aako01jpの株式で一発逆転  ~個別ファンダ中心~

元英系バイサイドアナリストのコネも裏もつてもない、しんぷるアイデア投資Blogです。

2012 12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2013 02
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

倒産危険度ランキングで気になった、4835インデックス復活の可能性?!

kage

2013/01/30 (Wed)

先週のダイヤモンド「倒産危険度ランキング」を見ていて気になったことを書きます。
※こういうの買ってしまうんです~香ばしい匂いがして


危険度上位に入っていた4835インデックスの財務部門のコメントが、
「経営基盤はようやく安定化してきた。
今後は直接金融など抜本的な財務改善を目指す」

というもので、とても気になりました。

結論をいうと、
希薄化2倍程度の増資(時価総額分)が実現できたら株価は上がるんじゃないか?
と感じました。
年末に第一中央汽船が商船三井宛の増資を発表した時のように、
希薄化よりも倒産リスク後退がポジティブにとられるケースになるうるのでは?
、ということです。

こんな感じで、今回は4835インデックスのメモです。
断っておきますが、これは投資アイデアでもなんでもありません。
私のムラッけと好奇心と妄想のメモです。



以下、詳細


4835インデックスはフューチャーフォン初期のコンテンツ会社代表のような企業でした。
一時は良かったのですが相次ぐ買収の失敗で、業績悪化、下方修正の連発、
を繰り返してきた株主泣かせの企業です。
2012年度の業績は売上高が200億円弱、営業利益14億円弱と利益は出るようになってきたものの、
有利子負債は200億円弱、
自己資本比率1%とかなり過小資本の企業です。

当然、継続前提の重要事象がついている企業ではありますが、
営業利益以下の業績は回復傾向にあります。

内部留保(マイナス)と有利子負債の多さが気になりますが、
利益やキャッシュのいりくりはそこそこで、
日銭は稼げるけど負債が重いというパターンのように見えます。
ダイヤモンドの指標を見てもそんな評価でした。


仮に希薄化二倍の増資が出来れば、70億円調達できます。
そうすると195億円の有利子負債、6億円弱の利息負担はかなり軽くなります。
この企業は倒産リスクを懸念されているため、
予想PERは10倍程度となっており、
希薄化してもPERは20倍程度です。

業績も回復傾向に見えます。
フューチャーフォンの月額課金会員数の減少をスマホ向けの会員増が補うようになってきていることが一点。
二点目は主力のアトラスブランドの新作投入がないにも関わらず、
第1四半期は営業黒字を計上しており、
もしかしたら黒字体質が定着してきているのかもと期待させられる点です。

有価証券が50億円程度あるので(半分タカラトミー株)、
短期的な倒産の可能性は低そう

だし……なんて考えてしまったaako01jpです。

香ばしすぎるけど、こういう銘柄も私は嫌いじゃなくて…

とはいえ、引き受ける立場になればかなりディスカウントしますよね。
上の妄想は都合が良すぎますわ。



【注意】
重ねて書きますが、これは投資アイデアではありません、
推奨もしていないのでその点よろしくお願いいたします。
ここまで書いたのでアップすることにしましたが、こんないい相場の時にわざわざ持つ必要はないですしね。
ただ、興味で書いただけなのであしからず。
スポンサーサイト

四季報を使った銘柄の探し方&1月29日以降の投資戦略(為替要因で競争に負けていた海外売が多い銘柄&外国人投資家比率が高い企業を探そう)

kage

2013/01/29 (Tue)

28日に発表された7864パイロットの上方修正凄いですね。
第4四半期(10-12月)の利益がすごい。これは、消しゴムで消せるボールペンが好調なだけじゃないでしょう。
海外売上高比率が60%超えていることを考えれば、今の為替環境だと13年度の見通しはかなり期待していいのかななんて妄想が膨らみつつあります。
調べたことなかったけど、見直し余地大きいんですかね!?

