aako01jpの株式で一発逆転  ~個別ファンダ中心~

元英系バイサイドアナリストのコネも裏もつてもない、しんぷるアイデア投資Blogです。

2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

カテゴリ:投資対象の探し方 の記事リスト(エントリー順)

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

株式マーケットで勝つための情報収集~利益が急増する企業の探し方~

kage

2015/05/27 (Wed)

土曜日は年1~2回会う
片手程もいない数少ない投資友達と肉をガッツリ食らってきました。


二人とも現役のバイサイドアナリストなんだけど、
すごく触発されてきました。
最前線でばりばりやっている人のオーラはギラギラしています。

食あたり起こしそうなくらいギラギラしている勢いで、
足を使って取材をしている辺り尊敬できます。


一人は数えた所、
年間800社程度訪問したそうです。
もう比類なきレベルだと思います。
素頭がいいだけでなく、
とにかく足を使う。


私が尊敬する上司も典型的でしたが、
証券会社のレポなど読まずに自分で情報を集めていました。


自分で情報を集めることは、付加価値の源泉
だと思います。


それはそうと
「投資対象の探し方」カテゴリを久しぶりに更新しました。


内容はオーソドックスな物で、
ものすごい投資をして直近決算はいまいちだけど、
「将来どかんと利益出ます」
系企業の探し方と対応の仕方です。


興味があればどうぞ↓
利益が急増する企業の探し方
スポンサーサイト

四季報巻末ランキングが面白い~従業員増≒好業績の図~

kage

2015/03/16 (Mon)

巻末の四季報ランキング面白いですね!
特に

「従業員比で内定者数の多い会社ランキング」

見ましたか?


全てがそうとは言えませんが、

「業績が伸びていれば人を増やす」

というのは
一つの分かりやすいロジックです。


来期の従業員数がどれだけ増えるか!?
という指標は好業績企業を探すヒントですよね。


この指標で個人的に気になったのが、
3082きちり、3688VOYAGE、3639ボルテージ、2152幼児活動研究会など。


特にびっくりしたのは、主力銘柄の7419ノジマに関して。

2015年春の内定者数が上場企業中42位の438人で家電トップだったことと、
その変化率です。

ノジマの直近の総社員数は1993人なので、
2016年3月期は前期比でなんと
20%以上人員が増えることになるってことです!?

知りませんでしたが、
すごい大攻勢を仕掛けていますよね。

直近見た社長インタビューでは、
「2016年3月期はノジマ単独も最高益更新する」
との旨のコメントを残していたので、
こんだけの人件費増をこなしてもいけるってことなのでしょう。
かなりアグレッシブになってますね。


ちなみに四季報のこのコーナーけっこう面白くて
中途採用者数の8位に渦中のワタミが…
興味深いですね。

ずっと注目しているメディシスも42位にランクインしていました。


一見の価値ありだと思いますので、
興味ある方は一度見てみることをお勧めします☆

変化を捉えるには固定概念を払しょくすることが大事~ハピネットと妖怪ウォッチブーム~

kage

2014/07/09 (Wed)

ラジオで7552ハピネットはただの卸で
妖怪ウォッチが売れても
利益率1%で儲かりませんって断言あったみたいですが、
それってどうなんでしょうか?


株価の将来は分かりませんが、
そんなに単純なものじゃないでしょうってことだけは
はっきりしています。


ハピネットの過去を紐解けば、
98年のたまごっちブームの時は
玩具とゲーム事業の売上高が350億円増え、
経常利益が35億円増えました。

前期30億円増収、8億円の増益となり、過去最高の利益率8.7%を
達成したアミューズメント事業はアイカツの貢献が大きかったと推測できます。


いずれも過去の話ですが、
実績として
利益率にして10%以上の貢献があったように感じています。


今回の件は話し手は勿論、聞き手もなんとなく昔の商社をイメージできる人が
「妖怪ウォッチがブームになっても卸は利益率1%で利益は1億円しか増えませんよ」
って聞いて
なんとなく納得しちゃったというパターンだと感じています。


投資をするうえでそういう固定概念は
「痛恨のミス」
を誘います。
株式市場で最も美味しい「変化」が捉えられないからです。


私がここで言いたいのは
「ビジネスってそんなに単純なものじゃないですよ」
ってことです。


世の中変わらないことの方が少ないのに、
何故かずーっと変わらないと思っている。
20年以上も前の適当なイメージに感性が囚われてしまうのは
個人的に勿体ないなと思います。



他に比べて小さな変化かもしれませんが、
ハピネットの利益構成も大きな変化がありました。
玩具マーケットも大きく変化しました。


玩具マーケットの停滞は業界再編をうながし、
ハピネットは主導する側の立場で
現在玩具の取り扱いシェア30%、
ガチャポンなどのアミューズメント機器のシェア70%
と業界内でのシェアを大きく増やしました。

