aako01jpの株式で一発逆転  ~個別ファンダ中心~

元英系バイサイドアナリストのコネも裏もつてもない、しんぷるアイデア投資Blogです。

2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

カテゴリ:投資 の記事リスト(エントリー順)

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イーレックス

kage

2017/04/20 (Thu)

08年頃の原油高以降新電力への期待って物凄く高くなりましたよね。
マーケットのエコでパワーのある電力探しと物色は
今も継続中です。


東北の大震災以降は脱原発と原発再稼働が世の話題をさらい、
直近では関西電力の原発の再稼働が却下されています。
関東と関西での電力融通が増えるという話もありましたね。

2016年からは家庭や商店など約8500万の電力需要家向けの販売が全面開放されます。

販売の解放となれば、電力料金が下がりそうですし、

バイオマス発電ビジネスにとって日本のエネルギー政策も追い風。
●2030 年のバイオマス発電の電源構成は現在のほぼゼロから約4%にまで高まる見通し
風力よりも太陽光よりも大きくなる見通し

そこで気になったのが
9517イーレックスの要点です。



大分で国内最大級のバイオマス発電が2016年11月に稼働させる見通し。
他1~2か所の大型バイオマス発電所を建設し
5年後に売上高500億円を目指す。
2015年3月期は売上高億円(前期比%増)、
営業利益億円(同%増)を計画中。
業績は底は2014年3月期

株価1605円、MC218億円(OP15億、2016.3は四季報は増益予想だが大型投資償却増で減益の可能性も)
今は原発に代わる新電力探しの真っただ中…MC600~700億あってもいいかも。
2020.3に売上3倍、利益率変わらずRP50億強ならMC1000億円を超える本当の新電力相場になるやも。2000億円もむりじゃなし?妥当なのは1000億円前後か。


過去の新電力…
日本風力開発 MC800~900億円(2009.3期RP22億を2010.3期初は40億目指した)
6079エナリス MC900~1000億円(買収発表や通期でOP22億目指していた)


[2014/8/7 日本経済新聞 電子版
新電力のイーレックス、最大級のバイオマス発電建設 ~10万世帯分、170億円で大分に

 新電力中堅のイーレックス(東京・中央)は国内最大級の発電能力を持つバイオマス(生物資源)発電所を建設する。大分県佐伯市にある太平洋セメントの工場の遊休地に約170億円を投じ、2016年秋に稼働する。16年からの電力小売り全面自由化に向け、競争力の高い電気を生み出す電源としてバイオマス発電所への投資を増やす。

 イーレックスは短資会社などが1999年に設立した新電力。日立製作所や東芝、前田建設工業なども出資する。中小ビルなど約2千件の顧客に電力を販売している。

 新設する発電所の能力は5万キロワット。数十万キロワットの出力を持つ大型の火力発電所などに比べ小さいが、バイオマスとしては三井造船などが千葉県で稼働中の発電所を上回り、国内最大級となる。

 燃料の9割は輸入するヤシ殻を使い、石炭を混ぜて燃やす。一般家庭約10万世帯分の電気を賄う。電力販売収入で数年での投資回収を見込む。

 インドネシアなどのパーム油生産工場から出る廃棄物のヤシ殻を燃料にする。バイオマス発電は間伐材や製材所から出る端材を燃料にすることが多く、大規模発電に必要な安定調達が難しかった。安価なヤシ殻を大量輸入することで大規模発電を可能にする。大分県内の別の地点に、ヤシ殻燃料を常時10万トン程度備蓄する基地も新設する。

 イーレックスは再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度を活用。同社が発電事業子会社から電力を買い取る形にする。再生エネ普及のために電気料金とは別に企業や家庭が負担している賦課金からイーレックスに交付金が入る。このため実質的に発電コストを低く抑えられ、電力の販売価格を石油火力や液化天然ガス(LNG)火力より安くできる。