なんて…、決算見ながら次はどういう銘柄を組み入れるか頭を悩ませているaako01jpです。
今日は土日に考えていたマーケットの流れや、スクリーニングを使った銘柄の探し方や出てきた有望候補のことを書きます。
Bloombergがない今、四季報CD-ROMのありがたさが身に沁みます。


結論としては、
①海外勢の買い継続に加えて、新たな買い手(個人)が出てきたことを勘案して、順張り作戦を継続
順張り作戦を前提に
②外国人株主比率が高く、
③海外売上高の比率が高い


銘柄を沖やマネックス以外にも組み入れていこうとしています。
ウォン安でぼろ負けしていた電機・鉄鋼当たりから何か入れたいと感じている所です。


以下はそれぞれ詳細です。


~1月の投資主体別売買動向を見ると個人が買い始めている~
投資主体別売買動向なんか見ていると、ようやく個人投資家が買い始めてきた感じを受けます。
これまでのマーケットの主役は海外勢の買いでした。
実際、2012年の10月以降海外投資家の買い越しが12月までに約2.2兆円だったのに対して、
同期間の個人は1.3兆円の売り越しでした。
その個人も1月4日~1月18日までの売り越しが500億円に縮小しているみたいです。
個人の心境としては信用で損が出ていた分が回復して、
ようやく新規投資を始めようかなという頃間だと思います。
信用評価損益率なんかは高値圏を示唆していますが、
個人という新しい買い手がいることを考えれば、
順張り作戦を継続したほうがいいかなと感じています。
当然、逆指値は厳しく入れますが。


~海外売が大きく、外国人株主が多く、為替要因で韓国に負けていた電機当たりが組み入れ候補の有力~
その組み入れ対象ですが、10%のウォン高、20%の円安となっている現況を考えると、韓国との競争に負けていた業種が一番見直されそうです
結果、
為替要因で国際競争に負けていた海外売上高の大きい企業かつ、外国人株主比率が高い、銘柄が有望だと感じています。

ここからは四季報CD-ROMの出番です。
条件は、海外売上高の比率60%以上(180社該当)、外国人株主比率20%以上(300社該当)という条件です。
二つを満たしているのが50社程度あり、そこから業績が悪かったものを抽出すると…
中国塗料、マキタ、マブチ、TDK、ソニー、村田、マキタ、キャノン、任天堂、車大手、ウシオ、東京エレク、なんかが出てきました。
なんか如何にもって感じの銘柄ですが、こういう時はここら辺は持っといたほうがいいのかなぁと迷っています。
なかでもソニーは凄いですね。

ユーロ安による業績回復期待、米本社、電池売却による格下げ回避、などを評価して、アナリストのレーティング、日経、ヴァリタスなどでもソニー株の動きが取り上げられるなど、一気に材料が動いている感じがします。

チャートもすごいことになっていて、29日に窓を空けて場が始まればチャートは、
三空踏み上げを形成する可能性がある状態です。
三空踏み上げってこんな大型株ではそうそうないですよね。
それだけ買い意欲が強いということの裏返しだとも感じているので注目しています。

投資対象の探し方

kage

2013/01/26 (Sat)

今回は私の投資対象になりやすい銘柄についてです。
私自身へのメモということで。


私が投資するときに一番重要視しているのは、
業績の変化率とテーマ
です。
今回は業績の変化率が高くなる可能性を秘めた企業の見つけ方の一つを書きます。


【投資対象となりやすい好きなパターン~統合によるコスト削減編】
KNTの時(9726KNTCTは来期最高益更新へ、継続性の前提の重要事象から外れる可能性も大いにある

にも触れましたが、
私は~~して更に売上高を伸ばすというパターンより、
経営統合でこれだけコストが下がるというパターンをより好むタイプです。


売上高がマーケット環境という不透明な物に振り回されるものに対して、
コストはそれよりかは計算しやすく確実性が高いからです。


特に統合するのが同業であれば購買力の上昇、システム、部署などの重複部門の解消、
などによる統合効果発現の確実性はよりイメージしやすく、実現度も高く感じます。
日本でもJFEの合併や日本電産の買収など数多くの事例がありますが、
一番印象に残っている好パターンは9204スカイマークです。


~一番印象に残るコスト削減は9204スカイマークの機材統一~
一番印象に残るコスト削減は、
スカイマークが機材統一したことで赤字企業から高収益企業に生まれ変わった件です。

確か、2009年の12月にスカイマークの現西久保社長が燃費の安いB737に機材統一することで、
リース返還に伴う返還整備引当金(現状回復費)が年間25億円超減ると話していました。


誰でも見ることが可能なBloombergの無料記事に載っていたこのコメント通り、
2009年3月期に20億円の最終赤字を出した、翌期に26億円の最終黒字転換を実現し、
文字通り株価も大化けしました。

