FC2ブログ

aako01jpの株式で一発逆転  ~個別ファンダ中心~

元英系バイサイドアナリストのコネも裏もつてもない、しんぷるアイデア投資Blogです。

2019 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 07

カテゴリ:経過コメント・補足 の記事リスト(エントリー順)

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシュレス化を進めるメリットと給与のプリペイド払い

kage

2019/05/27 (Mon)

キャッシュレスを進めるメリットをざっくり。


■キャッシュレス進めるメリット
電子決済の普及で2兆円のコスト削減効果がある

現金を取り扱うのはスウェーデンでは1.3%だけ。
お店側は
①現金を数えるのが大変
②現金輸送コストもばかにならない

銀行
現金の取扱いを減らす

店舗の小型化が可能

ATMもいらない

結果として日本の銀行業界全体で1兆円以上のコスト削減が可能


貸借の簡素化
支払のデータ化

融資データとして利用され一瞬で融資判定可能

店舗削減

などです。


今、急速に国もキャッシュレス化を進めようとしています。
その中にあってメタップスのpringなども非常に注目されていますが、
地味に面白そうなのが前回ブログに書いた3960バリューデザインです。


■ 3960バリューデザインは大化けできるか見ごたえある展開

説明逆でしたね(笑)


【2019年6月期3Q時点】
2019年5月24日時点 
時価総額30億円(株価2083円)

今期は3年分の費用を前倒しと、超投資期間との事でしたが、
人員採用が少し遅れているみたいで費用減がありました。
通期では当初2億円弱の営業赤字を見込んでいましたが、
1.1億円の赤字まで縮小(前期は0.79億円の黒字)するようです。

そんな些細な事はどうでも良いとして、
一番重要なシステム利用料は前年同期比16.9%増の9.7億円と想定よりも好調でした。

システム利用額は全体で39%増の3202億円、内ハウスは49%増の2645億円といい感じでした。
4Q以降はコーナンペイ、りそなウォレットアプリなどの貢献もあるので
利用額の増加傾向は今後も期待ができそうです!

その上で、決算説明会の動画で気になったのが
「従業員の給与支払いをプリペイドで行うという領域でブランドプリペイドがブレイクする」

というコメントです。

業績は好調かつ、起爆剤を複数内包している状態ということで
今後に非常に期待しています♪





元不良の6747KIHDは鉄道部品で利益を上げる優等生(…になったはず)②

kage

2016/06/06 (Mon)

前回に続いて、
不良と言えば(個人的な印象)、
6747KIホールディングスの業績観測記事が5月26日に日経から出ていましたね。


個人的にこの3年間で、
付き合わなければ、
気づかなければよかった
銘柄ランキングの結構上のほうに来ている同銘柄ですが、
やっぱりというか相変わらず安く見えますね。


日経の報道の内容は、
「鉄道部材がメインの輸送機器事業の部門営業利益が2016年9月期は55億円(前期比12%増)に達し、
連結営業利益の9割を占める見通し」

という内容。


要因は新幹線網の整備が進む中国で、車両のモニターシステムや台車に搭載する
配電盤などの売上が伸びたためです。


これだけ見れば、
すごくいい材料ですよね。


理由は単純です。
「利益率が高く、公共性の高い鉄道関連からの利益寄与が急激に高まる」
からです。


しかも同社に関して言えば、
中国の鉄道部門からの利益寄与が2015年9月期は
50%を超えていたわけですから。

世界最大の鉄道網を整える中国の、
しかも世界最大の南車向けに部品を供給している訳だから
こんな株探しても他にないと思うんですけどね。


苦境期に会社の屋台骨を支えた
LEDを取り扱う電気機器事業は減益見通しと没落しますが、
ここはライバルの岩崎電気同様にコモディティ化が激しく元々評価されにくい事業です。


だから鉄道、
しかも成長事業の利益構成が9割まで高まり、
連結営業利益も前期比8%増の59億円となるということは、
本来であればそれは株価を押し上げる要因になってもいいはずなんですけどね。

比較に関しては過去のブログ参照↓
知られざる鉄道関連株の筆頭は…6747KIホールディングス?!際立つ存在感と割安感~~



ただ、上手くいかないのは、名前の問題でもなく
あまりに古臭い技術で発展性が乏しいということだろうし、


①会社の事業、利益水準が持続的なもの
②同じく中国からの利益(部門営業利益30億円以上)が持続的なもの


でないからなんだろうなとも思います。


もし、
これが説明できれば営業利益で50億円以上の企業が
時価総額130億円台(5月27日終値321円)
なんて水準にあるはずないですしね



そんな企業を数いるアナリストがスルーするとも思いませんし。



なんて、
自分に言い聞かせて買うのをなんとか堪えるのが最近の習慣になってきてます〔泣笑〕



継続疑義も見込み通り外れたけど、
この3年間で最も上手くいかなかった銘柄の一つですよこれは、ほんとに。
もし、詳しい人がいたらこっそり解説お願いしたいです(泣)

是非声をかけていただきたいです。

なんて、あぁなんと未練たらしや

イケずな4686ジャストシステムは順調といえば順調な感じ

kage

2015/11/17 (Tue)

4686ジャストシステムの上期決算は

売上高89億円(前年同期比1.6%増)、
営業利益は28億円(同18%増)と好調ですが、

大きな要因は広告宣伝費が3億円近く減ったことですね。


これだと増収率が足りないように見えるけど、
前受金は17億円(前年同期比較で58%増)と、
好調に見える。


察するに
個人向けが良くて、
法人向けがいまいちという前期を踏襲したパターンでしょうか?