 イーレックスは7月末、太平洋セメントから約8%の出資を受けた。過去に太平洋セメントから高知市の工場内の石炭火力発電設備を買い取り、バイオマス発電所に転用した実績がある。東北や九州などでも5年以内に2~3カ所の大型バイオマス発電所を建設。現在150億円強の売上高を500億円に引き上げる方針だ。

 バイオマス発電は固定価格買い取り制度の導入後、全国で開発が進む。制度開始前の12年6月末時点で国内バイオマス発電の累積能力は約230万キロワットだったが、同年7月から今年3月末までに新たに156万キロワット分の設備が経済産業省から認定された。認定量は風力発電を上回る規模だ。



■米電力小売り、日本参入 家庭向け1割安く

米ナスダック上場の電力小売り、スパークエナジー(テキサス州)は日本で電力小売事業に参入する。今秋にも新電力のイーレックスと合弁会社を設立し、2016年4月の小売り全面自由化にあわせ、家庭向けに既存の電力会社より1割程度安い料金で提供する。外資の小売り参入は珍しく、国内外の企業が入り交じり、市場争奪戦が激しくなりそうだ。


 スパークエナジーは米16州で電力やガスを販売しており、一般家庭など約33万の電力顧客を持つ。自社電源はなく、他社や卸電力取引所から割安な電力を購入して提供している。他社との料金との比較がスマートフォンで一目でわかったり、最適な使い方を助言したりといった、消費者にとって使いやすいサービスをそろえていることで定評がある。

 日本でも同様の取り組みを検討するほか、イーレックスが持つ国内約1千店の代理店網などとも連携し、消費者の取り込みを目指す。これにイーレックスのバイオマス発電所や同社が外部から賄った約12万キロワットの電源も使い、割安に電力を販売する。


2016年4月の全面自由化で、家庭や商店など約8500万の電力需要家が開放される。
市場規模は8兆円を上回る見通し。
ただ、新PPSは700社が申請しているものの、
小売販売実績があるのは60社程度で販売量が10000MWh/月以上だと19社となる。
イーレックスはその一つとなり、上場企業としては唯一純粋なPPSとなる。



~NASDAQ上場の電力小売り大手のスパークエナジーとの提携効果~
米16州で33万戸もの顧客向けに電力やガスを販売するスパークエナジーは日本での電力小売り事業に進出する。
需要予測などのノウハウを持っており、家庭向けに本格参入するイーレックスと思惑が一致し合弁会社を設立
する見通し。

2017年度には100億円の売上高を目指している。
スポンサーサイト

「広告減だけど増収で利益が一気に出る企業」→4925ハーバー研究所

kage

2017/01/23 (Mon)

アパホテルの毅然とした対応、
気持ちいいですね。

韓国の慰安婦像問題といい、

中国の尖閣諸島の問題といい、
協調を重んじる日本政府の対応に業を煮やすことが過去数年多かったことを思えば、
今回のように堂々と毅然と意見を述べる姿勢は
とても心地よく
自分としてもしっかりと見習いたいと思いました。

アパ会長著作に南京問題以外にもどんなことが書かれているのか
俄然興味も湧いてきまaako01jpです。


で、前回の振りの通り

【広告減だけど増収で利益が一気に出る企業】

について書きました。
大分まったりしたアイデアだけど相模ゴム以来の投資アイデアです。
暇つぶしなれば幸いです


4925ハーバー研究所の利益はぽーんと急増する予兆有、株価も化ける?

大設備増強がまもなく完了する5741UACJはそろそろ収穫期を迎えそう

kage

2016/07/14 (Thu)

ポケモンgo、
配信後一週間で2100万人が利用って強烈ですね!
大型コンテンツの価値を再認識するとともに、

ARマーケットへの広がりや、
新しいマーケティングの可能性といった
今までのゲームとは全く違う可能性を妄想させられてちょっとドキドキしています。

株価も最高値更新しちゃうかもですね!