2008年のこの記事まだありました


コストをどう下がるか経営者、現場の担当者は常々頭を絞っているものです。
もし、メディアを通して経営者が発言していたら注目してみることも一計でしょう。


ただ、投資は全て自己責任になります。
その内容がどれだけ信じれるか、
どれだけ実現性があるのかは自分の常識を使うしかありません。

より確率が高い見通しを選べるように私も日々精進しています。


ちなみに合併・統合によって今後コスト削減が期待できそうな企業として注目しているのは、
5401新日鉄、5741古河スカイ、6457グローリー、
6588東芝テック、7867タカラトミー、8698マネックス、

などです。
特にアルミ圧延で1,2位の古川スカイと住友軽金属の統合効果は150億円にものぼるようで
かなり期待しています。


他にも気になる企業はあるので、買収・統合をした企業はチェックしているという感じです。



↓何か一つでも共感できた方は押してくれると嬉しいです。
KNT(1月24日日記)の際はおかげさまで11回マリオジャンプできました。
心が満たされたおかげで体重は減りませんでしたが嬉しいです。

9726KNT-CTHD(近畿日本ツーリスト)は13年度に最高益更新へ、継続企業の前提に関する重要事象が外れる可能性も大いにある

kage

2013/01/24 (Thu)

今週は5件の飲み会が集中しているaako01jpです。
カロリー消費対策を考えないと…
(文の1番下にこの危機対策を考えました。ご協力願います

今更ですが、12月末からポジションに組み入れている
9726KNT-CTホールディングス(旧近畿日本ツーリスト)
についてのメモです。


新春四季報めくっていて気になった銘柄の一番手です。
普段なら絶対気にしない業界ですが、

継続企業の前提に関する重要事象がついていながら来期大幅営業増益、最高益更新

とのこと。

利益成長が続くクラブツーリズムを株式交換で取得することで、このままいけば13年度は最高益を更新します。
問題の自己資本率も高まるし、継続企業の前提に関する重要事象が外れることによるバリエーションの見直しも期待できそう!

なことから、ちょいちょい買っています。


このメモの論点は以下の3つ。
①自己資本の充実しているクラブツーリズムを株式交換によって取得することで自己資本比率の上昇が見込める(2%→13%)、しいては継続企業の前提に関する重要事象解消の目途もついている
クラブツーリズムとの統合によって5年で20億円強のコスト削減効果が期待できる
③「旅の友」の成長は続く


結果、株価の見直し余地は大きいという結論です。

現在の状況を大きく変えそうなイベント(2013年1月1日の経営統合、2月15日本決算)が近く、業績変化率も高い。加えて、クラブツーリストはシニア関連の筆頭銘柄とも言えるテーマ性を持っていることが魅力的。
リスクは高めと感じながらもそれ以上にリターンが大きいと感じて投資を始めました。


~ターゲットの考え方~
来期の予想ROEは30~40%になると推定していて、理論PBRは5倍くらいあっても良いかな~という感覚を持っています。
この場合、期末のBPS40~50円(推定)×5=200~250円がアップサイドになります。

投資時点の株価が110円程度だったので大体二倍くらいを狙っているということです。

(1月23日終値は132円でした。13年度のepsが四季報予想並みの15円弱とすれば、PER8倍強となります。)


普通こんな机上の理論なんて上手くはまらないと思いますが、
KNT-CTホールディングスは優良企業の取り込みで、

「成長性を取り込みながら、最大の問題であった財務も一気に改善させる」

、というウルトラE難度の技を達成することになります。
おまけに13年度は過去最高益を更新する可能性が高くなっています。
業績が上向き、さらに継続企業の前提に関する重要事象が外れるとなれば自然と組み入れる人たちが増えます。
これだけの材料が集まれば、嫌でも注目を集めるでしょう。

ダウンサイドは買値程度を考えているので、アップ・ダウンサイドを見比べて
悪くない勝負かな
と感じて投資に至っています。

とはいえ、何が起こるか分からないのが世の常ですからね。
上手くいくことを心から祈りながら書いています。




以下は上で説明した3点の詳細版です。


①~自己資本拡充で継続企業の前提に関する重要事象がとれる可能性がある~
一番重要なのは12年12月期第3四半期時点で1.8%の自己資本比率が13%程度まで改善(四季報参考)することです。
この核は自己資本の厚いクラブツーリスト(自己資本が60億円超あり(※1))を株式交換によって取り込むためです。
仮に経営統合翌期(13年度)の純利益が30億円超(※3)ともなれば自己資本比率は今期末の13%から3ポイント増の16%近くまで上昇する可能性があります。その場合、「継続企業の前提に関する重要事象」解除も十分に可能性が出てくると考えています。