ってか、
期末に出してる法人・個人向けの売上高の上期分くらい開示してよ~
なんて会社に求めるのは甘いですかね。



まぁのんびりアイデアなのでそれはそれで良しですか。


そういえば、採用ページ見ていたら節々に
ジャストシステムのポテンシャルを感じるメッセージがありました。


例えば…
「病院の電子カルテへ導入されている「ATOK」と「医療辞書」、
小学校のPC教室に導入されている「ジャストスマイル」など、「シェア」が高く、
さらにこれからもまだまだ伸びるポテンシャルのある製品を知りました。」


とか、
他にも
市場参入した『Fastask』(セルフ型アンケートサービス)
の開発責任者さんのコメントなどもあり楽しめました☆

採用ページなだけに分かりやすい。

本当のところを言えば、たまには会員数とか、
今後の目標みたいなのも見たいですけどね。。

まぁあんまり期待できなさそうなので、
これからも結果を出して出しまくって
私の妄想レベルまで

成長してほしいと
心よりお祈りしています


ジャストシステムの採用ページ




ジャストシステムに投資してのは以下の理由のまんま
興味あればどうぞ

なんで4686ジャストシステム持ってるの?①~割安に見える理由~

4686ジャストシステムが極めて割安に見えるのなぜ??~スマイルクラスで業績が大化けする可能性~

誰も知らない鉄道関連の本命銘柄…って6747KIHDだって未だに信じているブログ

kage

2015/07/16 (Thu)

はっ、、は、、はぁぁ………


何だ、、、、夢か~…
5月~6月末にかけて道明寺財閥効果で、
たった一か月ちょっとで資産が倍増した夢を見ちゃったよ。


なーんだ、、、。


なんて、
色々くしゃくしゃにして、
なかったことにしたい気持ちでいっぱいの
aako01jpです。





まぁそれは置いといて、
主力の6747KIHDの復習とアップロードです。



以前も書きましたが、
同社の中国で鉄道事業を行っている常州小糸は
製造業ながら経常利益率30%と
同業を圧倒する利益率を誇る
超優良子会社です。




2014年9月期に大幅増益だったのは今の
01766中国中車(南車と北車が合併した世界一の鉄道車両メーカー)の子会社向けの
売上高が19億円から141億円に伸長したことが要因でした。


結果として
6747KIHDの売上高は435億円から560億円に伸長し、
経常利益は29億円から69億円まで伸長しました。



増益分はほぼ常州小糸で説明でき、
それも南車向けの高速鉄道関連だったと推測できる訳で
今後の業績はもう常州が伸びるのかどうかにかかっているとも言えます。



すると、常州と中車がどういう関係で、
どんな案件を獲得できるのかなんてことを
調べるのが筋ですよね。


でも、当然取材もしないし、
してもきっと分からないので
結局中国二季報買って01766と03898見るくらいで終わりました。


分かったことは
シルクロード構想などを代表に中国が鉄道インフラには
2015年、2016年ともに2014年より少し多めに予算を設定していることでした。



あとはKIが仕事をきっちりとっているか確認したいところですが、
受注残も公表していないので
業績の実績と四季報コメントだけが頼りと言う状態です。



だからまぁ何とも言えないんですが、
実績と四季報見る限りだと今期も来期も営業利益で70~80億円いけそうなんて
感じています。



まぁ、私の妄想みたいなもんですけどね(…)。




とりあえず、仮に来期も営業利益70億円、
EPSにして100円弱くらい出たら、
今の400円台って倍くらいになるチャンスは十分あると思うんですけどね~。


っていうのが結論です。
にしても常州小糸ホントすごい!

前回メモ↓
知られざる鉄道関連株の筆頭は…6747KIホールディングス?!際立つ存在感と割安感~~


それと、
訴訟に関しては自己資本が既に訴訟額を越えたし、
もう峠は越えて下っている印象です。




しっかし、
小糸製作所調べるついでに誰かレポート出さないかぁ
なんてもう随分前から星に願ってますけど、
誰も書きませんね(笑)。
そういうことなんですかね~…


KI結構面白そうって
同じ気持ちの人はぽちっと押してくれると励みになります↓

マーケットで勝つための情報収集続編…利益が急増する急増する企業の探し方②~銘柄編~

kage

2015/06/28 (Sun)

投資において
自分で情報を集めることは、付加価値の源泉
であり、もっとも大切なことです。


ということで
利益が急増する企業の探し方の続きをアップしました。

内容はオーソドックスな物で、
ものすごい投資をして直近決算はいまいちだけど、
「将来どかんと利益出ます」
系企業の探し方と対応の仕方です。


それにしても
「待つ」って辛い。

続編が気になる好きな漫画・小説、

勇気を出してデートに誘ったものの返事がこない時、

一年に一回しかないテストに落ちた後の職場での一年間、


…勿論四半期ごとの決算もだし、
中期計画なんて出されたら、
もう何年も待たなきゃですもんね。

橋とか水道管の補修なんてもう10年前からテーマですし、
結果出るまで本当に長いですよね!


では、興味があればどうぞ↓

利益が急増する企業の探し方②~銘柄編2015.6~