素材で気になる企業として、
5741UACJや5727東邦チタニウムがそろそろ面白い段階を迎えようとしています。


共通点は
これから需要が急増する素材、
海外工場が立ち上がる、
世界トップクラスの供給者

という所でしょうか。


両金属とも10億トン近いマーケットを持つ鉄と比較すると、
アルミニウムは5000万トン、
スポンジチタンは20万トン程度とまだまだ小さく伸びしろのある金属です。


特にアルミ分野で世界3位の5741UACJを取り巻く環境は良好に見えます。


アジアの所得増に伴うアルミ缶需要増といった従来の用途に加え、

各国で強化される車の燃費規制をクリアするために
北米中心にアルミニウムを大量に採用する設計が増えている

ためです。


会社資料にありますが、
北米の自動車パネル用途の需要は現在の50万トン程度から
2020年には3倍の150万トンを見越すなど急速に立ち上がってくる印象です。


そういった背景を見越して2012年に計画した
UACJタイ工場〔20万トン体制〕は2015年中に立ち上がり、
従来の計画より大分早く第2期工場〔30万トン体制〕まで能力を増強することを発表しています。

2016年には米国で10万トンの工場が立ち上がる予定としており、設備能力は一気に立ち上がり、
かつこちらの件に関しても早くも第二期計画も立ち上がりそうな雰囲気です。


2016年3月期はアルミニウム価格の急落に伴う在庫評価損が100億円近く発生したことで下方修正していますが、
前期も販売量などを見る限り需要自体は良好に見えます。


前中期計画で実行したコスト削減策も効き、
多少のデコボコはあるとしても
中期計画で掲げている2018年3月期の経常利益350億円に向けて足取りは順調と感じています。


鉄やらアルミやらは資源価格次第で在庫評価損益が発生し、
業績が大きく変動しますが、基本的なファンダメンタルは上向きなので
次のクラッシュが来たときの購入候補の一つとなっています。

※PBR0.5倍ならヒストリルで下限に近い水準



なお、7月初旬に発表されたアルミ世界一のアルコアの2Q決算は良好で、
航空機と自動車用途の需要が下期以降伸長すること、
2017年以降の需要についてもポジティブな見通しを発表しており、
業界全体がいい方向に向っている印象です。

元不良の6747KIHDは鉄道部品で利益を上げる優等生(…になったはず)②

kage

2016/06/06 (Mon)

前回に続いて、
不良と言えば(個人的な印象)、
6747KIホールディングスの業績観測記事が5月26日に日経から出ていましたね。


個人的にこの3年間で、
付き合わなければ、
気づかなければよかった
銘柄ランキングの結構上のほうに来ている同銘柄ですが、
やっぱりというか相変わらず安く見えますね。


日経の報道の内容は、
「鉄道部材がメインの輸送機器事業の部門営業利益が2016年9月期は55億円(前期比12%増)に達し、
連結営業利益の9割を占める見通し」

という内容。


要因は新幹線網の整備が進む中国で、車両のモニターシステムや台車に搭載する
配電盤などの売上が伸びたためです。


これだけ見れば、
すごくいい材料ですよね。


理由は単純です。
「利益率が高く、公共性の高い鉄道関連からの利益寄与が急激に高まる」
からです。


しかも同社に関して言えば、
中国の鉄道部門からの利益寄与が2015年9月期は
50%を超えていたわけですから。

世界最大の鉄道網を整える中国の、
しかも世界最大の南車向けに部品を供給している訳だから
こんな株探しても他にないと思うんですけどね。


苦境期に会社の屋台骨を支えた
LEDを取り扱う電気機器事業は減益見通しと没落しますが、
ここはライバルの岩崎電気同様にコモディティ化が激しく元々評価されにくい事業です。


だから鉄道、
しかも成長事業の利益構成が9割まで高まり、
連結営業利益も前期比8%増の59億円となるということは、
本来であればそれは株価を押し上げる要因になってもいいはずなんですけどね。