②~統合による重複部門の効率化効果は20億円超と大きい~
また、二社の統合によって営業支援のコストを共通化することで、5年間で約21億円のコスト削減が可能とのこと。仮に営業利益が80億円、純利益が46億円程発生すればEPSは18円超となります。
クラブツーリズムに関しては顧客層の人口増による売上高増の期待もできることからテーマ株として注目されることや、成長率の切りあがりによってPERの見直しが進む可能性もあります。

③~「旅の友」は高成長かつシニア関連のど真ん中!?~
「旅の友」で知られるクラブツーリズムは中高年向けに国内外ツアーを提供しています。一番お金を持っているこのターゲット層が人口に占める割合は年々増える一方です。
65歳以上に限れば2000年に2000万人だった人口が増え続け、2050年には4000万人まで増えると言われています。
その波にのってクラブツーリズムの営業利益は2003年9月期に0.2億円だったものが、2010年3月期に22億円、24年度は31億円を計画するなど、上下はあるものの年々業績が伸びていることが確認できます。


※1:のれんはないとコメントしているけど、二桁後半億円発生しそうじゃないですか?私の計算間違ってるのかな。
※2:株式交換用に新株を発行したことで発行済み株式数は現在の0.96億株から2.5億株超となる見込み。
※3:二社の経営統合は収益力を高める2012年8月14日の資料では単純合算売上高850億円弱、営業利益57億円としていたので純利益33億円とすれば、EPSは13円超(※2)となります。



↓突然ですがこのボタンを押すと…
私がマイPCの前でマリオジャンプをします。
沢山押して私を痩せさせてくれると嬉しいです♪
いつもありがとうございます☆

気になったニュースと1月22引け後の投資ポジション

kage

2013/01/23 (Wed)

逆指値をきつく入れているので昨日の前場でほとんどのポジションがなくなったaako01jpです。
残っているのは腰を据えて持っている(出来高が少なくて売れないともいう(笑))サンセイランディックと、岩井コスモです。
マーケットは日銀もコンセンサス通りやることやるぞとコメントしたし、一旦出尽くしでしょうか?
為替見ててもちょっと調整入ってもいい感じですしね。
下がれば、買うと思いますけど。


先週から気になったニュースは以下の通り。

~工作機械は見通し良好~
日工会の横山会長(ジェイテクト社長)によれば2013年の工作機械の受注目標は13000億円と2012年より1000億円程増える見通し。中国の底打ち感がある。車・航空機向けが好調なのが要因。

~米国が各国に対して787の運行停止を求める~
事故続きで当然だとは思いますが、改めて飛行機を作ること、新素材を使うことはどれだけ難しいか、という事を思い知らされた気がします。あれだけの実績がある会社(B社)がこれだけの年月をかけてこの有様。
…B社の生産計画が遅延する計画が出てきたことで、チタン業界への投資は見送り中です。
2013年のドル建ての販売価格は横ばい+円安なので単価↑↑、原材料価格↓、結果、トン当たりマージン↑↑、後は数量さえ伸びれば業績急回復だと思っていた矢先のことで少しへこみました。


~PGMのTOBが失敗~
一言でいえば残念。これは別の機会に書こうと思います。



■1.22引け後のポジション
3277サンセイランディック13%
8707岩井コスモ7%

他・余力80%

計100%
※レバレッジは1~3倍で。今は2倍超でポジション作っていることが多いです。

保険の見直しってちょっと楽しい~払込総額が100万円くらいは変動するのでやりがい大~

kage

2013/01/21 (Mon)

保険は、
保険を買う≒ベンツを買う
という図式が成り立つくらいの高額商品なのに、
情で売ってくる人が多いですよね。
それで買う人が多いのも不思議ですけど。
って縁故で入っている私もそうか(笑)…はぁ


それで、某所で納得して入りたいので事前質問含めて、「受け取れる状況になる確率」とか、「入ったらどうメリットがあるのか数字で説明して」、
と、納得するまで質問していたら最後、

「人でなし」

みたいなことを言われたaako01jpです。

だって、しょうがないですよねぇ。
いいものを選びたいのは妻と子供のためなんだから。


ちなみに資産形成の一環として
保険の見直しはお勧めです。
30年間入るなら保険会社や更新時期で払込総額が
100万円近く条件が変わることはざら
ですからやりがいありますよ☆

例えば、更新時期を10年から延ばすだけ大分違うので是非チャレンジしてみてください。

個人的にいくつかの保険見直し本を読みましたが、
「良い保険 ダメな保険の見分け方」
なんかはとても読みやすく理解しやすかったです。
他、ダイヤモンド社の年一回程度発売される特集号「騙されない保険」も参考になりました。