そのアミューズメント事業は効率化を進め、
ゲームセンターやショッピングセンター内での新しい見せ方・取組みによって
利益ゼロから利益率8%の稼ぎ柱に成長している最中です。


株価は随分上昇してしまいましたが、投資当時のアイデアを言えば
急増産中の妖怪メダル、ずーっと列が出来ているともだちウキウキペディアなど
妖怪ウォッチ関連が大きく利益寄与すると踏んでのことでした。
ハピネットメモ→7522ハピネットが妖怪ウォッチで化ける!??(2014年5月14日)

株価は2000円近くまで上昇したので、今後も動きは何とも言えませんけどね。


基本的なことですが、
まずは自分の目でセグメントを見て、
どの製品がどのセグメントにが属しているかくらいは投資するうえで
チェックできるようになることが大事だと思います。


以前も書きましたが、
情報過多の世の中で、
何が正しいか、
何を選ぶのか、
は全て自分自身の手に委ねられています

自由であるが故に、
自分で出した結果は、全て自分の責任になります。
それ故、私は自分のアイデアを持って
少しでも正しい選択が出来るように努めています。


そうして負ければあきらめもつきますが、
どっかの誰かにただついて行って負けた時は恨みと損失しか残りません。


「会ったこともない誰かがあの時ああ言った」
なんて情けない負け方をしたくなければ
責任を持って投資をすることをお勧めしたく思います。


なんて…私も良く上司から金言を受けてきました。
受け売りです(笑)
まずは自分が頑張らないとな。

アノマリーを使った銘柄探し~3046JINの調整が長引きそうな印象(月次失速)~

kage

2013/10/10 (Thu)

世の中は常に変化しています。
会社を取り巻く環境、
経営の仕方など
株式投資を取り巻く環境もしかりです。

それでも、
成功するための法則とか、
勝つためのパターンを必死に見つけようとするのが
人の性なんでしょうか。


私も効きそうな法則を探すのが好きな人間です。
効きそうなアノマリーがあれば銘柄選びは楽チンです。
ただ、当てはめればいいだけですから面倒くさがり屋には最高という訳です。
今日はそのアノマリー的なアプローチをメモとして書きました。


最近気になる銘柄があります。
PC用メガネが大ヒットして以降、
メガネの新しい価値を世に訴求している
3046JIN(ジェイアイエヌ)
です。


10月8日の終値は3405円、
四季報の来期予想PERは約15倍、
PBRは7.1倍という水準。


対してメモの結論を言えば、
株価はまだ調整局面が続くんじゃないか?
という内容です。
メモの判断は3分、その要点も三つとシンプルです。


要点は
① 営業利益率22%という水準を維持できた企業は過去いなかった
② シェア10%は企業がつまづく一つの目安
③ モメンタム悪化

の以上3点です。




↓以下が本文です。

同社は前中間期には営業利益率が22%を超えるなど、
フリースで世を風靡した当時のファーストリテイリングを彷彿させる勢いがあります。

その一方で、既に国内シェア10%となり
今の業績の伸び率、
利益率の維持、
さらに更新していけるのかできるのか?
ということを考えなければいけない局面にもなってきました。

特に気になる点は、
① 営業利益率の高さ、
② マーケットシェア、
③ 月次に見る成長ペースの鈍化
です。

~22%という営業利益率を維持できた企業はいない~
営業利益率に関しては現在22%と極めて高い水準に位置しています。

これがどの程度の水準かというと、
上場企業の中でトップ5%に入る水準となります。
※前期実績、四季報参照

トップ5%にどんな企業があるかというと、
ヤフー、クックパッド、価格ドットコムなどのネットサービス関連、
マニー、ナカニシ、小野薬品などの医療関連、
ガンホーを筆頭とした新体系のゲーム開発会社、
レバレッジを効かした銀行、証券などです。


同業はというと、
メガネトップが13.8%、
アパレル勝ち組で同じSPAのファーストリテイリングが13.6%、
同じくユナイテッドアロウズが10.8%に留まっており、
現状圧倒的な収益力と言えると思います。

ただ、歴史を振り返ればこの業界でこの水準を維持できる企業は
海外のGAP、アバクロなどを含めても存在しないはずです。


~シェアに関して~
国内シェアに関しても
同社はたった4年でメガネマーケットのシェア10%を席巻する業界一番手に躍り出ました。
約10%とかなり高い水準です。
新しい市場を開拓しての実績というのは
考慮しなければいけないと思いますが、
10%というのはユニクロが失速したシェアでもあり、
一つの目安と考えています。


