

チェック企業と言えば、さりげなく
8515アイフルの10-12月の営業収益が7-9月期よりも増収になっていました。
10-12月は252億円と7-9月より5億円の増収でした。
無担保ローンは減少しましたので、その他の部門で増やしたという状況です。

3月1日発表の四季報(ネット)では14年3月期は10%弱の減収、同20%営業減益を想定していましたが、
四半期ベースの増収は十数四半期ぶりのことなので、
業績モメンタムが変わってきたことを象徴している出来事だと理解しています

昨年末以降アイフル株には手を出していませんが、私は

過払い返還金の引き合は現状で十分だと認識している
アイフルの潜在過払い返還金額をざっくり試算~アイフル強気の根拠の一つ~

継続企業の前提の重要事象が外れるのは近い
8515アイフル~「継続性の前提に重要事象」が解除(外れる)される日は近そうだ~

と考えているので状況を見て投資を再開しようかと考えています。
減収から増収に変わるタイミングをしっかりと抑えることが出来れば、
現状より倍近いアップサイドが得られるかも、なんて考えているので注目中です。


3月4日引け時点の投資ポジション
ネットロング60%くらいという水準になっています。
ダイコク電気は短期。
アップサイドが大きそうなアルコニックスや沖、KI、ソニーなんかをそのうち入れようかなぁと考えています。

4350メディカルシステムネットワーク11%
4507塩野義製薬6%
4686ジャストシステム18%
4835インデックス3%
6277ホソカワミクロン11%
6430ダイコク電気13%

5727東邦チタニウム-8%

他・余力30%

計100%
※レバレッジは1~3倍で。今は2倍超でポジション作っていることが多いです。

マネックスの全額キャッシュバックキャンペーンで痛い目を見た

kage

2013/03/03 (Sun)

これはただのクレーム日記です。


今、マネックスが行っている
信用手数料全額キャッシュバックキャンペーン
信用取引手数料 全額キャッシュバックキャンペーン
で、痛い目を見たaako01jpです。

私は2012年の夏から信用取引を再開しているから無理だと思いながらも、
ダメ元で「信用取引再開者向け」の上記キャンペーンに応募したところ
「エントリーを受付けましたのでお知らせいたします」
とメールが来たので、
キャンペーンが適用されたと思っていました。

そのため、いつもより逆指値をきつく入れたりして1月も2月も10万円以上の手数料を払いました。
で、当然戻ってくると思ったら、
1月分の入金が全然足りない。

おかしいなと思って電話で確認したら、
「エントリーを受付けましたのでお知らせいたします」
は、誰にでも送るメールとのこと。

結論を言えば、私は対象外なので手数料の全額バックはないということでした。

対象外なら、対象外で
「あなたは対象外です」
というメールの一本でもくれればこんなこと起きないのに。

こっちは申し込んで、
「エントリーを受け付けた」
と、メールを受け取っているんだから、当然適用されたと思うでしょ。

そのくらいの対応してくれよってちょっと怒りモードになりました

こう感じるのはごくごく普通のことだと思うんですけどねぇ。


こんなバグ、
3657ポールトゥウイン当たりにデバック任せたらすぐ対応できそうですよね(怒笑)

20万円あれば、結婚記念日に頂くフレンチが何年か分食べれたなぁ、
なんてちょっと後ろ髪ひかれる思いをしたaako01jpです。


とはいえ、取引中イラッとしたことは初めてだし、
経営者が好きでマネックスで取引している訳なので、
継続して取引しちゃうと思いますけどね。

はぁ…。

皆様はこんなことないと思うけど、気を付けてくださいね。
ここまで読んでいただいた方、
つまらない愚痴に付き合っていただきありがとうございました

5727東邦チタニウムのスポンジチタンの減産発表とその見方

kage

2013/03/01 (Fri)

2月28日に5727東邦チタニウムがスポンジチタンのより一層の減産を発表しました。
スポンジチタンの減産と収支改善策

減産幅30%

という水準は、
09年10月から始めた55%減産につぐ規模
ですね。
足元の需要は弱く、貿易統計を見ていても、2013年1月までにスポンジチタンは3か月連続、
展伸材は9か月連続で前年同月比で2桁減となっています。


B787の先行きも暗雲が立ち込めていますし、
まぁ当分業績はだめなのでしょう。

一方で株価に関しては、今後半年間程度でチタン株を
「買える」
局面が来るかもしれません。
大幅減産という情報が出てくる辺り、
「これ以上悪い材料が出る可能性は低くなっている」
訳です。

考えられるこれ以上悪いニュースとなれば
「航空機のエンジン向けスポンジチタンにライバルが現れる」、
「新型航空機のエンジン素材に占めるチタン比率が下がる」、
といった競争力の根本を覆すものになるでしょう。


逆に、水面下で進んでいる大型鉱山の立ち上がり、B787の問題が解消ないし、対策が出てくる、
といったニュースフローが出るだけでかなりのインパクトが出てくるようになるはずです。

経験上、チタン株というのは業績が回復しそうな時に極めてパフォーマンスが良くなる
「the素材株」
の筆頭だと認識しているので業績の先行きが
「極めて悪い時」
は株としては買いに行ける訳です。

2月28日の終値は5726大阪チタニウムが1855円、東邦チタニウムが796円、という水準。
この水準から株価が2/3を切る水準(PBR1倍割れ)になればエントリーを考えようかな~と思っています。

投資するような時が来たら、またメモを書こうと思います。