沖電気、1月17日引けの投資ポジションなど

kage

2013/01/18 (Fri)

調整って久しぶりですね。
個人的にはこの2日間で投資ポジションをほぼ倍増させました。

以下は、マーケット、沖電気、投資ポジションに関してです。



マーケットに関して
1月15日の年初来高値更新銘柄は506件(1月1日~3月31日までは2012年来高値のことを指す)

高値更新が多かったのが、化学(医薬品含む)、陸運、金融セクターというディフェンシブメイン。
値上がり率上位見てもど真ん中が買われてる印象もない。

いい加減買い疲れ感あるように見えてきます。為替も89.6円から2日で2円調整するなど、大味な展開が高値圏のもみ合いか?と、勘ぐらせてきます。
為替に関しては強気のジムオニールもちょっとペースが早いともコメントもありました。


沖電気に関して
以前書いたように沖は、
「最も成長率の高い国で、最も好採算の商品が売れる」
、という好循環に入っている可能性が高く注目しています。

16日の日刊工業新聞に社長のコメントが載っていました。個人的にはATMが好調というトレンドが変わってないことを確認できたので、ポジティブに受け取っています。以下コメント
「既に膿は出し切った。プリンタ以外は前進してるし、中計の営業利益220億円はやりきる。
中国は生産、販売で重要なマーケット。GDPは拡大の一途、利便性の良い沖製品は今後も伸びる。インドネシア、トルコはATMニーズが高く、16年までにはメンテナンスをやってくれる現地企業を探して進出したいと考えている。」

ロシアに続く案件は結構あるみたいですね。


1月17日引け後投資ポジション
指数に関しては、前回の高値を下回るまでは順張り作戦を継続です。
3Qの決算見るまではこんな銘柄群で行こうと思ってます。本当はもっと輸出関連を入れたいんですけど。。
有力候補のチタンは787リスクがちょっと怖いし、後はやはり電機でしょうか。。


3277サンセイランディック16%
4835インデックス4%
4977新田ゼラチン7%
6701沖電気11%
6736サン電子19%
8707岩井コスモ15%
9726KNT4%

他・余力24%

計100%
※レバレッジは1~3倍で。今は2倍超でポジション作っていることが多いです。

信用差金決済緩和効果大、やっぱり証券株はいいかも~特に8707岩井コスモホールディングス~

kage

2013/01/15 (Tue)

このメモは
「やっぱり証券株(8707岩井コスモホールディングス&8698マネックス)いいかも」という結論のメモです。


昨年11月頃から証券株(8707岩井コスモ&8698マネックス)を増やしていましたが、その理由です。
なんか今更ですけどね。
調整欲しさに1月11日に証券株は一旦外しましたが、再戦する気でいるのでメモとして残します。



下は岡三オンライン証券のニュースですが売買代金がとんでもないことになっています。
1月(途中時点)の月次は12月比で倍増と売買代金の変化率で他ネット証券を大きく上回る躍進ぶり。

これを見る限り
1月からの信用取引の規制緩和はやはり証券株に多大な恩恵を与えそうと再度確信しました。中でもデイトレ比率の高いGMOクリックや岡三オンラインはかなり恩恵を受けていそうに見えます。
岡三オンライン証券12月の月次

前回も触れましたが、投資先として本当はデイトレーダーが多いGMOインターネット(GMOクリック保有)に集中投資したいものの、あそこの本業は別ですからね。
そこで私は他証券会社を取り込んで固定費が継続的に下落、もしくはこれから期待でき、相場回復時に業績変化率が高くなりそうな岩井コスモとマネックスに投資してきました。
特に岩井コスモは期待しています。


二社のポイントは以下の通り

■8707岩井コスモ~巨額のコスト削減&営業戦力10~20%増後の売買代金復活で営業利益急回復の期待大~
岩井コスモは売買代金が急回復する前に、コストを3年かけて30%以上下げ、営業戦力を10~20%増強していました。
結果、業績変化率が最も期待できるだろうという目算です。


1月11日終値は460円、PBRにして0.4倍台と低位です。
2012年10-12月はEPSが15円近くあっても良さそうなので、1-3月もこのような売買代金が継続するなら見直し余地が大きいと感じています。

岩井証券は3年前に預かり資産が3倍超のコスモ証券を多額の逆のれん代が発生する好条件で取得しました。生きる立志伝とも言える沖津社長の元、システム・拠点の統廃合を経て大幅なコストダウンを実現してきました。
実際、統合後直後の2011年3月期の7-9月期の販売管理費は56億円でしたが、2013年3月期の7-9月期は37億円まで減少しました。