~最大の問題はモメンタムの悪化~
そして一番引っかかるのが月次です。
2009年4月以降2013年7月まで既存店が前値年同月比で下回ることはありませんでした。
4年以上もの間前年同月比増を記録していたが、
2013年7月にマイナスを記録すると9月は-18%と、
明らかにトレンドに変化が出てきました。

店舗or面積当たりの売上高などを使って同業を比較したりすると
面白いのですが、
そこまでしなくてもモメンタムが悪化していることが分かります。
※日経会社情報の夏版掲載時点のコンセンサスは
2期後の2015年8月期の営業利益が138億円と
ほぼ2013年8月期から倍増する見通しでギャップがすごい。


以上3点で感じたのがジェイアイエヌの株価の調整です。
理論PBR=ROE×PER
の式に当てはめれば今より3割くらいの調整があってもいいと感じています。

※上の式の使い方はこちら→
トップピックの探し方

とてもシンプルで単純なものですが、
利益率とかの数値を見て「高い」とか「低い」、
モメンタムを見て「良い、悪い」って見分ける感覚を
個人的に大事にしています。

↓ワンクリックいただけたら嬉しいです

6703沖電機②~投資効率の高い事業に傾注する経営判断が実を結びつつある~

kage

2013/04/28 (Sun)

大分時間が経ってしまいましたが、前回の6703沖電気の捕捉です。
→前回メモ6703沖電気①~会社最大のがんを摘出、13年度経常利益は2倍増超の250億円超えか!?~



私は前回のメモにおいて、取材に行けない立場ながら

「川崎社長に代わってから投資戦略にメリハリがついてきている」

とか

「(見通しの)話しを信じても大丈夫そうだ」

と言ったことをメモに残してきました。



私は過去に沖電機の取材をしたこともないし、
誰かに教えてもらっている訳でもないのにどうしてこういったことが言えるのか?


私はブログのタイトルにも書いている通り、
ツテもなければコネもありません。
じゃあどうしているのか?



私は、
誰でも見ることが出来る情報からこの判断をしています


その情報は
決算短信
です。

その中の
セグメント分析の数値さえあれば、ざっくりとした
投資履歴(経営判断)や投資リターン(実績)が簡単に求められます



下の写真にある事業ごとの投資額とリターンを見てください。
沖電機
(単位:億円)



見ればすぐ分かる人もいると思いますが、
以前の沖電機という会社は情報通信もプリンタも同額程度の投資をしていました。
しかし、ここ数年、最も投資リターンの高い情報通信への投資比率を高めてきました。
反面、投資リターンの低いプリンタ事業への投資を抑えてくるという施策をとってきました。



以前、勝ちパターンの話しをした時に、
投資効率の高い事業への投資に傾注することが企業価値を高める有効な方法
だと書いたことがあります。



投資効率の高い事業に投資すれば利益率が上昇します。
するとROEが高くなります。
ROEが高まると理論PBRは高くなります。

ですので、
ストックピック銘柄を探すには、
とにかくROEの水準が一定水準以上、かつ上昇に向かう銘柄を探す

ことが一つの重要な要素だと感じています。
トップピックの探し方



その点、川崎社長が就任前後辺りから沖電機は、
「投資にメリハリがついた」
経営に舵が切られていました。



経営のベクトルも
「人件費の高騰で銀行窓口の省人化を進めたいという中国の社会ニーズを捉えたATMに傾注する」
という
とてもシンプルな経営判断
を行ってきました。



注力してきた
情報通信事業の業績は利益率を改善しながらの増収増益が続く
という
実績も残しました
技術・実績・仕組みで先行している入出金が可能なATMは他国での成長も期待できるなど、
更に期待してもいいという土壌も出来ています。




会社の目指すべき方向を定め、実績につなげてきた川崎社長の足跡を辿ったことで、

「この社長言うことなら信じていいかな」

という判断が出来たため、
前回のメモを含めて昨年11月頃から沖電機に注目してきました。
→前回メモ
6703沖電気①~会社最大のがんを摘出、13年度経常利益は2倍増超の250億円超えか!?~割安



結果として、
今回は思い描いていた水準訂正が行われたことで、私も満足しています。


セグメント分析というと地味な感じはしますが、
会社が何を目指しているのか、結果はどうなったのか、
といったことが確認できるとても重要な資料です。


私が標榜する
「コネもつてもないしんぷる投資アイデア」
を実践するうえでも大事なものだと感じています。



↓ここまで読んでいただいた方、清き一票をお願いいたします♪
それと前回はいい運動になりました。今回は1拍手につき30回オーバーヘッドスクワットをしようと思います。
沢山苦しめてくれると、ご飯がより美味しくなるので嬉しいです(笑)
※前回→割安感のある2730エディオンが買収される可能性とタイミング②
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。