比較に関しては過去のブログ参照↓
知られざる鉄道関連株の筆頭は…6747KIホールディングス?!際立つ存在感と割安感~~



ただ、上手くいかないのは、名前の問題でもなく
あまりに古臭い技術で発展性が乏しいということだろうし、


①会社の事業、利益水準が持続的なもの
②同じく中国からの利益(部門営業利益30億円以上)が持続的なもの


でないからなんだろうなとも思います。


もし、
これが説明できれば営業利益で50億円以上の企業が
時価総額130億円台(5月27日終値321円)
なんて水準にあるはずないですしね



そんな企業を数いるアナリストがスルーするとも思いませんし。



なんて、
自分に言い聞かせて買うのをなんとか堪えるのが最近の習慣になってきてます〔泣笑〕



継続疑義も見込み通り外れたけど、
この3年間で最も上手くいかなかった銘柄の一つですよこれは、ほんとに。
もし、詳しい人がいたらこっそり解説お願いしたいです(泣)

是非声をかけていただきたいです。

なんて、あぁなんと未練たらしや

IoTブルーオーシャンをGMOグローバルサインが切り開く

kage

2016/03/16 (Wed)

3788GMOクラウドがさりげなく発表したこのプレスリリース、
画期的!


GMOグローバルサイン社、インフィニオン社、米・ニューハンプシャー大学 協同プロジェクトを開始



大事なのは

①「IoTデバイス自体にもセキュリティーが必要ということ
(特に個人のセンシティブ情報が扱われる分野)」


IoT環境におけるセキュリティ対策は確立されておらず、
現状ではほとんど実用化に至っていません


時価総額1.5兆円、パワー半導体で世界ナンバーワンの独インフィニオンがハード、 
ソフトは電子認証で実績があり、数百万のID管理が出来るGMOグローバルサインにやってもらいます
 


という3点です。



もう一度言うと、

爆発的に数量が伸びていくIoT対応デバイスにも
「セキュリティーが求められる時代」
が来ました!

ってことと、

その時代を勝ち抜くパートナーとして、
パワー半導体世界ナンバーワンのインフィニオンがパートナーに選んだのが
3788GMOクラウド子会社のGMOグローバルサイン

ということです。

※IoTデバイスも身元証明に加え、サーバやクラウドを通じてやり取りされる通信データの暗号化で
プライバシーを保護する必要があります。
追加…3月21日の記事→
監視カメラなど15万台、サイバー攻撃踏み台に

このニュースリリースで


損益的に今はお荷物のUbisecureのポテンシャルの高さを再認識させられただけでなく、
今、
GMOクラウドが足元で進めている戦略が世界トップレベルの舞台で、
確実に世界を獲りに行っていることを
再認識できました。



実際、
GMOグローバルサインはIot社会到来に備えて、
猛烈に先行投資をしています。

その甲斐あって
2016年夏には
認証速度「世界一」の称号を得る見通しです。


IoT機器自体は簡素でシンプルなものが多く増え、
セキュリティーの単価も下がるんじゃないの?
なんてリスクもありますが、
大事なのはIoT機器がたった5年で数倍の500億個へと爆発的に増えるという見通しです。


同社のセキュリティー事業は「速さ」と「価格」を武器に
それ以上に強く・大きく成長し、
いま10億円程度のセグメント利益は20億円にも30億円にも膨れるはずです!!


…なんて興奮したんですけど、
3788GMOクラウドの株価は大して反応してませんね(笑)
(時価総額100億円程度)



兎にも角にも、
試験で結果を出して本当のパートナーシップを結んで、
どかんと化けて、
夢に出てきてほしいですね。


頑張れGMOクラウド☆

→前回のメモ
IoT社会に向けて3788GMOクラウドはかなり面白い種を蒔いてる気がする


最近、落ち着ける家が欲しくなってきました。
もし、良ければ家を融通してもらえませんか?
もしくはポチっと押してくれると幸いです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。