しかも、統合で手持無沙汰だった内勤部隊を2012年8月から営業に配置転換し、営業戦力を10~20%増強していました。→2012年1月に発表した岩井コスモの構造改革の内容

そんな中、市場の活況が戻ったとあれば対面が多い同業他社と比べれば数値の変化率はかなり高くなるだろうという目算です。
10-12月に限らず2013年1-3月も現状かなりの利益を期待していいかなと感じています。


■8698マネックス~世界全体での規模追求とシステム内製化で固定費を削減中~
マネックスは2011年にナスダック上場の米トレードステーショングループを買収しました。
同社は社員の半数がシステム系の技術者で、システム内製化が進んでおり、マネックスは合併によってシステム開発を効率化し、2015年を目途に固定費を20%削減する計画を立てています。
他に香港のBOOM証券、米のIBFX、ソニーバンク証券をたて続きに取得してきました。

M&Aで規模を拡大させることは戦力となったシステム内製化が最大限に活きるため収益力アップが期待できます。
また、世界で最も競争が厳しい日本のFXを海外で展開している点も注目しています。

外国人株主比率が高く相場回復時には買われやすい銘柄でもあり、業績面でも着実にコスト減、世界展開が期待できるという点で他社との違いを見出しており、調整有れば買いたいと感じています。

手数料が高い(SBI、GMOとか)のはちょっと問題ですけどね。
ちなみに私はマネックス愛用者です。
デイトレはしないですが、それでも月間にパチンコ数時間打てる金額は払っているのでちょっと勘案事項になっています。雰囲気が好きなので変えないでしょうけど。


それと、証券株の話や考え方はこの方のブログがとても参考になりました。
外で開くには少し絵が気になりますが、ニュースに対する批評や説明がとても面白いです。
スイングトレード日記



↓だだだっと押してくれると私のハートに火が付くようになっています。いつもありがとうございます。

1.11引け後の投資ポジションと気になったこと(3277)

kage

2013/01/14 (Mon)

すごい雪ですね。
さっそく170cmくらいのking雪だるまを子どもと作ったaako01jpです。

king雪だるま
明日の朝は歩くとき気を付けないといけないですね。
皆様も足元、気を付けてください。


■1月11日引け後の投資ポジション
先週の日経平均の推移を見る限り1月11日付の信用評価損益率もプラス圏の可能性ありそうですよね。
※答え合わせは2週間あとですけど。

勢いがある時は素直に順張りするのが基本方針ですが、ここまで来るとちょっと引け腰になってきました。

先週は沢山逆指値入れた結果、全体の40%を占めていた証券株がなくなりました。
再戦の可能性は高いですけどね。
なんたって1月に施行した信用規制改正は証券業界の業績をかなり押し上げそうな感じがします。
昔ながらの対面だってかなり増えそうですが、GMOクリックとか、岡三オンラインみたいなネットのデイトレ比率が高いところは凄そうです。


それと、四季報見て気になった新規銘柄も増えてきました。

きっちり調べて買うこともあれば、直感で見切り発車も多い私ですが、
最近3277サンセイランディックが気になってます。
完全に個人投資家しか買えない小粒銘柄ですが、土地の仕入れ高からして来季の大幅増益が期待できる点と、注目されそうなテーマ(相続税増税による低地の資金化ニーズで注目される)を持っているのが魅力的です。
今期業績の達成に関してはリスクが高そうでしたけど、もう来季を意識する時期なので少し買ってみました。

もし、興味がある方は、ジャスダックにTIWが書いたレポートもあるし、ググれば社長の動画インタビューもあるので気になった人は一度見てはいかがでしょうか?
取材できない立場に身を置くとこういう情報(生きた情報)はとてもありがたく感じます。
レポートを信じれるかどうかの判断は自分でしなければいけませんけど。

レポート→TIWレポート
動画→ジャスダックが行っているインタビュー


ちなみに投資ポジションはこんな感じです。調整時に投資できるよう余力がかなり増えています。

3277サンセイランディック6%
4977新田ゼラチン7%
6736サン電子11%
9726KNT12%
他・余力64%

計100%
※レバレッジは1~3倍で。今は2倍超でポジション作っていることが多いです。
り。

2379ディップに注目していたわけ~ナースが熱…(かった)~

kage

2013/01/13 (Sun)

以前書いたように2379ディップに関して。
現在ポジションはありませんが、私がディップに対して期待していたこと、
考えていたことをまとめました。
追憶メモです。


ディップは2012年の夏に今最も熱い看護師の紹介人数が多い人材紹介ないかなぁ、
と探していきつきました。

概要は以下の通り。


~今、日本ではなんといってもナースが熱い(エロネタではございません)~
現在最も需給が逼迫している人材は看護師です。
看護師ニーズは、従来メインの病院向け以外に広がりを見せています。
国が施設よりコストの低い訪問看護を推奨したことによって
ニチイ学館やツクイなどの訪問看護事業会社が看護師の採用を急増させているためです。


需要の伸びに対して看護師の新卒数は変わらない


新規供給が限られる中で、需要が(推定)10~20%増加したことで
看護職の有効求人倍率は2011年以降平均3を超えて推移している。
その看護師の人材紹介人数トップがエス・エム・エス。
同社は看護職向け情報インフラでもトップ。
そして2番手グループに位置するのがディップです。


ディップの投資ポイントは
①来期(13年度)は会計変更による影響が剥落&需給ひっ迫の看護師紹介成長によって、大幅営業増益が期待できる
②成長事業の看護師紹介事業の売上高比率増(20%超まで伸長か)による注目度上昇、低PERの評価見直し期待できる

という2点です。


1月11日の終値は257円。
会計変更の影響に伴う影響がなくなる(営業利益8億円分に値)来期は
四季報予想の営業利益12億円程度は期待できそう。
その場合、予想EPSは60円程度となります。
予想PERは4倍強となり、見直し余地は大きいというのが、
投資の肝でした。



~成長を期待していた看護師紹介のリスクがかなり高くなってきている~
一方で、リスクは超高くなってきているように思います。
2013年1月10日に発表された第3四半期までの四半期ごとの売上高成長率は
第一四半期から(以降の数値は前期同基準の売上高)69%増、40%増、32%増というペース。

これだけ見るととても高成長ですが、
上期の下方修正前の前提(期初)は四季報によれば通期で前期比倍増以上を見込んでいたようです。
計画との差異は期待の看護師紹介事業の競争が想定以上に
激化しているということを表しているように見えます。
実際、CMを見ているとリクルートやリブセンスなどが攻勢をかけていますよね。
四半期ごとに増収ペースが落ちてきていることも気になります。

そのため、現在はほんの少しあったポジションも解消して様子見中です。

とはいえ、
来期大幅営業増益が期待でき、
予想PERも低いことには変わりはなさそうなので、
再戦はあるかもしれません。


↓ちょぼっと押してくれるとうれしかやぁ

最近気になったニュースと1月9日引けの投資ポジション

kage

2013/01/09 (Wed)

小さい頃、フロッピーディスクに好きなゲームのタイトルをマジックで書いたらゲームソフトになると信じていた時期がありました。
「超魔界村」と書きましたが、当然PCには何の変化も起きませんでした。
C言語を習いながら、少し昔を思い出しているaako01jpです。


■最近気になったニュース

・トヨタが三年間は新工場を立てないと発表。
 →同業他社が積極増強するのに対して慎重な動き。今後の需要は既存工場の効率化で対応する方針。
・ネット証券の月次が絶好調
→10-12月期の前四半期比(7-9月の約定代金、委託手数料比較)、
松井証券50%増、カブドットコム32%増、マネックス42%増
・ジンズの月次が良すぎる。株価を見るたびフグじゃなくていつかのユニクロを連想してしまう。
・コンプガチャ規制第二弾間近か。グリー高額課金の対応遅れ。
・タカラトミーリストラ発表
・地銀が中小企業円滑法終了を睨んで、引き当て積み増し中。
・ユニバーサル怒り心頭IR(VSロイター&朝日新聞)
・神戸製鋼と新日鉄社長の年頭あいさつ
 →(神戸)為替は85円でトントン、90円で競争力がつく、95円くらいになってほしい。
  (新日鉄)ユーザーは90円くらいが居心地いいだろう。
・日経の経営者の為替予想。三菱、みずほあたりの見通しが80~81円と厳しい。米経済の成長率も1%の予想があるなど実経済は予断を許さないという見方が結構多かった。
・さわかみファンド、長男が社長に。



■1月9日引け後の投資ポジション

先日書いた通り(※1)調整しやすい局面だと感じていますが、以下の経験則から順張り継続中です。
信用評価損益率を使ってマーケットを見る

① 最初の押し目は買い
② 1月アノマリー(1月の勝率は約70%と12ヶ月で最も高い、小型株相場)、

という二点です。


日経平均でいえば前回の壁(10250円程度)を割るまではこんな銘柄構成(小型メイン)とポジションで臨むと思います。小粒なのが増えましたけどね。

2379ディップ8%
5726大阪チタニウム5%
6736サン電子11%
8698マネックス17%
8707岩井コスモ20%
9726KNT12%
他・余力27%

計100%
※レバレッジは1~3倍で。今は2倍超でポジション作っていることが多いです。

信用評価損益率を使ってマーケットを見る

kage

2013/01/06 (Sun)

株式マーケットの上昇は年末以降調整なしですね。

現在は超順張り戦略を実行中ですが、どうやってマーケットに臨もうか考えているところです。
それと手作業なので断言はできないのですが、良く使う
信用評価損益率(※1)が1月4日時点(推定値)でプラス転換
した可能性が高いです。

結論を言えば調整が入りやすい状況になった、
と感じています。
個人的には順張り戦略中ですが、逆指値の入れ方をきつくしようか考え中です。

以下は過去の動向です。


■■評価損益率がプラスという状況~稀~
プラスの状況というのは信用取引の参加者すべてが含み益を抱えている状況でとても稀です。
2001年6月以降プラスに転じたのはたったの11週だけです。
さらに2週連続でプラスを維持したのは3回(うち2週間は2回継続で終わり)しかありません。
過去の結果を踏まえれば来週、再来週あたりに2~3%超の調整があってもおかしくはない状況と考えています。


■信用評価損益率が-10%以上
1月4日時点で-10%以上の状況が6週間以上続く(一部推定)ことがほぼ確定しています。

2001年6月以降に信用評価損益率が6週以上連続-10%以下で推移したのは12回ありました。内5回は1~2週間挟んだ数珠つながりが2回あったので実質9回ありました。
12回のうち、連続週は6~36週となっており、単純平均は14週程度続きました。


■■信用評価損益率が-20%を下回る~稀、大底のサイン~
-20%を下回ったことは2001年6月以降67週あります。
そのうち一つはリーマンショック後の08年9月5日から09年3月13日に該当し27週連続で下回りました。

-30%を下回った回数は9回と底形成の信頼度はもっと高くなります。




ちなみに信用評価損益率のまとまったデータは以下のサイトから確認できます。
トレーダーズウェブ←良く使う。
アセットアライブ投資顧問


※1 信用評価損益率とは、投資家が信用取引によってどれくらいの含み損、含み益を抱えているのかを表したもので相場全体の過熱感を現す指標。
評価損益率は-3%%に近付くと天井。-10%を割れると追証が発生すると言われ急落局面につながり、20%割れは2回目の追証発生で暴落、底入れを形成するとされています。


↓ポチッと押してくれると気合が入ります☆

今年もよろしくお願いします☆

kage

2013/01/03 (Thu)

新年あけましておめでとうございます。
毎年新年は奈良県三輪山に行くaako01jpです。

今年は巳年。
白蛇様を祀っている三輪山は参拝規制がかかる混雑ぶりでした。
いつもは5分もあれば行ける境内に1時間以上かけて行くことになりましたが、より多くの気を纏えた気がしてちょっと得した気分になりました。


それと、1月4日の大発会ですが1月1日に両院で可決された米の「財政の崖」回避に関する内容と、為替の動向を見ていると年初のマーケットは高そうですね。
為替は87円突破しましたしね。

私は株式と密接な関係にある為替とか欧米の情報に疎いので、何人かのブログやメルマガで補っています。
個人的に購読している有料メルマガ(欧米の情報が豊富な西原さん)では、
GSAM会長のジム・オニール氏が12~24ヶ月間に円が100~120円という水準になるという相場観を2012年の12月中に披露したことと、その内容に関するメールが最近結構増えていました。

同士は元々2012年初頭にも円は20~30%の水準訂正(円安報告)があるとコメントしていた(確か)ので、より強気になっているようです。


ちなみに2012年の為替の方向感(春先円安、夏円高、秋円安)がどんぴしゃだった吉田恒吉田恒①吉田恒②
)さんはテクニカル一辺倒ではなく、実質金利などを用いたファンダメンタル分析がふんだんに盛り込まれています。
無料で週3回情報を出しており、為替の情報と投資判断をとても重宝しています。

私のように為替は初心者でテクニカルばかりだととっつきにくいという方にもおすすめしていいと思います。

今年も何か役に立つ情報を発信出来るように頑張ります
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。